page contents

沖縄には未だ約1900トンの不発弾が残る(Sputnik日本)

沖縄には未だ約1900トンの不発弾が残る(Sputnik日本)









https://jp.sputniknews.com/20220623/1900-11669913.html





沖縄には未だ約1900トンの不発弾が残る





2022年6月23日, 18:37







© 写真 : Pixabay/Kanenori





77年前に米軍と大日本帝国との大規模な戦闘が終わった沖縄には、未だ約1900トンの不発弾が残っている。





日本経済新聞によると、第2次世界大戦後、日本全国の不発弾や爆弾の総数の40%以上(約1830トン)が沖縄に集中しているという。



日本の自衛隊の推計では、九州に約112トン、本州の南部と南西部、中部に約24トンの不発弾や爆弾が残っているという。同紙によると、2020会計年度(2021年3月31日終了)に、自衛隊は全国で約4400発の不発弾を処理している。







イタリア北部 第2次世界大戦中の不発弾発見 約1万人避難

5月16日, 03:03






推計によれば、第2次世界大戦末期の沖縄戦では、地元住民を含めて約20万人が犠牲となり、この戦闘で約20万トンの爆弾が投下されている。



ロシアの専門家によると、最も控えめな推計でも、カリーニングラード州には第2次世界大戦で使われた砲弾や爆薬が約500万個残っているという。統一特別司令サービスによると、同地域では毎年最大4000個の地雷と砲弾が発見されている。また、サンクトペテルブルク近郊のフィンランド湾には、今でも約3万5000個の地雷が残っているおそれがある。ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省は、5月末にベルゴロド州で21発の弾薬が発見され、処理されたと発表している。





関連ニュース





沖縄 米国 軍事 国内