page contents

NY原油価格、史上初のマイナス 新型ウイルスで供給過剰 (BBC NEWS JAPAN)/米原油先物史上初の「マイナス価格」が何を意味するか(人民網日本語版)

NY原油価格、史上初のマイナス 新型ウイルスで供給過剰 (BBC NEWS JAPAN)/米原先物史上初の「マイナス価格」が何を意味するか(人民網日本語版)









(BBC NEWS JAPAN)

https://www.bbc.com/japanese/52351592





NY原油価格、史上初のマイナス 新型ウイルスで供給過剰





2020年04月21日







Getty Images





ニューヨーク商業取引所20日新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の枯渇により、原油価格が史上初めてマイナスとなった。



マイナス価格は、貯蔵施設が5月に満杯になる恐れがある中で、生産者が買い手に代金を払って引き取ってもらう状態になっていることを意味している。石油会社は余剰原油を貯蔵するためにタンカーのレンタルに頼っている。



アメリカの原油価格を示すウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI先物はこの日、1バレル当たりマイナス37.63ドルと、史上初のマイナス価格で取り引きを終えた。



米株式調査大手CFRAリサーチのエネルギー資産アナリスト、スチュワート・グリックマン氏は、「桁外れの異常事態」で、「需要ショックが非常に大きく、人々の予想をはるかに超えている」と述べた。



この日の原油価格の激しい下落は、世界の石油市場の仕組みが原因の1つだった。原油先物価格で取引され、4月21日にWTI原油の5月物の最終取り引きを迎える。そのため、トレーダーは原油仕入れや貯蔵コストの発生を避けるために、貯蔵分を手放したがっていた。



6月物も下落したが、1バレルあたり20ドル以上で取り引きされている。



こうした中、すでに6月物の取り引きが行われている、欧州などでベンチマークとなっているブレント原油価格も下がり、8.9%減の1バレル当たり26ドル以下となった。







米原油価格がマイナスに。表はWTIの1バレル価格





グリックマン氏は、今回の歴史的な価格変動は、ただでさえ石油市場が直面する厳しい状況をあらためて浮き彫りにしたと指摘。新型ウイルス感染拡大防止のためのロックダウン(都市封鎖)が今後も続くなら、6月物の価格も下落する可能性があると警告した。



「石油会社や原油価格の見通しについて、楽観的な見方はまったくできない(中略)たとえマイカーを石油満タンにできても、じゃあどこに行くというんだ」



イギリスの海洋石油・ガス部門の業界団体「OGUK」は、アメリカの原油価格のマイナスは、北海で操業する企業に影響すると指摘した。



UGUKトップのディアドル・ミッチー氏は、「米市場の力学は、英国産ブレントを直接動かすものとは別だが、我々も無縁ではいられない」、「我々は単なる取り引き市場ではなく、1ペニーの損失が出るごとに雇用が不安定になる」と述べた。



石油業界は需要の減少と、減産をめぐる生産者間の争いの両方で苦しんでいる。



石油輸出国機構OPEC)などの石油期間は今月初め、世界全体で10%という過去最大規模の減産に合意した。



しかし、アナリストからは対策として不十分だとの指摘があがっている。



オーストラリアの外国為替取引企業アクシコープの主任グローバル市場ストラテジスト、スティーヴン・イネス氏は、「OPECなどの合意が現状のままでは、原油市場の均衡維持に不十分だと、市場はすでに気づいた」と説明した。



ドナルド・トランプ米大統領は、政府が国家備蓄のために原油を購入するとしている。しかし、オーストラリア・ニュージーランドANZ)銀行の調査によると、アメリカの主な原油貯蔵施設があるオクラホマ州クッシングでは、3月初旬から在庫量が50%近く増加した。ANZ銀行は調査報告書で「今年後半の回復に期待している」と述べている。



イネス氏は、「まったく、これはごみの山だ。クッシングの貯蔵施設が分刻みで満杯になっているのに、誰も、本当に誰一人として、原油を欲しがっていない」と述べた。





(英語記事 US oil prices turn negative as demand dries up





関連トピックス コロナウイルス アメリカ 石油ガス産業 経済











人民網日本語版)

http://j.people.com.cn/n3/2020/0421/c94476-9682262.html





米原先物史上初の「マイナス価格」が何を意味するか





人民網日本語版 2020年04月21日15:44





2020年、私たちは絶えず歴史を目撃している。米株式市場でサーキットブレーカーが複数回発動されたのを見たのに続き、今度は「原油のマイナス価格」をこの目で見た。中国新聞網が伝えた。



現地時間の4月20日、国際市場の原油価格は過去最低を更新し、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近5月物は暴落して過去最低を記録するとともに、史上初めてマイナス圏に陥った。



同日、まもなく期日を迎えるWTI原油先物の期近5月物は約300%暴落し、1バレルマイナス37.63ドル(1ドルは約107.4円)で終わった。石油先物取引が1983年にニューヨーク・マーカンタイル取引所で取り引きされるようになってから、マイナスになったのはこれが初めてだ。同日には6月物の取り引きが行われている英国・ロンドン市場のブレント原油先物も2.51ドル下落して1バレル25.57ドルとなり、下落幅は8.94%だった。





なぜ暴落し、「マイナス価格」出現か



ゴールドマン・サックスは、「原油価格の下落は石油市場の過去に例のない供給過剰の反映だ」との見方を示す。



市場アナリストは、「石油輸出国機構OPEC)と主要産油国の減産は5月1日に始まるにもかかわらず、最近は新型コロナウイルスの影響により、石油ニーズが大幅に減少して貯蔵量が急激に増加し、市場の需給バランスが大きく崩れて、原油価格が下落した」との見方を示す。



国際通貨基金IMF)の最新の報告では、20年にグローバル経済の規模は3%縮小するという。OPECが先週発表した月次石油市場報告は、20年は世界の1日あたりの石油ニーズが685万バレル減少し、原油価格が乱高下した09年と世界金融危機以降で初めてニーズが減少した年になる見込みだ。また4月は世界の石油ニーズが1日あたり2千万バレル減少し、過去最大の減少幅を記録する見込みだ。



今回の下落の影響を受けるのはまもなく期日を迎えるマーカンタイル取引所のWTI原油先物期近5月物で、正常な状況であればまもなく翌月分へ乗り換える原油先物取引と翌月分の原油先物取引との価格差はそれほど大きくならないが、現在の期近5月物と期近6月物の間の価格差は10ドルを超える。投資家がポジションを維持すれば、コストは2倍になる。これは非常にまれなケースだ。



アクシコープのチーフマーケットストラテジストのスティーブン・イネス氏は、「マーケットはさきの減産合意では原油市場のバランス確保にとって不十分だと考え、投資家は目下あらゆる代償を惜しまずに投げ売りをし、清算しようとする人はいない」と述べた。



新型肺炎の影響により、米国のほとんどの地域で取り引きが禁止された。原油先物期近5月物の主要な買い手は石油精製工場と航空会社など実際に石油を使用する実体だ。しかしこうした企業・機関の石油貯蔵施設はすでに満杯で、期近5月物に手を出そうとする買い手はいない。



米エネルギー情報局(EIA)のデータによると、米国の石油貯蔵量は12週連続で増加し、過去3年間で最高の水準に達したという。



4月10日までの1週間で、米原油貯蔵量は前週に比べて1924万8千バレル増加し、予想の1167万6千バレルを大幅に上回った。前週は1517万7千バレル増加した。貯蔵量は12週連続で増加し、増加幅は相次いで過去最高を更新し、全体的な水準は17年6月以降で最高を更新した。米国はガソリンの貯蔵量も過去最高に達した。



オクラホマ州クッシングの原油貯蔵施設の貯蔵量は現在69%に達し、4週間前の49%を上回った。こうした状況の中、原油メーカーは今後数ヶ月間の原油生産量を削減して過去数ヶ月間低下した原油価格を抑え、在庫を減らし、生産コストを引き下げるしかない。



S&P(スタンダード・アンド・プアース)グローバル・プラッツのアナリストのクリス・ミッジリーさんは、「クッシングは内陸の都市で、原油貯蔵庫の容量は3週間で一杯になり、一度一杯になると、WTI原油先物取引は実物の受け渡しがより困難になる」と述べた。(編集KS)





人民網日本語版」2020年4月21日