page contents

露ウラジオストク、ビザ緩和導入制度試験へ(Suptnik日本):阿修羅♪

ウラジオストク、ビザ緩和導入制度試験へ(Suptnik日本):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/796.html









https://jp.sputniknews.com/russia/201707063847414/





ウラジオストク、ビザ緩和導入制度試験へ







© Fotolia/ Irinabal18





ロシア





2017年07月06日 12:54(アップデート 2017年07月06日 13:04)






ロシア極東発展省は6日、ウラジオストクから入国する外国人向けの入国査証(ビザ)取得の手続きを簡素化する新制度の導入試験を7月中旬から始めると発表した。新制度は8月1日に開始予定。





スプートニク日本





プーチン露大統領は3月、複数の極東地方から入国する外国人のためにビザ取得手続きを簡素化する命令に署名した。特別なビザの取得は、入国する4日間前、インターネットを通じて申し込むことが可能になる。ビジネスや観光などの目的で、8日間まで滞在できる。ビザの有効期限は取得から30日間。



対象となるのは、日本や北朝鮮、中国など18カ国の国民。ビジネスや観光などの目的で、8日間まで滞在できる。極東への外国投資やビジネス交流、旅行者の増加が狙い。共同通信が報じた。極東のサハリン州ハバロフスク地方などでも今後、同様の制度を導入する計画。





タグ 露日関係, 日本, ロシア