page contents

韓日軍事共有協定の破棄を米国は懸念している (France 24):阿修羅♪

韓日軍事共有協定の破棄を米国は懸念している (France 24):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/801.html









(Washington s'inquiète après la rupture de l'accord de partage militaire entre Séoul et Tokyo: France 24)

https://www.france24.com/fr/20190823-coree-sud-japon-rupture-accord-renseignement-militaire-etats-unis





ホーム / アジア・太平洋





韓日軍事共有協定の破棄を米国は懸念している





最初の更新:2019年8月23日 ― 最終更新:2019年8月23日08:02







文在寅・韓国大統領、2019年8月22日にソウルで開かれた会合で撮影。聯合・AFP

動画は同局英語チャンネルのものです。]






文:フランス24





韓国は木曜日、米国の2同盟国間の緊張を背景に、日本との間に存在する軍事情報共有協定を破棄すると発表した。





米国国防総省は8月22日木曜日、米国の2同盟国間の緊張を背景に、日本との間に存在する軍事情報共有協定を破棄するとの韓国の決定について、「非常に懸念し失望している」と表明した。



韓国当局は日本が2国間関係に「大きな変化」を作り出したと非難しつつ、この協定の維持は国益に役立たないという判断に達したと、国家安全保障室の金有根(Kim You-geun)第1次長が報告した。



韓国の複数の裁判所が日本の諸企業に対して、第2次世界大戦集結までの日本の占領期間中に自社工場で強制労働に従事させた韓国人たちに賠償金を支払うよう求める判決を出したことを受け、数週間前から東京とソウルの間の仲違いに明らかな悪化が認められた。



8月2日、日本政府は報復として韓国を優遇対象国のリストから削除することを決めた。韓国政府この措置を制裁と認識し、即座に同種の除外措置を取りこれに対抗した。





「対話の維持」を





米国政府は木曜日、韓国政府の決定に「失望した」と表明した。カナダ訪問中のマイク・ポンペオ国務長官は両国に「対話の維持」を呼びかけた。



彼は「私たちは双方の国に対し、対話を維持するために協力を続けるよう強く勧告する」と、クリスティア・フリーランド加外相との記者会見で述べた。「特に米国にとって、日本と韓国の共通の利益が重要であることは確かだ」と、米国務長官は続けた。「この両国の関係が回復可能となり、それが必要な場所で存在するよう私たちは望んでいる。」



また、国防総省側の見解として、日本との共有「協定維持を拒否する文政権の決定を受け、国防総省は深い懸念と失望を表明する」と国防総省報道官のデイブ・イーストバーン中佐は述べた。



「韓日関係には他の分野で摩擦が存在するが、私たちの相互防衛と安保関係の完全性は維持されねばならないと私たちは確信している」と同報道官は付け加えた。「それが可能な場合には、私たちは日本および韓国との間の2国間および3国間の防衛協力を維持するだろう」と、彼は最後に述べた。



この数十年間、半島が日本の植民地だった時代(1910~1945)から引き継がれる諸紛争がこの2国間関係の重しとなっている。



そして、米国にとってこの隠れた争いは頭痛の種だ。同国は、北朝鮮の核の脅威と中国の力の台頭という事実のために特に緊張しているこの地域の政策を支えるために、日韓両国間の協力を当てにしている。





参考 AFP・ロイター





韓国 日本 米国