page contents

ダライ・ラマ法王の85歳の誕生日におけるチベット亡命政権内閣の声明(ダライラマ法王日本代表部事務所)

ダライ・ラマ法王の85歳の誕生日におけるチベット亡命政権内閣の声明(ダライラマ法王日本代表部事務所)









http://www.tibethouse.jp/news_release/2020/20200706_news.html





ダライ・ラマ法王の85歳の誕生日におけるチベット亡命政権内閣の声明





2020年7月6日





本日は、偉大なるダライ・ラマ法王14世ジェツン・ジャンペル・ガワン・ロサン・イェシェー・テンジン・ギャツォ猊下の85歳のお誕生日です。最も敬愛されているチベットの指導者であり、世界平和の提唱者であり、仏陀智慧の典型であり、無条件の慈悲の源である法王に、内閣ならびにチベット内外のチベット人より、心からお祝いを申し上げます。



法王は常々、ご自身のことを「一介の僧侶」と述べておられますが、チベット人にとり、法王は輝かしい太陽です。16歳で国家と国民を双肩に担われた比類なき指導者であり、国家の困難、国民の困難、あらゆる困難のなかでチベット人を導いてこられた無二の師です。



1989年に法王がノーベル平和賞を受賞された時、チベット人の心は喜びと誇りで満たされました。チベットの民の幸福のために初めて改革に着手した指導者として、そして深刻な迫害に直面しながらも中国政府に対して対話による平和的解決の道を貫いている指導者として、世界が法王を認めたことが確信できたからです。法王のご指導の下、チベット人は慈悲と平和の民として計り知れない贈り物を経験したのです。



1959年3月、法王は、祖国を離れざるを得なくなりました。それがチベットの民のために自由を求めることのできる最後の手段だったからです。亡命生活が始まったその日から、法王は、チベット人チベット独自の文化的アイデンティティーの保護に取り組んでこられました。



過去を振り返るとき、私たちチベット人には大きな喪失感が思い起こされますが、このような喪失に耐えられたのは、法王が未来への希望を与えてくださったからです。法王は、私たちの人生の傷を和らげ、苦しみが福へと転じるよう導いてくださいました。チベット人が誇りを持って生きることができるのは、法王の導きのおかげなのです。



こんにち、世界中の多くの方々が、最も成功した難民社会として亡命チベット人社会を評価してくださっているのは、学校、難民居住区、僧院だけでなく、全チベット人の代表としてチベット人を団結させることのできる民主政体があるからです。親が無条件にわが子を思いやるように、法王は無上の犠牲を払って私たちを育ててくださいました。法王の不屈の努力と先見の明により、チベットはたんなる失われた国家とならずに済んだのです。



法王がこれまでに著された本は、チベット語と英語で330冊以上に上ります。55カ国を歴訪して人権、平和、思いやりについて講演をされ、より良い社会へと導かれました。法王はまた、環境保護と持続可能性を最初に呼びかけた提唱者のひとりでもあります。その貢献が認められ、1991年には国連地球賞を受賞されました。さらには率先して現代教育のカリキュラムに「こころの教育」を取り入れることや、現代科学の領域においてマインドフルネスの価値を高めること、異なる宗教間の調和を育むことや、異宗教間の対話の場をもつことなどに取り組まれ、人間間のみならず地球環境に対しても平和的に共存できる社会へと舵を取ってこられました。



法王のご献身は、米国名誉黄金勲章やテンプルトン賞をはじめとする最高峰の栄誉を受賞されていることからも明らかです。今年2月にロンドンの書店ワトキンスが実施した「世界で最も精神的に影響力のある100人」の人物ランキングにおいても、法王は第1位に選ばれました。



世界は今、きわめて困難な段階にあります。このように不確かな時代において、インターネットで配信される法王の法話は、世界中の多くの方々に安堵や希望、恩恵をもたらしています。法話を通して法王は、人類は人間家族としてひとつであること、それゆえにやさしさと思いやりを日常生活の指針とする必要があることを呼びかけておられます。



これほど傑出した指導者の人生と功績を、私たちはどうすればお祝いできるでしょうか? 法王は、世界中の何百万もの人々の勇気の源です。世界の人々の目には、法王は偉大な功績を成し遂げたひとりの人間として映っているかもしれません。しかしチベット人にとっては、法王は観音菩薩の化身なのです。法王は、祖国と家、愛する家族を失ったチベット人をただ独りの力でつなぎとめてこられました。不法占拠という状況が続くなかで、チベット人が存在し、人生を送ることができるのは、法王のおかげなのです。



偉大なるダライ・ラマ法王14世のチベット人に対する慈しみの心を、私たちは決して忘れません。ご存知のように、私たちは今年を法王への深い感謝の念を表明するための「感謝の年」としています。世界各地のチベット人ならびに支援者の皆様には、それぞれができる範囲でダライ・ラマ法王の人生と使命について認識を深める機会を持っていただくよう強くお願いしたいと思います。



新型コロナウイルスの感染によって命を落とした人の数は、全世界で50万人以上に上ります。この場を借りて、新型コロナウイルスの被害を受けているすべての国家ならびに個人の皆様に、祈りと結束を捧げたいと思います。インドにおいて感染者が急増していることから、市民の皆様には、よく注意して予防措置を取るとともに、法王の助言に従っていただくよう強くお願いしたいと思います。



法王の呼びかけに応えてチベット問題の解決に共に取り組んでくださっているすべての個人、組織、政府の皆様に、心より感謝の念を捧げます。



チベット人は、法王への深い恩義を抱いています。本日、私たちは誇りを持って、法王の人生とご功績をお祝いいたします。そして、法王が幾劫にもわたって生を得られ、その聖なる願いがすべて成就するようお祈り申し上げます。チベット本土のチベット人が、雪の国のポタラ宮殿の法座から、法王にお加持と法話を授けていただく日が来るよう祈願いたします。どうか私たちを照らし続けてくださいますように。





内閣





2020年7月6日