page contents

日本:明仁天皇、その生涯と遺産 (DW English):阿修羅♪

日本:明仁天皇、その生涯と遺産 (DW English):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/515.html











(Japan's Emperor Akihito: his life and legacy)

https://www.dw.com/en/japans-emperor-akihito-his-life-and-legacy/a-48119012





アジア





日本:明仁天皇、その生涯と遺産





日本で新しい治世が始まり、明仁天皇は現代性と思い遣りという遺産を残した。30年の治世の間、彼は既存の君主像に挑み批判と称賛の双方を招いた。











日本の明仁天皇の治世は火曜日に正式に終わり、多くの日本国民は政治・経済の動揺に特徴付けられた彼の「平成」時代を振り返っている。



この時代に日本の景気は減速し、世界第2位の経済大国の地位を中国に明け渡す一方で、国家債務は前例ない迄に増大した。また、平成時代には17人の首相を見たが、2年を超えて続いたのは4人だけだった。多くの日本国民はこの時代を「失われた数十年」と呼んでいる。



それでも、このような不確実な時代に明仁天皇と妻の美智子氏は不変性と信頼の源を日本社会に提供した。2人は自然災害の被害者たちを慰め、また、人道主義者としての模範を示し、第2次世界大戦の記憶を保持することにより日本の道徳意識の象徴となった。





さらに読む:日本の天皇は退位に先立ち平和な治世を強調する





日本の君主制を定義し直す





1989年、明仁氏が菊の玉座に上がったとき日本の皇室は危機に在った。日本の第2次世界大戦敗戦後、日本の天皇は神聖な神のような人物ともはや見なされなかった。明仁氏の父・裕仁天皇は戦後に玉座を日本の国民に近づけようと試みたが、天皇に対する日本の伝統的な畏敬の念は超えるべき溝として余りに大きかった。





さらに読む:日本には戦時中の過去について「コンセンサスがない」





変化を模索して、裕仁氏はイギリスの立憲君主を真似ようとした。彼は児童書作家の米国人エリザベス・グレイ-ヴァイニング氏を息子の家庭教師に選び、新しい種類の天皇が育つことを願った。グレイ-ヴァイニング氏は、外国の理想や欧州における君主制の理解を明仁氏に教え込むことが出来た。



明仁氏は最終的に美智子という名の中流階級の女性と結婚することになる。2人は自宅で子供たちを育て、彼らを学習のためにイギリス・オックスフォード大学に送った。







1969年の明仁氏と美智子氏の結婚写真





国民のための天皇





天皇になると、明仁氏は日本の天皇制を変えたいと考えた。彼は玉座に就くと、自分は日本国民の幸せを常に考え、天皇の在り方を現代日本に合ったものにしていくと述べた。



明仁氏は妻と共に日本国民との関係を優先させて、一般国民の前に頻繁に姿を見せた。1991年の火山噴火の後、明仁氏と美智子氏は普段着で被災地に行き被災者たちを慰めた。日本の保守派はその行動に衝撃を受けたが、メディアや日本国民は強い好感を持った。





さらに読む:天皇退位の先例ができることを危惧している日本の保守派たち(投稿者による和訳





夫婦は皇室の役割を定義し直した。2人は惨事の被害者に会い、老人ホームや障害者福祉施設の人々を訪ねた。2人は行く先々で心からの温かな歓迎を受け、明仁氏は日本国民統合の象徴となった。



「平成時代には社会的不平等が増大し、多くの人々が絶望して人生を見失っていたので、この新しいスタイルは好意的に受け入れられた」と、名古屋大学の日本の君主制の専門家・河西秀哉氏は述べた。







明仁氏は第2次世界大戦集結70周年に際し後悔の言葉を表明した





他のアジア諸国との和解





また、明仁氏は父が遺したものとも戦わねばならなかった。帝国日本陸軍は父の名の下にアジアの半分を奪い取った。今日でも、日本の保守エリートたちは日本が戦争中に引き起こした苦痛に対して責任を取ることや謝罪することを渋る。



明仁氏は法律上は政治的な発言を禁じられていたが、初の海外旅行先としてインドネシアと中国を訪問することにした。中国では、彼は日本の武力侵略に遺憾の意を示すとともに中国文化の成果を称え、さらに、日本文化が中国からどれだけの恩恵を受けているかについて述べた。





さらに読む:裕仁氏の戦時中の回顧録が275,000ドルで売れる







国家主義者の安倍晋三・日本首相は2015年の第2次世界大戦終結70周年のスピーチで「遺憾」という言葉を使うのを避けたが、その時、天皇は自らスピーチを行い日本の「深い反省」について語った。



「単刀直入に言えば、明仁氏は平成時代の多くの日本の首相よりも熱心に諸隣国との和解に取り組んだ」と、東京・ドイツ日本研究所の歴史学者トルステン・ヴェーバー氏は述べた。







明仁氏と美智子氏の後継者:日本の皇太子徳仁親王と皇太子妃雅子氏





また、明仁氏と美智子氏はフィリピンや太平洋の島々の米国と日本の戦場を訪問した。法律のために明仁氏は直接的な謝罪は出来なかったが、彼は常に注意深く言葉を探して全ての戦争の犠牲者のために後悔の念と祈りを表明した。





明仁氏の例に倣う





日本の君主制の専門家たちによれば、明仁氏は健康が優れずまた余りにも高齢だと言う日本の保守派からの圧力のために早期に玉座を辞した。明仁氏は自身の治世の遺産について、また、日本の君主制について自ら作り上げた姿を守ることについて心配していると述べていた。



明仁氏は自身の活動を色あせぬうちに息子に伝えるために早期に退位したいと考えた」と専門家の河西氏は述べた。2月、日本の玉座を継承する皇太子徳仁親王は両親の仕事を続けるとの決意を述べた。





この話題の音声・動画



日本の天皇が退位をほのめかす





発表 2019年4月30日

記者 マーティン・フリッツ(東京)

関連テーマ アジア日本









(投稿者より)



「日本の君主制の専門家たちによれば、明仁氏は健康が優れずまた余りにも高齢だと言う日本の保守派からの圧力のために早期に玉座を辞した。」"According to experts on Japan's monarchy, Akihito abdicated the throne early due to pressure from Japanese conservatives who say his health is failing and that he is too old." 実際はこの記述と違ったと記憶していますが、既に終わったことです。今上様がどうなさるかは御自身でお決めになられるでしょう。



「夫婦は皇室の役割を定義し直した。2人は惨事の被害者に会い、老人ホームや障害者福祉施設の人々を訪ねた。2人は行く先々で心からの温かな歓迎を受け、明仁氏は日本国民統合の象徴となった。」"The couple redefined the role of the imperial family. They met with victims of tragedy and visited people in retirement homes and handicapped care centers. They found a warm-hearted reception everywhere they went and Akihito became a symbol of Japan's national integration." 憲法1条の規定によりそうなったとは書かれていません。上皇様は御自身の御努力で象徴天皇としての地位をお勝ち取りになられたのだと拝察いたします。



上皇陛下・上皇后陛下のこれまでのお働きに感謝を申し上げ、今後の安寧をお祈り申し上げます。