page contents

キャセイ航空が上半期に重大損失の見通し 世界航空業の損失1000億ドル以上?(チャイナネット)

キャセイ航空が上半期に重大損失の見通し 世界航空業の損失1000億ドル以上?(チャイナネット)









http://japanese.china.org.cn/business/txt/2020-03/12/content_75805224.htm





キャセイ航空が上半期に重大損失の見通し 世界航空業の損失1000億ドル以上?





タグ:キャセイ航空





発信時間:2020-03-12 14:09:55 | チャイナネット |






シンガポール紙「聯合早報」の3月11日の報道によると、キャセイパシフィックは最新報告で、今年上半期は重大な損失になる見通しだとした。



ブルームバーグの報道によると、香港フラッグ・キャリアキャセイパシフィックは11日に発表した報告で、2019年の純利益は前年の23億5000万香港ドルから16億9000万香港ドルに減少したと示した。同社の赤字は2018年上半期以来となる。



また同社は、2020年上半期は重大な損失になると予想した。



キャセイパシフィックの賀以礼会長は、今年の旅客輸送業務は深刻な圧力を受け、貨物輸送業務も引き続き多くの試練に直面すると予想している。



ブルームバーグ業界研究アナリストのジェームス氏とマーガン・シュトルム氏は先月の報告で、感染症流行が続き、運航便が削減されるのも時間の問題だと示した。



キャセイパシフィックだけでなく、世界の航空会社が感染症流行の影響を受けており、国際航空運送協会(IATA)は業界全体の今年の損失額は1130億ドルに上る可能性があると明かした。



イギリスの航空会社Flybeが先週倒産し、感染症流行を理由に英政府支援下での救済計画を終えた。また、米ユナイテッド航空シンガポール航空ルフトハンザドイツ航空カンタス航空なども運航便を大幅に削減した。