page contents

中国の2021年に戸籍登録された新生児が1000万人下回る(人民網日本語版)

中国の2021年に戸籍登録された新生児が1000万人下回る(人民網日本語版)









http://j.people.com.cn/n3/2022/0126/c94475-9949872.html





中国の2021年に戸籍登録された新生児が1000万人下回る





人民網日本語版 2022年01月26日15:55





中国公安部(省)がこのほど発表した「2021年全国姓名報告」によると、2021年12月31日の時点で、同年に生まれ、公安機関で戸籍登録された新生児は887万3000人だった。うち、男児が468万1000人で52.75%を占めた。女児は419万2000人で47.25%を占めた。



過去の報告を見ると、2020年12月31日の時点で、同年に生まれ、公安機関で戸籍登録された新生児は1003万5000人だった。また2019年12月31日の時点で、同年に生まれ、公安機関で戸籍登録された新生児は1179万人だった。(編集KN)





人民網日本語版」2022年1月26日








「FOMC声明全文」(ロイター・FRB)[2022.1.26]

FOMC声明全文」(ロイター・FRB)[2022.1.26]









(ロイター)

https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2U63LF





東京外為市場ニュース  2022年1月27日/5:20 午前





FOMC声明全文





By Reuters Staff





[ワシントン 26日 ロイター] - 経済活動と雇用の指標は引き続き力強さを増した。このパンデミックによって悪影響を最も大きく受けた業種はここ数カ月で改善したが、最近の新型コロナウイルスの感染者急増の影響を受けている。雇用の伸びはここ数カ月間堅調で、失業率は大幅に低下した。パンデミックと経済の再開に関連する需給の不均衡が引き続き、インフレ率の水準が高止まる一因となっている。経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ。



経済の道筋は引き続き、ウイルスの行方に左右される。ワクチン接種の進展と供給制約の緩和が、経済活動や雇用の継続的な増大と、インフレ率の低下を支援すると予想される。ウイルスの新変異株を含め、経済見通しへのリスクは残っている。



委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す。これらの目標を支援するため、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを0~0.25%に維持することを決定した。インフレ率が2%を大きく上回り、労働市場が堅調であることから、委員会はFF金利の目標誘導レンジの引き上げが間もなく適切になると予想する。



委員会は純資産購入のペースを引き続き毎月縮小し、3月初旬に終了することに決めた。2月から、委員会は米国債保有を少なくとも月200億ドル、およびエージェンシーローン担保証券保有を少なくとも月100億ドル増やす。連邦準備制度の継続的な証券の購入と保有は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況を引き続き促進し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する。



金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する。もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある。委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する。



政策決定の投票で賛成したのは、ジェローム・パウエル委員長、ジョン・ウィリアムズ副委員長、ミシェル・ボウマン、ラエル・ブレイナード、ジェームズ・ブラード、エスター・ジョージ、パトリック・ハーカー、ロレッタ・メスター、クリストファー・ウォラーの各委員。ハーカー委員は今回の会合で代替メンバーとして投票した。











(Board of Governors of the Federal Reserve System)

https://www.federalreserve.gov/newsevents/pressreleases/monetary20220126a.htm





January 26, 2022





Federal Reserve issues FOMC statement





For release at 2:00 p.m. EST





Indicators of economic activity and employment have continued to strengthen. The sectors most adversely affected by the pandemic have improved in recent months but are being affected by the recent sharp rise in COVID-19 cases. Job gains have been solid in recent months, and the unemployment rate has declined substantially. Supply and demand imbalances related to the pandemic and the reopening of the economy have continued to contribute to elevated levels of inflation. Overall financial conditions remain accommodative, in part reflecting policy measures to support the economy and the flow of credit to U.S. households and businesses.



The path of the economy continues to depend on the course of the virus. Progress on vaccinations and an easing of supply constraints are expected to support continued gains in economic activity and employment as well as a reduction in inflation. Risks to the economic outlook remain, including from new variants of the virus.



The Committee seeks to achieve maximum employment and inflation at the rate of 2 percent over the longer run. In support of these goals, the Committee decided to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent. With inflation well above 2 percent and a strong labor market, the Committee expects it will soon be appropriate to raise the target range for the federal funds rate. The Committee decided to continue to reduce the monthly pace of its net asset purchases, bringing them to an end in early March. Beginning in February, the Committee will increase its holdings of Treasury securities by at least $20 billion per month and of agency mortgage‑backed securities by at least $10 billion per month. The Federal Reserve's ongoing purchases and holdings of securities will continue to foster smooth market functioning and accommodative financial conditions, thereby supporting the flow of credit to households and businesses.



In assessing the appropriate stance of monetary policy, the Committee will continue to monitor the implications of incoming information for the economic outlook. The Committee would be prepared to adjust the stance of monetary policy as appropriate if risks emerge that could impede the attainment of the Committee's goals. The Committee's assessments will take into account a wide range of information, including readings on public health, labor market conditions, inflation pressures and inflation expectations, and financial and international developments.



Voting for the monetary policy action were Jerome H. Powell, Chair; John C. Williams, Vice Chair; Michelle W. Bowman; Lael Brainard; James Bullard; Esther L. George; Patrick Harker; Loretta J. Mester; and Christopher J. Waller. Patrick Harker voted as an alternate member at this meeting.





Implementation Note issued January 26, 2022





Last Update: January 26, 2022










日本のいじめ問題:ソーシャルメディアがこの根深い問題を悪化させている (France 24 English)

日本のいじめ問題:ソーシャルメディアがこの根深い問題を悪化させている (France 24 English)









(Japan's bullying problem: Social media worsens a deeply entrenched issue: France 24 English)

https://www.france24.com/en/tv-shows/focus/20220120-japan-s-bullying-problem-social-media-worsens-a-deeply-entrenched-issue





日本のいじめ問題:ソーシャルメディアがこの根深い問題を悪化させている





公表 2020年1月20日 17:35







FOCUS © FRANCE 24
[動画は英語です。]





記者 ルイ・ブラン|村田龍介|アルナ・ポプリ|ジャスティン・マッカリー






日本では、学校のいじめは根強い問題だ。2020年には、全国の学校で612,000件の事例が記録された。これは10年前の数の3倍を超える。友人の間の冗談として始まったものが侮辱や暴力に終わることが有り得る。いじめは、学業の失敗や孤立、更に一部の事例では自殺に繋がる。昨年、日本の学校の80%でいじめの事件が報告された。フランス24特約記者のルイ・ブラン、村田龍介、アルナ・ポプリ、ジャスティン・マッカリーが東京から報告する。





この番組はパトリック・ロベットが準備した。