page contents

サプライチェーン危機は世界経済のルートを変える(Sputnik日本)

サプライチェーン危機は世界経済のルートを変える(Sputnik日本)









https://jp.sputniknews.com/business/202110058740617/





サプライチェーン危機は世界経済のルートを変える











© Sputnik / V.Nemirovskiy





経済





2021年10月05日 17:50






パンデミックを背景とした消費者需要の急増は、多くの地球規模の問題を引き起こした。専門家らによれば、3つの要素の組み合わせ、つまり、エネルギーと労働力不足、輸送の中断は、通常のルートから世界的経済を逸脱させる可能性がある。ガーディアン紙が報じた。





パンデミックを背景とする急激な消費需要の増加は、すでに世界市場での極端な価格高騰を引き起こした。エネルギー不足は、世界の先進国にとっても衝撃となった。同紙によれば、もっとも顕著な例として中国が上げられるが、同国政府は、西側の商品購入の繁忙期であるクリスマスイブに電気消費を規制し、工場の操業停止をせざるを得なかったという。また、ガーディアン紙は、英国の燃料崩壊についても報じている。英国では、燃料のストックが尽きるガソリンスタンドが、日ごとに増加している。両国では、世界中がエネルギー資源を買占めているまさに今、十分な燃料の備蓄がなくなり、その価格はこの数ヶ月で著しく高騰していると報じられている。また、英国では、労働力の破壊的な不足から利用可能な燃料でさえ消費者に供給することができなくなっている。







© Sputnik / Maksim Bogodvid

新たな経済危機? 原油は1バレル100ドルを超える バンク・オブ・アメリカ予測






非常に深刻な特質がサプライチェーン問題にはあるとガーディアン紙は強調する。2021年8月、半導体の不足から、英国の自動車生産は年次ベースで27%の減少となり、オーストラリアや米国、中国への輸出の著しい低下が発生した。同紙によれば、マイクロプロセッサーの不足から、ドイツでは工場が一時的に閉鎖となった。ガーディアン紙によれば、専門家らは、商品の輸送コストの高騰に特別に注目を向けたが、いくつかの輸送ルートではこの1年でコンテナ輸送費が6倍に高まっているという。



しかし、港に荷物が到着しても作業が終わることはなく、その理由は、労働条件での争議や、新型コロナ規制が維持されていることで最終指定地点に貨物を配送する労働力が不足しているためだ。



ガーディアン紙は、投資アドバイザー企業「Moneyfarm」の主任投資ディレクターのリチャード・フラックス氏の発言を引用し、「大企業と政府は、主要製品のサプライチェーンの改定を行っており、配送の安全性や価格についても注視をしている。私たちは、一部の分野におけるサプライチェーンが新型コロナへの対応で縮小し、また、企業が自社の供給源の多様化を図ると予想している」と報じた。



通信社「スプートニク」は以前、エネルギー資源の不足から生じた電力供給と暖房の中断を回復させるため、中国政府が取った措置について報じている。





関連ニュース





タグ 経済