page contents

「2018年10月、インド首相の日本訪問」(DW・中国網・Sputnik):阿修羅♪

「2018年10月、インド首相の日本訪問」(DW・中国網・Sputnik):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/17/asia23/msg/758.html








(India-Japan summit: Modi, Abe to discuss free trade amid Trump's protectionism: DW English)

https://www.dw.com/en/india-japan-summit-modi-abe-to-discuss-free-trade-amid-trumps-protectionism/a-46063585





ニュース





印日首脳会談:トランプ氏の保護主義の中、モディ氏と安倍氏自由貿易の話し合いへ





ナレンドラ・モディ印首相はアジア第2の経済大国・日本との「特別な戦略的グローバル・パートナーシップ」を讃えてきた。米国の保護主義的政策の中、日本は自由貿易関係の拡大を狙っている。











インドの指導者は土曜日に2日間の公式訪問のために日本に到着し、安倍晋三・日本首相と対話を行う予定だ。



日曜日、安倍氏は富士山近くのリゾート地でナレンドラ・モディ氏のために昼食会を催す予定だ。



モディ氏は2014年に首相になってから12回安倍氏に会っているが、彼は10月28・29日に毎年恒例の13回目の印日首脳会談に出席する。月曜日、それらの後に彼は安倍氏と公式の会合を持ち、続いて2人の指導者は共同声明を出すことになっている。



貿易と安全保障が首脳会談の重要な議題であり、安倍氏とモディ氏の間の諸対話でも重点的に話し合われる。



「インドと日本のパートナーシップは根本から変容し、『特別な戦略的グローバル・パートナーシップ』として強化された」と、モディ氏は日本の共同通信に語った。



「この関係では機会だけが待ち構えており、消極的なものは何1つない」と、彼は付け加えた。

















保護貿易主義に対抗する





先日、安倍首相は習近平・中国主席に会った。中国と日本は「米国第一」の標語を掲げたドナルド・トランプ米大統領保護貿易主義に対抗する仕組みを作り出そうとしている。



中国は米国との貿易紛争に縛り付けられており、両国は相互に関税を課している。トランプ氏は米国の貿易赤字を削減する取り組みとして、日本からの輸出品をも標的にしている。



また、モディ印首相は自由貿易を強く提唱し、アジア諸国との経済協力強化を求めている。



日本の外務省は土曜日、安倍氏とモディ氏が日曜日に東京の西・山梨県のホテルで昼食を取り、インド太平洋地域の「自由で開かれた」貿易を維持するための方法を話し合うと述べた。



また、安倍氏は中国首脳との話し合いについてモディ氏に説明した。





さらに読む:意見:中国と日本の便利な友好





中国の積極性





また、日本での2日間の首脳会談では安全保障問題と地域における中国の影響力拡大が考慮される。



日本は中国との貿易拡大を望んでいるものの、東・南シナ海における中国の軍事的積極性には用心している。





さらに読む:中国の攻撃型潜水艦が係争水域近くを潜行して日本を怒らせる





日本メディアによれば、安倍氏は「インド太平洋地域の平和と繁栄のために協力関係を深める」方法について、モディ氏と意見を交換したいと述べた。



インドは長年中国と競合関係にあり、両国は数十年来の領土紛争に縛り付けられている。



来月、インドと日本は初の合同軍事訓練を行う。





さらに読む:豪米印日、「中国を競合するためのインフラ計画」を検討





shs/jlw (AP, dpa)





この話題の音声・動画



日中、2国間関係の強化を約束する



日本、インドで弾丸列車計画を公表する





発表 2018年10月28日

関連テーマ:貿易, 中華人民共和国, インド, 日本












(チャイナネット)

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/29/content_68868298.htm





安倍氏がモディ氏を厚遇 大国間で「バランス外交」を推進





タグ:インド モディ 議題 貿易 太平洋





発信時間:2018-10-29 14:44:36 | チャイナネット






中国訪問を終えた日本の安倍晋三首相は28日、国内で「古い友人」であるインドのモディ首相を迎えた。両首脳は29日に正式に首脳会談を開き、安全・貿易協力と「インド太平洋戦略」の共同推進などで合意する見通しだ。



安倍氏はモディ氏を厚遇し、日印首脳の「親密ぶり」をアピールした。日本は中国との関係改善を求めると同時に、積極的にインドに働きかけ日印戦略協力を強化することで、大国間で「バランス外交」を推進しようとしているという見方もある。



新世紀を迎えると、日印関係が迅速に強化された。両国首脳は2005年以降、毎年相互訪問している。モディ氏は2016年に首相に就任してから、今回で3回目の訪日となる。報道によると、モディ氏の今回の訪問は2日間で、28日の活動のほか29日に安倍氏と正式に首脳会議を開く。これは今回の訪問の「見せ場」とされている。



インドの関係者によると、今回の印日首脳会談は双方が共に関心を寄せる地域・世界的な問題に焦点を絞る。これにはインド太平洋地域での協力方法の掘り下げ、防衛・安全協力の強化、第三国における協力枠組み内(「印日+」モデル)のアジア・アフリカのインフラ整備の推進などが含まれる。日本メディアは、両国首脳が日印戦略的パートナーシップの「格上げ」を共に宣言すると報じた。政治・安全の議題のほか、両国首脳はデリー・ムンバイ産業回廊、ムンバイ〜アーメダバード間高速鉄道、チェンナイメトロなどにさらに注力することになる。IoT時代を着眼点とし、企業・技術・人材など各方面の協力関係を構築する。



日本経済新聞は、今回の日印首脳会談の多くの議題が、中国と関連すると分析した。安倍氏はモディ氏に先ほどの訪中に関する具体的な状況を伝え、かつ戦略的連携により中国に「共同対処」する態度を示す。日本メディアは、安倍氏はインド首脳との関係強化を通じ、大国間での「バランス外交」をさらに推進すると分析した。モディ氏も先ほどNHKの独占インタビューに応じた際に、印日は相手国の発展において不可欠なパートナーであり、両国の協力関係のさらなる強化に期待すると表明した。



中国社会科学院日本研究所の盧昊副研究員は28日、環球時報のインタビューに応じた際に次のように述べた。インドはすでに日本の「戦略的外交」の重要なPR対象となっている。インドにも日本を通じ、外交の戦略的空間を拡大する需要がある。アジア太平洋地域では現在、大国の駆け引きが激化し、関係が複雑化している。日本はこの状況下、インドという「戦略的足がかり」をしっかり把握し、インドとインド太平戦略を共同推進しようとしている。地政学的競争と地域秩序の主導権を把握するほか、中国をけん制し、中国の地域で拡大する影響力を相殺する狙いがある。安倍氏は大国との外交で各方面に手を出しているが、その重要な目標は日本自身の戦略的自主性の強化、戦略的リスクと不確実性の相殺、立ち回るための余地の拡大だ。語るのは「友好関係」だが、実際には現実主義と利益という鮮明な方向性がある。





「中国網日本語版(チャイナネット)」 2018年10月29日













(India, Japan Sign Maritime Pact to Monitor Chinese Warships in Asia-Pacific: Sputnik International)

https://sputniknews.com/asia/201810291069320003-india-japan-maritime-pact/





印日、アジア太平洋における中国艦船監視のために海洋協定に署名する







© AFP 2018 /





アジア・太平洋





2018年10月29日17:51 (更新 2018年10月29日17:52)








両国それぞれの水域における中国艦艇の存在増大を背景に、この協定は両国の監視手段を強化する。また、両国は印米両国で取り決められたものと同様な形の外務・防衛閣僚対話(2+2)を創設した。





ニューデリー(Sputnik):インドと日本は月曜日の両国首脳会談の際に、安全保障面の協力水準を強化するものとして海洋状況把握(MDA)についての実施協定に署名した。ナレンドラ・モディ印首相は、東京での安倍晋三首相との共同声明の際にこの協定に署名したことを表明した。





さらに読む:中国との貿易戦争の最中に米国艦艇が台湾海峡を航行する





両国は海洋状況把握(MDA)を広げるための交流の強化が地域の平和と繁栄に貢献することを認識し、インド海軍と日本・海上自衛隊(JMSDF)との協力を深めるための実施協定に署名することを歓迎する」と、会談の後で公表されたビジョン声明書に述べられている。









© AFP 2018 / MONEY SHARMA /

印日、アジア太平洋における中国艦艇監視のために海洋協定を署名へ






両国海軍がインド洋における中国の艦艇・潜水艦の動きなど、互いに関心のある重要な情報をより容易に共有できるようにすることがこの協定の狙いだと、10月23日にスプートニクが報じた。



また両国は、年次防衛閣僚対話・防衛政策対話・国家安全保障顧問対話・陸海空軍幕僚級対話を含めた既存の仕組みを支えるものとして、外務・防衛閣僚対話(2+2)を創設した。





さらに読む:中国とASEAN諸国、来週に新海上演習を行い地域の緊張緩和へ





また予想された通りに、両国は2国間の安全保障・防衛協力を強化するために物品役務相互提供協定(ACSA)の交渉を開始した。同協定は両国海軍が相互の軍事基地へのアクセスを可能にするための相互兵站支援協定だ。インドは同様の兵站支援協定を米国・フランス・シンガポールと結んでいる。





関連記事



用地取得をめぐる騒動の中、日本がインド高速鉄道の資金拠出を中止する-報道



印日、5年ぶりに潜水艦追跡演習を再開する



印、日中関係の改善を歓迎する-外務省



米、インドへの反ダンピング課税を維持、伯・西・日へは解除する





タグ 地域同盟, 情報共有, 海洋ドクトリン, 国家安全保障, ナレンドラ・モディ, 安倍晋三, インド, 中国, 日本











(投稿者)



13回目の会談ですから、こちらには「歴史的転換点」と言えるような見方はなかったようです。



ただ、翻訳はしませんでしたが、米国AP通信が書いたVOAサイトの記事が興味深かったです。印日双方とも安全保障の面では米国の側です。ただ、経済面では中国・インド・EU自由貿易の推進に向かう日本の姿を複雑な思いで眺めている様子も窺えます。



(Japan, India Leaders Build Ties Amid Trade, Security Worries: AP - VOA)

https://www.voanews.com/a/japan-india-leaders-build-ties-amid-trade-security-worries/4632548.html



(Japan, India Leaders Agree to Step Up Defense, Economic Ties: AP - VOA)

https://www.voanews.com/a/japan-india-leaders-agree-to-step-up-defense-economic-ties/4633562.html