page contents

日本は米国主導の湾岸連合を無視し、独自の部隊をホルムズ海峡に送ることを検討している(Sputnik International):阿修羅♪

日本は米国主導の湾岸連合を無視し、独自の部隊をホルムズ海峡に送ることを検討している(Sputnik International):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/888.html







(Japan Snubs US-Led Gulf Coalition, Considers Sending its Own Troops to Strait of Hormuz - Reports: Sputnik International)

https://sputniknews.com/world/201910181077079461-japan-snubs-us-led-gulf-coalition-considers-sending-its-own-troops-to-strait-of-hormuz--reports/





日本は米国主導の湾岸連合を無視し、独自の部隊をホルムズ海峡に送ることを検討している







© AP Photo / Gemunu Amarasinghe





世界





2019年10月18日09:57 (更新 2019年10月18日10:28)






今年に入ってから商船に対する一連の攻撃が発生したことを受け、米国と欧州連合は先頃この地域に艦艇を送るために同盟国を結集しつつあった。この攻撃について米国はイランに責任があるとしたが、イラン政府はこの主張を強く否定している。





朝日新聞によると、日本政府は中東の主要な水路を通過する商船を保護するための米国連合に参加せず、代わりにホルムズ海峡水域に独自に自衛隊部隊を送ることを決めた。



メディアはこれに先立ち、重要な産油国としてのイランとの緊密な経済関係のために、日本はこのような連合に参加しないだろうと伝えていた。



米国は、イラン当局が海事法違反容疑のために英タンカーを拿捕したことや、ペルシャ湾内の商船に対する一連の「サボタージュ攻撃」の結果として、海軍連合を創設すると表明した。米国はこれらの責任がイランにあると述べ、重要な石油輸出路であるホルムズ海峡における安全な航行の確保が米国の目標になると主張した。イラン政府は攻撃へのいかなる関与も強く否定している。



米国は、欧州とアジアの複数の国にこの連合への参加を呼び掛けたが、現在のところ返答した国は殆どない。イギリスはこの米国の行動への参加に関心を示したが、ドイツは湾岸の緊張を緩和する手段として外交面での取り組みを選択し、イランに対する米国の「最大圧力」キャンペーンに参加する「可能性はなくなった」と述べた。



イランは米国の海上行動計画に対し国際水路を危険に晒すものと非難し、同国がこの目的のために同盟国を結集する可能性について懐疑を表明した。





関連:



米海兵隊はホルムズ海峡で飛行甲板の攻撃用に装甲車を積載する(写真)





タグ 部隊, ホルムズ海峡, 米国, 日本