page contents

「2021年秋、サプライチェーン危機」(RFI・BBC NEWS JAPAN)

「2021年秋、サプライチェーン危機」(RFIBBC NEWS JAPAN)









(La crise de l'approvisionnement s'aggrave: RFI)

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-%C3%A9conomie/20211014-la-crise-de-l-approvisionnement-s-aggrave





今日の経済





供給危機が悪化している





発表 2021年10月14日 10:09







ニューヨーク港に向かう途中のコンテナ輸送船、2021年10月13日。© REUTERS - BRENDAN MCDERMID





記者 アーブラ・ジュナイディ






例えばロサンゼルスやロングビーチといった米国の港では、上積みにされたコンテナが荷降ろしを待っている。この世界1位の経済大国やその他の国々では消費が再び伸び始めたが、その速度は間違いなく急すぎる。年末のお祝いが近づいた今、米政府は運輸・物流企業に対して、港での滞留を解消するために昼夜兼行の作業を呼びかけている。供給問題は全世界に影響を及ぼしているが、これは来年まで続くかも知れない。





恐らくは、納期が延びた分だけ予定よりもずっと早く、クリスマスプレゼントを注文する必要があるだろう。一部の運送会社はこれを3倍にした。



その原因は数々あるが、1つの危機が別の危機を助長している。欧米の工場はパンデミック前と同じような活気が戻るのを熱望しているが、日頃からそこに原材料や部品を供給するアジアの複数の国々では、パンデミック前の調子を取り戻すのに苦労している。Covid-19変異株による感染のために、完全な回復にブレーキが掛かった。そこに天気が壊滅的な追い打ちを掛けた。この数週間、中国では工業製品が台風6号(le typhon « In-Fa »)のために上海・洋山埠頭などの最も重要な港内に足止めされた。天気やCovid-19症例のために港に2日間留め置かれ、さらに、コンテナの輸送には2週間余計に掛かる可能性がある。





そして必然として、輸送コストは爆発的に増加している



海上輸送ではこのコストが1年間で10倍に増加した。遠方へはこの輸送手段が最も重要だ。さらに、この重要性は危機が発生した際も思い知らされる。今年春のスエズ運河閉鎖による時もそうだし、現在、米国やアジアの港で貨物が足止めされているのもそうだ。一部の企業は先手を打ち、適切な納期に確実に配達するために顧客に追加料金を求めている。他にも、イケアやウォルマートなどの巨大流通企業は、確実な配送のために自前のコンテナと船を購入した。





もう1つの危機、それは労働力不足だ



米国では欧州と同じく需要は増えているが、商品輸送の手が足りない。供給網や配送拠点、さらにはトラック運転手といった足下を支える職種が十分に満たされていない。欧州大陸から日頃やって来る少なくとも10万人の運転手がEU離脱により無くなったイギリスの事例について、多くのことが語られてきた。米国にも人手不足の大きな問題がある。これらの職種は難しいと考えられ、求職者が押し寄せることがない。そして、このことが港での滞留を解消するための頭痛の種を悪化させている。





この間、欧州では部品のない工場が生産を減らしている



今年は、工業生産が危機前の水準に戻るものと期待されていた。しかし、IMFの予測は下方修正された。



最近の例として、米伊企業CNHインダストリアルは農業機械と自動車の生産を停止した…半導体不足のためだ。ドイツでは、自動車生産が1975年の水準に落ち込んだ。G7各国政府はこの事態により、アジアから流入する原材料や部品に対して独立のための態勢を整える機会を得た。尤も、これは今のところ儚い願いだが。今待ち受けるものは、納期の遅れによる在庫不足や複数商品の価格高騰だ。恐らく、あなたの未来のクリスマスプレゼントからそれが始まる…。.





短信



►生産のもう1つの障害は、エネルギーコストの上昇だ。中国では歴史的に上昇している。中国の作業場では25年間これを見ることがなかった。中国の発電所は今なお石炭で稼働している。石炭価格は高騰しているが、当局が現行の価格で枠を填めたために上昇分を顧客に転嫁できない。結果として、工場の電力需要は旺盛だが発電所の生産量は減少している。そのため、企業の経費が爆発的に増加した。1年間で10.7%の増加…1996年以来見たことの無かったことだ。先週に割当量を緩和したにも係わらず、コストの上昇が余りにも大きいため、工場は完全に、または、部分的に扉を閉めることを強いられた。





これも読む:中国:エネルギーコストによる生産価格の急激な上昇





経済 貿易・為替 運輸 中国 米国 RFIの選り抜き記事







―参考―













(BBC NEWS JAPAN)

https://www.bbc.com/japanese/video-58895899











スパイダーマンから半導体まで……世界のサプライチェーン危機を解説





2021年10月14日





建材から半導体、そしてスパイダーマンのおもちゃまで。流通とサプライチェーンが滞り、世界中でさまざまな業界が困難に直面している。



その要因は新型コロナウイルスパンデミック以外にもあるようだ。



BBC「アウトサイド・ソース」のBBCのロズ・アトキンス司会者が、世界中を悩ませているサプライチェーン危機を解説する。











(BBC NEWS JAPAN)

https://www.bbc.com/japanese/58907449





米ロザンセルス港、24時間稼働へ 物流の停滞解消のため





2021年10月14日





ダニエル・トマス、ビジネス担当記者、ニューヨーク







Mario Tama

米ロサンゼルス港やロングビーチ港への入港待ちをする貨物船






米政府は13日、カリフォルニア州沖で入港待ちの貨物船の長い列ができていることを受け、同国最大の港の1つであるロサンゼルス港を24時間体制で稼働すると発表した



当局は、今年のクリスマスの時期の品不足につながる恐れのある、国際的な供給問題を改善しようと躍起になっている。



カリフォルニア州のロサンゼルス港では、隣接するロングビーチ港(9月中旬に稼働時間を拡大)と同様に、夜間の貨物の取り扱いが増えることとなる。



ロサンゼルス港とロングビーチ港は、米国内へ入るコンテナの4割を扱うが、いずれも数カ月にわたり様々な問題に直面してきた。



米政府の発表によると、 ウォルマートフェデックスなどの米大手企業も、物流の停滞解消のために24時間体制の業務を増やすことを約束したという。





何が起きているのか



新型コロナウイルスで打撃を受けた経済活動が再開し、消費者の需要も回復してきたことで、世界のサプライチェーンは混乱に陥っている。



小売業者が在庫の補充を急ぐ中、輸送システムはその需要に追いつくのに苦慮した。アジアの主要な港や工場が新型ウイルスの影響で稼働を停止したことで、状況は悪化した。



アメリカなどでは子供のおもちゃや木材、衣類、ペットフードなどが不足し、消費者物価が上昇した。



アメリカの主要な海の玄関口であるロサンゼルス港とロングビーチ港は大きな影響を受けている。8月に扱ったコンテナの数はロサンゼルス港では通常より30%、ロングビーチ港では23%増加した。



9月には、過去最多の73隻の船が、港の外で入港待ちを余儀なくされる日もあった。新型ウイルスのパンデミック以前は、一度に2隻以上の船が待機するのはまれだった。







Getty Images

物流の停滞は、人気のおもちゃの在庫不足につながる恐れがある。写真はバービー人形






ホワイトハウスの対応は



アメリカのジョー・バイデン政権は今年初め、サプライチェーンの問題に対処するタスクフォースを設置。港湾担当特使を任命して混乱を改善する方法を探った。



ロサンゼルスとロングビーチの両港では、より短時間で貨物を降ろせるよう、新たにオフピークの夜間シフトと週末の稼働時間が増えることとなる。



米小売大手ウォルマートや米運輸UPSフェデックス、韓国のサムスン、米住宅リフォーム小売ホームデポ、ターゲットの各社が、港での夜間作業を強化することで合意した。これにより、1週間あたりさらに3500個多くのコンテナを扱えるようになるという。



バイデン政権はこの計画により、米国内の高速道路や鉄道、倉庫といった、ほかのサプライチェーンにおける能力も引き出せると期待している。







スパイダーマンから半導体まで……世界のサプライチェーン危機を解説





13日に小売企業の社長や労働組合幹部と会談したバイデン大統領は、1兆ドル(約113兆6000億円)規模のインフラ法案の一環として、米国内の港に史上最大の投資を行う計画だと述べた。法案成立には上院を通過する必要がある。



「差し迫った障壁を切り抜けるだけでなく、今回のパンデミックで露呈した、我々の輸送サプライチェーンで長年続いている弱点に対処することが我々の目標だ」と、バイデン氏は記者団に語った。



さらに、米企業が自国でもっと容易に商品を製造できるようにしたいと付け加えた。「世界の一企業や一国、一個人、特に我々と価値観を共有していない国々に過度に依存しなければならないという状況は、二度とあってはならない」。





クリスマスへの影響は



残念ながらクリスマスに影響が出るかもしれない。ホワイトハウスのある高官は、「人々が手に入れられない物が出てくるだろう」とロイター通信に述べた。



「ただ、そうした商品の多くは、別の商品で代用できると願っている」



また、「パニックになるような理由はないと考えているが、我々は皆もどかしさを感じている。比較的短い期間を乗り切るためには、ある種の忍耐が必要だ」とも付け加えた。







Getty Images

ウォルマートやホームデポ、ターゲットなどの小売業者は、物流の停滞を改善するために港での夜間の稼働を強化することで合意した。写真はクリスマス商品を並べるウォルマート従業員






半導体や自動車など、サプライチェーンに関連した商品不足はすでに消費者物価を上昇させている。米連邦準備制度理事会FRB)は先月、2021年のインフレ率が4.2%と、目標の2%を大きく上回ると予測した。



国際通貨基金IMF)も12日、アメリカの2021年の成長率予測を下方修正した。



バイデン大統領の支持率にとっては打撃となっているようだ。野党・共和党はこの混乱に乗じて、今年のホリデーシーズンを「バイデンの憂鬱なクリスマス」と呼んでいる。ドナルド・トランプ前大統領も先週末、アイオワ州での支持者集会でこのフレーズを使用した。





(英語記事 LA port to open round the clock to tackle queues





関連トピックス ドナルド・トランプ コロナウイルス アメリカ ジョー・バイデン 貿易 政治 経済







―参考―










「台湾TSMC、日本に半導体工場建設。日本政府は支援へ」(フォーカス台湾・Sputnik日本)

「台湾TSMC、日本に半導体工場建設。日本政府は支援へ」(フォーカス台湾・Sputnik日本)











(フォーカス台湾)

https://japan.cna.com.tw/news/aeco/202110140004.aspx





台湾TSMC、日本に半導体工場建設=正式に決定 来年着工、24年量産へ





【経済】 2021/10/14 15:53







台湾TSMC、日本に半導体工場建設=正式に決定 来年着工、24年量産へ





台北中央社半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本に半導体生産の新工場を建設することを正式に決定した。来年着工する予定。当面は半導体の回路線幅が22ナノと28ナノ(ナノは10億分の1)メートルの製品を主に製造し、24年の量産開始を目指す。



魏哲家総裁(CEO)がオンラインで開かれた決算説明会で発表した。魏氏は、世界の生産拠点拡大によって世界の人材との接触が可能になり、顧客のニーズにさらに応えられるようになると強調した。





(張建中/編集:名切千絵)











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/science/202110148763904/





台湾TSMC、日本に半導体新工場を建設へ 24年後半に稼働開始







© AFP 2021 / Sam Yeh





テック&サイエンス





2021年10月14日 18:49






世界最大の半導体受託生産メーカー、台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家・最高経営責任者(CEO)は14日、日本に半導体の新工場を建設すると発表した。来年着工し、2024年の稼働開始を目指すという。日本の各メディアが報じた。





同社が日本に生産拠点を置くのは初めてとなる。



新工場の建設場所について魏氏は詳細を明らかにしなかったが、関係者によれば、ソニーグループと共同で熊本県菊陽町に建設する方向で協議を進めているという。



総事業費は8000億円規模で、日本政府も一定規模の資金を補助する。新工場では産業用の機器や自動車向けなどに使用される汎用性の高い製品を生産する予定。





関連記事





タグ 日本, 台湾







―参考―










日本:北京と平壌に対峙し、与党は軍事費の増加を求める (RFI)

日本:北京と平壌に対峙し、与党は軍事費の増加を求める (RFI)









(Japon: face à Pékin et à Pyongyang, le parti au pouvoir demande une hausse des dépenses militaires: RFI)

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211013-japon-face-%C3%A0-p%C3%A9kin-et-%C3%A0-pyongyang-le-parti-au-pouvoir-demande-une-hausse-des-d%C3%A9penses-militaires





日本:北京と平壌に対峙し、与党は軍事費の増加を求める





発表 2021年10月13日 08:47







尖閣諸島の近くで、日本の巡視船に追尾される中国海警局の船。(アーカイブ画像)AP





RFI






日本の与党である保守政党は、10月31日の立法選挙のために発表した選挙公約において軍事費の大幅な増加を求めている。日本は中国の力の台頭や北朝鮮の核の脅威を懸念している。防衛省は、来年度、国会から500億ドル相当の予算を獲得したいと考えている。





報告 RFI東京特約記者、フレデリック・シャルル



四半世紀で30倍になった中国の軍事費と比較すると、日本の軍事費は矮性の木・盆栽の規模だ。来年、これが初めて、閾値である国のGDP比1%を超えることが出来そうだ。同盟国かつ保護者の米国は日本に対して抑止力の強化を促している。与党の保守政党は、長期的には防衛費をNATO諸国の水準であるGDP比2%を上回るレベルまで持って行きたいと考えている。





台湾情勢に直接結び付ける



日本は米国と同様、台湾に対する中国の攻撃的な姿勢にますます懸念を強めている。日本は初めて、自国の安全保障と台湾の安全保障を直接結び付けた。日本の保守政党は、台湾の国会議員との安全保障対話を開始した。台湾における重大な事象が日本の存立に対する脅威になり得ると考えているからだ。





►これも読む:台湾は中国からの圧力に屈しないと、蔡英文・台湾総統は言い切る





その間、日本は平和主義憲法の限界を余所に米国の攻撃戦略への統合を強める一方だ。在日米軍の基地が集中している沖縄の近くでは、日本の施政下にあり中国が領有権を主張する尖閣諸島に中国の海警局・海軍の艦船が毎日のように接近している。



日本はイギリスなどの国々と同等の軍事力を有する。終戦以来、彼らの役割は自衛に限定されていた[投稿者の和訳北朝鮮のミサイル発射の脅威に直面して、この保守政党予防攻撃能力についての議論を始めた。日本の財界は、国の戦略が攻撃性を増すことを望んでいない。特に、日本最大の貿易相手国となった中国に向けて。





日本 中国 米国 台湾 北朝鮮 防衛