page contents

中国、日本人14名をスパイ容疑で拘束 2015年以降相次ぐ=テレビ(Sputnik日本)

中国、日本人14名をスパイ容疑で拘束 2015年以降相次ぐ=テレビ(Sputnik日本)











https://jp.sputniknews.com/asia/201911266866837/





中国、日本人14名をスパイ容疑で拘束 2015年以降相次ぐ=テレビ







© AP Photo / Kin Cheung





アジア





2019年11月26日 17:45






中国では2015年以降、少なくとも日本人14名がスパイ行為及び国家機密を盗んだ疑いで拘束されている。26日(火)にNHKテレビが報じた。中国当局北海道大学教授が拘束されたいたことに関連し、日本外務省は2015年以降、国家機密を盗むなどの疑いで日本人14名が拘束され、このうち9名が有罪判決を受けたものの判決文が入手できず、詳細な経緯が明らかになっていないことを明らかにした。





北海道大学の男性教授は今年9月に北京を訪問中、中国の反スパイ法に違反した疑いで拘束されたが、今月15日に2ヶ月ぶりに解放され帰国した。中国当局は2014年に反スパイ法を施行して以降、外国の組織や個人が国家機密や情報を盗んだり探ったりすることに監視を強めている。2015年以降、日本人が拘束されるケースが相次いでいる。



2017年3月には東部・山東省や南部・海南省を温泉調査の仕事で訪れていた6名が拘束され、また5月には遼寧省で男性1名が拘束された。2018年2月には伊藤忠商事の男性社員が南部・広東省で拘束されている。少なくともこれまで日本人は14名拘束され、このうち9名が起訴されている。いずれも懲役刑の有罪判決が出ている。





関連記事



  • 中国人スパイ、中国の工作活動に関する詳細を明らかにする



  • 中国国籍の5人が拘束 外国人向け日本語試験を不正入手







  • タグ 日中関係, スキャンダル, 日本, 中国