page contents

「マスク・外国人観光客―日本はコロナ規制の緩和を始めた」 (RFI)

「マスク・外国人観光客―日本はコロナ規制の緩和を始めた」 (RFI)









(Covid-19 au Japon: les masques ne sont plus obligatoires sur la voie publique: RFI)

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220516-covid-19-au-japon-les-masques-ne-sont-plus-obligatoires-sur-la-voie-publique





日本のCovid-19:公道ではマスクが義務でなくなった





発表 2022年5月16日 11:25







日本では5月16日月曜日から、屋外や公道では物理的な距離が保たれる場合にマスクの着用が義務でなくなった。Getty Images - Susumu Yoshioka





RFI






日本では5月16日月曜日から、屋外や公道では物理的な距離が保たれる場合にマスクの着用が義務でなくなった。屋内や特に公共交通機関の中では、マスクは今後も着用される。パンデミックが始まって以来、国内で緩和措置が取られたのは今回が初めてだ。しかし、日本人が今後も街路でマスクの着用を続けることは有らゆることが示している。





報告 RFI東京特約記者、ブルーノ・デュバル



日本は感染症の第7波に見舞われているが、国民の半数近くがワクチンの追加接種をまだ受けていない。この不安定な衛生状況にも係わらず、今後は公道でのマスク着用は個人の意思に任されることになり、このため一部の東京都民は困惑している。



「大部分の若者のように、私は3回目のワクチン接種をまだ受けていません」と、彼らの1人は言う。「だから、私たちの世代にはオミクロンが余り危険でないとしても、警戒を怠らない方が安全だと思う。」彼と同じ意見の女性がいた。「感染数は再び増加しているが。それでも今からマスクを外すことが出来るか?私はそう考えると…。」



「政府が何を言おうと、私は今後も場所を問わず常にマスクの着用を続け、外出を最小限にし、マスクを着用していない人との接触を避けるようにする」と、別の日本人は説明する。更に同じ意見の日本人がいた。「私はこのウイルスがとても怖いので、マスクを外すと人前では全然リラックスできない。」



研究によると、この感染症が始まってから、9割を超える日本人がいまなおマスクの着用を続けている。日本ではマスク不着用でも罰金を取られる危険が無いのにだ[投稿者の和訳。この規律は社会的圧力に因るものだ。この国では、人は非難を受けないような振る舞いを常に求められる。時に、それが一般的な意見により不合理とされた場合には、たとえ当局の指示に従わなくてもだ。





コロナウイルス 日本 衛生・医療











(Le Japon rouvre ses portes aux touristes étrangers: RFI)

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220517-le-japon-rouvre-ses-portes-aux-touristes-%C3%A9trangers





日本は外国人観光客に対して再び門戸を開く





発表 2022年5月17日 14:51







Covid-19の世界的流行の最中の全日本空輸ANA)の航空機。2020年10月23日、日本・東京国際空港にて。REUTERS - ISSEI KATO





RFI





日本は今月、2年以上ぶりに外国人観光客に対して国境を再び開く。それでも、対象は米国・豪州・タイ・シンガポールの指定4ヵ国からの一握りの人々だ。これは実験として行われるものだ。これらの観光客は、高度な監視下で実施される旅行という枠組みの中で、列島の中の特定の場所を訪問する。





報告 RFI東京特約記者、フレデリック・シャルル



日本は、不特定数の外国人観光客を対象に「ゼロコロナ」の科学的実験を行うことになった。彼らは団体に限り公認ガイドの監督下で列島の訪問が可能だ。彼らの行程は事前に定められる。これは仕方の無いことだが、日本の47都道府県のうち旅行者の受け入れに同意したのは15自治体だけだ。彼らはCovid-19ワクチンの接種を3度済ませ、民間の医療保険に加入している必要がある。彼らは、日本行きの便に搭乗する72時間以内にCovid-19の検査結果が陰性で、更に日本到着時に現行の要件に従い[投稿者の和訳改めて検査を受ける必要がある。



3月から、日本はビジネス旅行者・学生・外国人労働者の受け入れを1日1万人のペースで再開した。6月からはその数が2倍になるかも知れない。



この「モルモット」観光客により実施される旅行は9月まで続く予定だ。秋からは個人旅行が再開できそうだ。政府は、外国人観光客が伝染病を運ぶ可能性も注意深く検証する必要がある。なぜなら、日本国民の大多数は国の経済を犠牲にしてでも、国境の閉鎖を続けることに賛成しているからだ。2019年、日本は3,190万人の外国人観光客を迎えた。ソシエテ・ジェネラルの調査によると、彼らは推計でGDPの0.9%を支出した。





日本 コロナウイルス 観光







―参考―









※ 2022.6.1 リンクを追加しました。