page contents

印日、軍事物品・役務の相互提供に合意する(Sputnik International)

印日、軍事物品・役務の相互提供に合意する(Sputnik International)









(India, Japan Agree on Reciprocal Provision of Military Supplies, Services: Sputnik International)

https://sputniknews.com/asia/202009101080419847-india-japan-agree-on-reciprocal-provision-of-military-supplies-services/





印日、軍事物品・役務の相互提供に合意する









© AFP 2020 / TORU YAMANAKA





アジア太平洋





2020年9月10日12:42 GMT (更新 2020年9月10日 12:46 GMT






ニューデリースプートニク)―木曜日、インドと日本は、演習・国連平和維持活動・人道活動に関与する期間における両国軍の間の物品と役務の相互提供についての協定に署名したと、インド国防省が述べた。





「この協定は、印日両国軍が2国間の訓練活動・国連平和維持活動・人道的国際救援活動・その他の相互の合意に基づく活動に従事する際に、物品と役務の相互提供において更に緊密な協力を可能にする枠組みを確立する。また、この協定は印日両国軍の間の相互運用性を高め、これによって両国間の特別な戦略的グローバルパートナーシップの下での2国間防衛の関与をさらに強化する」と、インド国防省はプレスリリースで述べた。



水曜日、アジェイ・クマール印国防次官と鈴木哲[すずき・さとし]・駐印日本大使によってこの協定が署名された。



一方、木曜日、辞任間近の安倍晋三首相はインド首相と電話で話し、2国間関係を発展させる方向性に変化のないことを改めて確認した。



「[安倍氏]は[ナレンドラ・]モディ首相との間で築かれた友情と信頼関係に感謝の意を表明した。また、安倍首相は年次相互訪問の思い出に言及した。モディ首相はこれに応え、安倍首相が払った全ての努力に対する謝意を表明するとともに、2人が一緒に過ごした時間を振り返った」と、ニューデリー日本大使館は述べた。




この辞任間近の日本首相は、2国間関係が最近「更に偉大な高み」に引き上げられたことを指摘した。2人はまた、演習・国連平和維持活動・人道活動に関与する期間における両国軍の間の物品・役務の相互提供についての9月9日の協定を歓迎した。



「両首相は、日印重視の基本方針に変化のないことを確認するとともに、両国が安全保障・経済・高速鉄道事業を含む経済協力などの分野で今後も緊密に協力することで意見が一致した」と、プレスリリースは付け加えた。




安倍氏は健康問題のために来週辞任する



日本の国会は、9月14日に安倍政権の後継者を指名する予定だ。





タグ 安倍晋三, 防衛, 軍事, 日本, インド