page contents

共和党指導者たちはバイデン氏勝利に対するトランプ氏の異議を支持している (VOA News)

共和党指導者たちはバイデン氏の勝利に対するトランプ氏の異議を支持している (VOA News)











(Top Republicans Line Up Behind Trump Challenge to Biden Victory: VOA News)

https://www.voanews.com/2020-usa-votes/top-republicans-line-behind-trump-challenge-biden-victory





2020年合衆国選挙





共和党指導者たちはバイデン氏の勝利に対するトランプ氏の異議を支持している





記者 ケン・ブレイドマイアー、キャサリン・ジプソン





更新 2020年11月10日 05:51 PM








2020年11月10日、ワシントン・キャピトルヒルにおいて共和党の両院議員が非公開会議で指導部の選出を行った後、ミッチ・マコーネル上院多数党院内総務が記者団に話し掛ける。





ワシントン―ワシントンの主要な共和党指導者たちは、開票詐欺が民主党ジョー・バイデン氏の大統領選挙勝利という推定結果を覆すだけ十分に広まっていることを示すために、ドナルド・トランプ大統領の困難な法廷闘争に味方している。



火曜日、バイデン氏はトランプ氏が選挙結果を認めなかったことを「恥ずかしい」と述べた。彼は、ミッチ・マコーネル上院多数党院内総務とまだ話をしていないと付け加えた。マコーネル氏はバイデン氏の勝利をまだ認めていない。



共和党全体がいくつかの顕著な例外を除いて、現職の大統領から穏やかな脅迫を受ける立場に置かれていると私は思う。しかし、大統領は一度に1人しかおらず、大統領は彼だが、私たちは選挙人団を組織する—彼らが12月に判断を下すだろう」と、バイデン氏はデラウェア州ウィルミントンで記者団に語った。



一握りの現職共和党議員と数多くの元共和党幹部は、先週の一般投票におけるバイデンの勝利を認めている。



しかし、マコーネル氏やケビン・マッカーシー下院少数党院内総務は、トランプ氏の選挙対策本部が投票と集計が無効であると主張して提訴しているので、同氏が選挙の敗北を認める必要はないと述べた。



「公職に立候補する人なら誰でも、選挙人団が投票するまでは適切な管轄の裁判所で集計に関する懸念について究明できる」と、火曜日、マコーネル氏は記者団に語った。「それは全く普通のことで、驚くべきことではない。」



「近々これらの各州で誰が認定されたかが最終的に分かり、選挙人団が勝者を決定するだろう」と、マコーネル氏は述べた。「そして、1月20日にはその人が宣誓するだろう。」







マイク・ポンペオ国務長官が記者説明会場に到着した。2020年11月10日、ワシントン・国務省にて。





火曜日、国務省でバイデン次期大統領のチームに移行に協力するかどうかを尋ねられたマイク・ポンペオ国務長官は、記者団に対して「第2次トランプ政権に円滑に移行するだろう」と語った。



今までのところ、トランプ氏は最初の5件の裁判で敗訴の判決が出たが、今後恐らく全国で更に十数件が裁判官により審理される。政治アナリストたちは、トランプ氏が残りの裁判のいくつかで勝訴して一握りの州で総得票数が変わっても、バイデン氏の勝利は覆らないだろうと述べている。



11月7日、合衆国第46代大統領になるためのバイデン氏の勝利への努力が実を結んだ。同日、東部・ペンシルベニア州の結果が彼に有利に傾き、彼は国民による一般投票というよりは寧ろ、合衆国大統領選挙の結果を決める選挙人団の中で必要とされる270票を上回る票を得た。



チャック・シューマー上院少数党院内総務は、大統領の法的な取り組みは殆ど成果を上げないだろうと予想した。



火曜日、この民主党議員は記者団に対し、論争になった2000年選挙におけるフロリダ州のように、「これは597票差の1州のことではない―ここを間違えてはいけない」と語った。



「数万票差の州がたくさんある」と、シューマー氏は述べた。「そして、共和党には法的根拠が何もない。彼らは政治的に錯乱している。しかし、これでは彼らが法廷で成功を得ることは全く無理だろう。」



今までのところ、トランプ氏は敗北を認めておらず、論争になっている選挙について議論するためにバイデン氏に電話もしていない。その代わりに、今やこの40年間で3番目にホワイトハウスで1期務めた後の再選争いに敗れる大統領になりそうなこの米国の指導者は、不正選挙を主張する一連の主張をツイッターに投稿した。



「大量開票における不正行為を注視せよ。初期のワクチンと同様に、私がそう言ったことを忘れるな!」火曜日の朝、トランプ氏は全て大文字を使って述べた。





WATCH FOR MASSIVE BALLOT COUNTING ABUSE AND, JUST LIKE THE EARLY VACCINE, REMEMBER I TOLD YOU SO!

— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) November 10, 2020






「私たちは大きな進歩を遂げつつある。翌週には結果が出始める。アメリカを再び偉大な国にしよう!」と、彼は別のツイートで主張した。





WE ARE MAKING BIG PROGRESS. RESULTS START TO COME IN NEXT WEEK. MAKE AMERICA GREAT AGAIN!

— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) November 10, 2020






2012年の大統領選挙でバラク・オバマ前大統領に敗れたミット・ロムニー共和党上院議員ユタ州)と、他の一握りの共和党議員はバイデン氏を祝福したが、大多数はトランプ氏の異議を応援するか、バイデン氏の勝利について沈黙を守った。







ケビン・マッカーシー下院少数党院内総務(共和党カリフォルニア州)が記者団と話をしている。2020年11月4日、ワシントン・国会議事堂にて。





マッカーシー氏は「フォックス・ニュース・サンデー」に、「私たちは現代史上最も競争の激しい大統領選挙を経験した。だからこそ、全ての票を数え、全ての再集計を進め、全ての異議に耳を傾ける必要がある」と語った。



別のトランプ氏支持者リンゼー・グラム上院議員サウスカロライナ州)は、「この選挙には異議が申し立てられている。誰が大統領になるかを決めるのはメディアではない。もしそうなら、共和党員が大統領になることは永遠にないだろう」と語った。



「大統領、敗北を認めるな。必死に闘え」と、グラム氏はフォックス・ニュースに語った。







ウィリアム・バー合衆国司法長官が記者会見で語っている。2020年9月9日、イリノイ州シカゴにて。





現在のところ選挙結果を変える不正行為の申し立ては出ていないが、ウィリアム・バー司法長官は不正行為についての信頼できる告発を捜査することを全国92人の連邦検察官に許可した。



十数人の共和党州司法長官は、ペンシルベニア州で11月3日の投票日後に受領された郵送票を無効とするための合衆国最高裁判所で係争中の法的努力を支持すると述べた。しかし、影響を受ける可能性のある票数は少なく、州の結果を変えるには不十分だ。







支持者たちが民主党ジョー・バイデン次期大統領の勝利を祝っている。2020年11月7日、アトランタにて。





ジョージア州ではバイデン氏がトランプ氏を12,293票上回る接戦のため、再集計が行われる。しかし、州の最高選挙責任者ブラッド・ラフェンスパーガー州務長官(共和党)は、これにより結果が変わる可能性は低いことを強調した。



既に公職を離れた一部の共和党員たちはトランプ氏に対し、敗れた現実を受け入れるよう促した。



共和党の元下院議員31人のグループ―彼らの多くは大統領を声高に批判している―は、公開書簡の中でトランプ氏による詐欺の申し立てを非難し、彼に敗北を認めるよう求めた。



4人の元国土安全保障長官―共和党のトム・リッジ氏とマイケル・チャートフ氏、民主党のジャネット・ナポリターノ氏とジェイ・ジョンソン氏―は、トランプ氏が投票結果を覆すことを禁止して、1月20日の就任の際に公になるバイデン氏への権力の移行をトランプ氏の法的主張のために遅らせてはいけないと述べた。



元国土安全保障長官4人は公開書簡の中で、「信頼できる全ての話によれば、各州の選挙当局は―どこの郡、どこの州でも―公正・合法・正確な集計の実施に熱心に取り組んだ」と述べた。



トランプ大統領は公正な作業という恩恵と、一部の州において法的な異議を申し立てたり再集計を求めたりする権利を保証されている。しかし、彼の法的主張が移行作業の開始を妨げることは不可能であり、また妨げてはいけない。」





見る:共和党員たちがバイデン氏勝利の推定結果についてコメントする







バイデン氏は、特にコロナウイルスの大流行を抑制する方法について、政権就任後速やかに実施する計画の立案を始めた。ジョンズ・ホプキンス大学によると、238,000人を超える米国国民がこのウイルスにより死亡した。



土曜日夜、同氏は勝利を宣言した際に、「粗暴なレトリックを捨て、頭を冷やし、互いを見て、互いの声を聞く時が来た」と述べた。







-参考―





Sec. of State Mike Pompeo: 'There will be a smooth transition to a second Trump administration' (CNBC Television - Youtube) [2020.11.10]





Secretary Michael R. Pompeo at a Press Availability (U.S. Department of State) [2020.11.10]















(投稿者より)



政府系とはいえVOA民主党寄りですので、そこを割り引く必要はあるでしょう。



米国メディアの動画はブログに貼り付けるとそれ自体を消されることがあるので、CNBCの動画はリンクに留めておきましたが、ポンペオ氏の確信に満ちた表情は是非見て頂きたいです。字幕の自動生成が可能です。



集計は終わったようですが選挙はまだ終わっていません。規定によれば、勝者を決めるのはメディアではなく選挙人団です。今後の推移を見守りたいです。