page contents

中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議コミュニケ(理論中国)

中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議コミュニケ(理論中国)















中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議コミュニケ





出所:http://jp.news.cn | | 発表時間:2021-11-12





新華社北京11月11日】中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議(19期6中全会)は、2021年11月8日から11日まで北京で開催された。



今回の全会には、中央委員197人と中央委員候補151人が出席した。また、中央紀律検査委員会常務委員会委員と関係部門の責任者が列席したほか、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の代表からも一部の末端同志や専門家・学者が列席した。



全会は、中央政治局が主宰した。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記が重要演説を行った。



全会は、習近平総書記が中央政治局の委託を受けて行った活動報告を聴取・討論し、「党の百年奮闘の重要な成果と歴史的経験に関する中共中央の決議」を審議・採択し、「中国共産党第20回全国代表大会開催に関する決議」を審議・採択した。習近平総書記は全会に対して「党の百年奮闘の重要な成果と歴史的経験に関する中共中央の決議(討論稿)」についての説明を行った。



全会は、党の19期5中全会以来の中央政治局の活動を十分に評価し、以下の認識で一致した。この一年、世界の百年に一度の大きな変動と新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの影響が重なって、外部環境はこれまで以上に複雑になり厳しさを増し、国内の新型コロナウイルス感染症対策と経済・社会発展の諸任務は極めて重く困難であった。中央政治局は、中国の特色ある社会主義の偉大な旗印を高く掲げ、マルクス・レーニン主義毛沢東(もう・たくとう)思想、鄧小平(とう・しゅうへい)理論、「三つの代表」重要思想、科学的発展観習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想を導きとすることを堅持し、第19回党大会および19期2中全会、3中全会、4中全会、5中全会の精神を全面的に貫徹し、国内と国際という二つの大局を統一的に考慮し、感染症対策と経済・社会発展を両立させ、発展と安全を総合的に勘案し、「安定を保ちつつ前進を求める」という活動全体の基調を堅持し、新たな発展理念を全面的に貫徹し、新たな発展の形の構築を加速させたことにより、経済の発展は比較的良い勢いを保ち、科学技術の自立自強に向けた取り組みは積極的に促進され、改革開放は絶えず深化し、貧困脱却堅塁攻略戦は期日どおりに勝利し、民生の保障は効果的に改善され、社会大局は安定を保ち、国防・軍隊の現代化は着実に推し進められ、中国の特色ある大国外交は全面的に推進され、党史の学習・教育は着実かつ効果的に行われ、各種のゆゆしい自然災害にうち勝ち、党と国家の諸般の事業が新たに大きな成果を収めた。また、中国共産党創立100周年を祝う一連のイベントが成功裏に開催され、習近平中共中央総書記は重要講話を行い、小康社会の全面的完成を正式に宣言し、全党・全国各民族人民が二つ目の百周年の奮闘目標に向かって意気軒昂と新たな道のりを歩み出すよう激励した。



全会は、次のように認識した。党の百年奮闘の重要な成果と歴史的経験を総括することは、中国共産党創立100周年という歴史的条件の下、社会主義現代化国家の全面的建設の新たな征途につき、新時代に中国の特色ある社会主義を堅持し発展させるために必要なことであり、政治意識・大局意識・核心意識・一致意識を強化し、道・理論・制度・文化への自信を固め、習近平同志の党中央・全党の核心としての地位を断固として擁護し、党中央の権威と集中的・統一的指導を断固として擁護し、全党が足並みをそろえて前へ進むために必要なことである。そして、党の自己革命を推進し、全党の闘争能力とリスクや課題への対応能力を高め、党の生命力と活力を永遠に保ち、全国各民族人民を団結させ率いて中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に向けて奮闘を続けていくために必要なことである。全党は唯物史観と正しい党史観を堅持し、党の百年にわたる奮闘から、これまでわれわれはなぜ成功することができたのかを見きわめ、今後われわれはどのようにすれば成功し続けることができるのかをしっかりと理解する必要がある。そうすることで、いっそう確固として、いっそう自覚をもって初心を貫き使命を全うすることができ、新時代において中国の特色ある社会主義をよりよく堅持し発展させることができるのである。



全会は、次のように指摘した。中国共産党1921年の創立以来、終始一貫して中国人民の幸福の追求、中華民族の復興の追求を自らの初心・使命とし、終始一貫して共産主義の理想と社会主義の信念を堅持し、全国各民族人民を団結させ率いて、民族の独立と人民の解放をかち取り、国家の富強と人民の幸福を実現させるためにたゆまず奮闘し、今年に至って百年にわたる輝かしい道のりを歩んできた。こうした党と人民の百年にわたる奮闘は、数千年に及ぶ中華民族史上の最も壮大な叙事詩を書き綴ったのである。



全会は、次のように指摘した。新民主主義革命の時期において、党が直面していた主要任務は、帝国主義、封建主義、官僚資本主義に反対し、民族の独立と人民の解放をかち取り、中華民族の偉大な復興を実現するために根本的な社会的条件をつくり出すことである。革命闘争の中で、毛沢東同志を主要な代表とする中国の共産主義者は、マルクス・レーニン主義の基本的原理を中国の具体的な実情と結びつけて、苦しい模索とそのために極めて大きな犠牲を払うことによって積み重ねた一連の独創的な経験に対し理論的な概括を行い、「農村によって都市を包囲し、武力によって政権を奪取する」という革命の正しい道を切り開き、毛沢東思想をうち立て、新民主主義革命の勝利をかち取るために正しい方向を指し示した。党は人民を指導して不撓不屈の精神で血みどろの奮戦を繰り広げ、新民主主義革命の偉大な成功を収め、中華人民共和国を樹立し、民族の独立と人民の解放を実現し、旧中国の半植民地・半封建社会の歴史に完全に終止符を打ち、広範な勤労人民がごく少数の搾取者に支配された歴史に完全に終止符を打ち、旧中国の四分五裂の状態に完全に終止符を打ち、列強が中国に押しつけた不平等条約と中国における帝国主義のすべての特権を完全に廃止した。また、中国で数千年に及ぶ封建的専制政治から人民民主主義への偉大な飛躍を実現したばかりでなく、世界の政治的構図も大きく変え、全世界の被抑圧民族と被抑圧人民が解放をかち取る闘争も大きく勇気づけた。中国共産党と中国人民は勇ましい不屈の奮闘をもって、「中国人民はここから立ち上がったのだ。中華民族がもはやなすすべなく蹂躙され、散々に虐げられていた時代は永久に過ぎ去ったのだ。中国の発展の新紀元がこの時から切り開かれることになるのだ」と、世界に向けて厳かに宣言した。



全会は、次のように指摘した。社会主義革命と社会主義建設の時期において、党が直面していた主要任務は、新民主主義から社会主義への移行を実現させて社会主義革命を行い、社会主義建設を推し進め、中華民族の偉大な復興の実現に向けて根本的な政治的前提と制度的基盤をうち固めることである。この時期において、毛沢東同志を主要な代表とする中国の共産主義者社会主義建設に関する一連の重要思想を提起した。毛沢東思想は、マルクス・レーニン主義の中国における創造的な運用と発展であり、実践によってその正しさが立証された中国革命と建設の正しい理論的原則と経験の総括であり、マルクス主義の中国化における最初の歴史的飛躍である。党は人民を指導して自力更生し富強に努め、社会主義革命と社会主義建設の偉大な成功を収め、中華民族の有史以来最も広範かつ抜本的な社会変革を実現し、人口の多い東方の大国を貧しく遅れた状態から社会主義社会へと大きく進ませる偉大な飛躍を実現した。わが国では、比較的整った独自の工業体系と国民経済体系がうち立てられ、農業の生産条件が著しく改善し、教育・科学・文化・医療衛生・スポーツ事業が大きな発展を見せ、人民解放軍が成長、向上を遂げ、旧中国の屈辱的な外交にも徹底的に終止符が打たれた。中国共産党と中国人民は勇ましい不屈の奮闘をもって、「中国人民は古い世界を破壊することができるだけでなく、新しい世界を建設することもできる、社会主義だけが中国を救うことができ、社会主義だけが中国を発展させることができるのだ」と、世界に向けて厳かに宣言した。



全会は、次のように指摘した。改革開放と社会主義現代化建設の新時期において、党が直面していた主要任務は、中国の社会主義建設の正しい道を引き続き模索し、社会的生産力を解放し発展させ、人民が貧困から脱却し、できるだけ早く豊かになるようにし、中華民族の偉大な復興の実現に向けた新たな活力溢れる体制的保証と急速な発展の物質的条件をもたらすことである。党の11期3中全会以降、鄧小平同志を主要な代表とする中国の共産主義者は、全党・全国各民族人民を団結させ率いて新中国成立以来の正反両面の経験を徹底的に総括し、社会主義とは何か、いかにして社会主義を建設するのかという根本的な問題について、世界の社会主義の歴史的経験を参考にし、鄧小平理論をうち立て、思想を解放し、実事求是の態度をとり、党と国家の活動の中心を経済建設に移して改革開放を実行するという歴史的な政策決定を行った。また、社会主義の本質を鋭く解明し、社会主義の初級段階の基本路線を確立し、「自らの道を歩み中国の特色ある社会主義を建設する」と明確にうち出し、中国の特色ある社会主義を建設する上での一連の基本的な問題に科学的に答え、21世紀の半ばまで三つの段階に分けて社会主義現代化を基本的に実現するという発展戦略を確立し、中国の特色ある社会主義を成功裏に創始した。



全会は、次のように指摘した。党の13期4中全会以降、江沢民(こう・たくみん)同志を主要な代表とする中国の共産主義者は、全党・全国各民族人民を団結させ率いて党の基本理論・基本路線を堅持し、社会主義とは何か、いかにして社会主義を建設するのか、どのような党を建設するのか、いかにして党を建設するのかについての認識を深化させ、「三つの代表」重要思想を形成した。国内外の情勢が極めて複雑化したことや、世界の社会主義の大きな挫折という厳しい試練を前にして、中国の特色ある社会主義を守り抜き、社会主義市場経済体制の改革目標と基本的枠組みを確立し、社会主義の初級段階における公有制を主体として多種類の所有制経済をともに発展させるという基本的経済制度と、労働に応じた分配を主体として多様な分配方式が並存する分配制度を確立し、全面的な改革開放の新局面を切り開き、党建設の新たな偉大なプロジェクトを推し進め、中国の特色ある社会主義を成功裏に21世紀へと推し進めた。



全会は、次のように指摘した。第16回党大会以降、胡錦濤(こ・きんとう)同志を主要な代表とする中国の共産主義者は、全党・全国各民族人民を団結させ率いて小康社会の全面的建設の過程で実践の革新、理論の革新、制度の革新を推し進め、新たな情勢下でどのような発展を実現するのか、どのように発展するのかといった重要な問題を深く認識した上で回答し、科学的発展観を形成した。重要な戦略的チャンスの時期をとらえ、全精力を傾けて建設に取り組み、一意専心して発展を推進し、人間本位と全面的で調和のとれた持続可能な発展の堅持を強調し、民生の保障と改善に力を入れ、社会の公平と正義を促し、党の執政能力建設と先進性建設を推進し、新たな情勢下で中国の特色ある社会主義を首尾よく堅持し発展させた。



全会は、次のように強調した。この時期において、党は新たな実践と時代的特徴に合わせてマルクス主義を堅持し発展させ、中国の特色ある社会主義建設に向けた発展の道筋や発展段階、根本的任務、発展の原動力、発展戦略、政治的保証、祖国の統一、外交・国際戦略、指導勢力・頼るべき勢力などの一連の基本的な問題に科学的に答え、中国の特色ある社会主義理論体系を形成し、マルクス主義の中国化における新たな飛躍を実現した。党は人民を指導して思想を解放し鋭意邁進し、改革開放と社会主義現代化建設の偉大な成功を収めた。わが国は高度集中型の計画経済体制から活気溢れる社会主義市場経済体制への、閉鎖・半閉鎖から全方位開放への歴史的転換が実現し、生産力で相対的に後れていた状況から経済規模で世界第2位に躍り出る歴史的突破が実現し、衣食にさえこと欠いていた人民の生活が全般的小康に達して全面的小康へと邁進する歴史的飛躍が実現し、中華民族が立ち上がることから豊かになることへの偉大な飛躍を推進した。中国共産党と中国人民は勇ましい不屈の奮闘をもって、「改革開放は現代中国の前途と運命を決める重要な一手であり、中国の特色ある社会主義の道が中国を発展・繁栄へと導く正しい道であり、中国は大きな足取りで時代に追いついたのだ」と、世界に向けて厳かに宣言した。



全会は、次のように指摘した。第18回党大会以降、中国の特色ある社会主義は新時代に入った。この新時代において、党が直面していた主要任務は、一つ目の百周年の奮闘目標を達成し、二つ目の百周年の奮闘目標の実現に向けた新たな征途につき、中華民族の偉大な復興の実現という壮大な目標を目指して引き続き邁進していくことである。党は自信をもって奮励し正道と革新を重んじるよう人民を指導し、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な成功を収めた。



全会は、次のように強調した。習近平同志を主要な代表とする中国の共産主義者は、マルクス主義の基本原理を中国の具体的な実情と結びつけること、中華の優れた伝統文化と結びつけることを堅持し、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」重要思想、科学的発展観を堅持し、党創立以来の歴史的経験を徹底的に総括して余すところなく生かし、新たな状況に立脚し、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想をうち立てた。新時代の党と国家の事業の発展にかかわる一連の理論面・実践面の重要課題について熟考を重ねて科学的に判断し、新時代においてどのような中国の特色ある社会主義を堅持し発展させるのか、いかにして中国の特色ある社会主義を堅持し発展させるのか、どのような社会主義現代化強国を建設するのか、いかにして社会主義現代化強国を建設するのか、どのような長期的に政権を担うマルクス主義政党を建設するのか、いかにして長期的に政権を担うマルクス主義政党を建設するのかといった重要な時代的課題について、一連の独創的な国政運営の新理念・新思想・新戦略をうち出した習近平同志は、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想の主要な創始者である。習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想は現代中国のマルクス主義、21世紀のマルクス主義であり、中華文化と中国精神の時代的精華であり、マルクス主義の中国化における新たな飛躍を遂げた。党は、習近平同志を党中央と全党の核心としての地位に据え、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想の指導的地位を確立したことには、全党・全軍・全国各民族人民の共通の願いが反映され、新時代の党と国家の事業の発展にも、中華民族の偉大な復興の歴史的プロセスの推進にも決定的な意義をもっている。



全会は、次のように指摘した。習近平同志を核心とする党中央は、偉大な歴史的主動精神と大いなる政治的勇気、強い責任感をもって、国内と国際という二つの大局を統一的に考慮し、党の基本理論・基本路線・基本方針を貫徹し、偉大な闘争、偉大なプロジェクト、偉大な事業、偉大な夢を取り仕切り、「安定を保ちつつ前進を求める」という活動全体の基調を堅持し、一連の重要方針・政策、一連の重要措置をうち出し、一連の重要活動を推し進め、一連の重大なリスクや試練にうち勝ち、長年解決したくても解決できなかった数多くの難題を解決し、これまで成し遂げたくても成し遂げられなかった数多くの大事を成し遂げ、党と国家の事業で歴史的な成果を収め、歴史的な変革を起こした。



全会は、次のように強調した。第18回党大会以来、党の全面的指導の堅持においては、党中央の権威と集中的・統一的指導が力強く保証され、党の指導制度体系が絶えず整備され、党の指導方式がより科学的になり、全党が思想面でいっそう統一され、政治面でいっそう団結し、行動面でいっそう一致し、党の政治的指導力、思想による先導力、大衆組織力、社会への影響力が明らかに強まった。全面的な厳しい党内統治においては、党の自己浄化・自己改善・自己革新・自己向上の能力は顕著に高まり、ゆるんだ党管理・党統治の状況は根本的転換を遂げ、反腐敗闘争は圧倒的勝利を収めて全面的に定着し、党が革命性を鍛え上げる中でいっそう強くなった。経済建設においては、わが国の経済発展の均衡性・調和性・持続可能性が著しく向上し、国の経済力、科学技術力、総合国力が新たな段階へと進み、わが国の経済はより質の高い、より効率的で、より公平で、より持続可能で、より安全な発展の道を歩み出した。改革開放の全面的深化においては、党が絶えず改革の全面的深化をより広く、より深くまで推し進め、中国の特色ある社会主義制度がより成熟して形も整い、国家統治体系・統治能力の現代化レベルが不断に高まり、党と国家の事業は新たな生気に満ち溢れている。政治建設においては、全過程の人民民主が大いに発展し、わが国の社会主義民主政治の制度化・規範化・手続き化が全面的に推し進められ、中国の特色ある社会主義政治制度の優位性がよりよく発揮され、生気に満ち溢れ安定・団結のある政治的局面が強化・発展した。全面的な法に基づく国家統治においては、中国の特色ある社会主義法治体系が不断に整備され、「法治中国」の建設が堅実なスタートを切り、党の法治のやり方を活用して国を指導し国を治める能力が著しく高まった。文化建設においては、わが国のイデオロギー分野の情勢が全局的・根本的に転換し、全党・全国各民族人民の文化に対する自信が目に見えて高まり、社会全体の結束力と求心力が大いに向上したことは、新時代に党と国家の事業の新たな局面を切り開くために、確固たる思想的保証と大きな精神的力をもたらした。社会建設においては、人民の生活が全方位で改善し、社会統治の社会化・法治化・スマート化・専門化の水準が大幅に向上し、人民が安心して暮らせる、社会が安定し秩序のある好ましい局面を保ち、社会の長期的安定という奇跡を記し続けている。生態文明建設においては、党中央がこれまで以上に力を入れて生態文明建設に取り組み、「美しい中国」の建設が大きな一歩を踏み出し、わが国の生態環境保護は歴史的・転換的・全局的な変化が生じた。国防・軍隊建設においては、人民の軍隊を全体的・革命的に再構築し、襟を正して再出発し、国防力と経済力が同ペースで向上し、人民の軍隊が新時代の使命・任務を断固として遂行し、粘り強く闘う精神と実際の行動で国家の主権・安全・発展の利益を堅守した。国家安全保障においては、国家の安全保障を全面的に強化し、政治・経済・イデオロギー・自然界などの面におけるリスク・試練に耐え抜き、党と国家の繁栄・発展と長期的安定を力強く保証した。「一国二制度」の堅持と祖国統一の推進においては、党中央は一連の末梢と根本を兼治する措置を講じ、「愛国者による香港統治」と「愛国者による統治」を揺るぐことなく実行し、香港情勢の混乱から安泰への大きな転換を推し進め、法に基づく香港統治・澳門統治の推進、「一国二制度」の安定的・長期的実践の促進のために確固とした基盤をうち固めた。一つの中国の原則と「92コンセンサス」を堅持し、「台湾独立」をもくろむ分裂の行動に断固として反対し、外部勢力からの干渉に断固として反対し、両岸関係の主導権と主動権をしっかりと握りしめた。外交面の活動においては、中国の特色ある大国外交が全面的に推進され、人類運命共同体の構築が時代の流れと人類の前進方向を導く鮮明な旗印となり、わが国の外交が世界の大きな変動の中で新局面を切り開き、世界の複雑な局面の中でピンチをチャンスに変え、わが国の国際的影響力・感化力・形成力は顕著に高まった。中国共産党と中国人民は勇ましい不屈の奮闘をもって、「中華民族が立ち上がり、豊かになることから、強くなることへの偉大な飛躍を成し遂げたのだ」と、世界に向けて厳かに宣言した。



全会は、中国共産党の百年にわたる奮闘の歴史的意義を次のように指摘した。党の百年にわたる奮闘が根本から中国人民の前途・運命を変え、中国人民が侮られ、抑圧され、奴隷のようにこき使われた運命を断ち切り、国家、社会および自らの運命の主人公となり、中国人民の素晴らしい生活への憧れはますます現実のものとなったこと、党の百年にわたる奮闘は中華民族の偉大な復興の実現に向けた正しい道を切り開き、中国は先進諸国が数百年かけて歩んだ工業化の道のりをわずか数十年で駆け抜け、経済の急速な発展と社会の長期的な安定という二つの奇跡を成し遂げたこと、党の百年にわたる奮闘はマルクス主義の強い生命力を示し、マルクス主義の科学性と真理性は中国で十分に検証され、マルクス主義の人民性と実践性は中国で十分に徹底され、マルクス主義の開放性と時代性は中国で十分に示されたこと、党の百年にわたる奮闘は世界の歴史的過程に深く影響し、党は人民を指導して中国独自の現代化の道の開拓に成功し、人類文明の新たな形を創造し、発展途上国の現代化への道を切り開いたこと、党の百年にわたる奮闘は時代の先頭を歩み続ける中国共産党を鍛え上げ、偉大な建党精神を源とする精神の系譜を築き上げ、党の先進性と純潔性を保ち、党の執政能力と指導水準が絶え間なく高まり、中国共産党は偉大な、栄光ある、正しい党というにふさわしいものであること、などがそれである。



全会は、次のように指摘した。百年来、党は人民を指導して偉大な奮闘を進め、次のような貴重な歴史的経験を積み重ねてきた。それは、党の指導を堅持し、人民至上を堅持し、理論の革新を堅持し、独立自主を堅持し、中国の道を堅持し、世界のためを思うことを堅持し、開拓・革新を堅持し、果敢に闘うことを堅持し、統一戦線を堅持し、自己革命を堅持することである。以上の10の方面は、長期的な実践を経て積み重ねてきた貴重な経験であり、党と人民がともに創造した精神的財産であり、格別に大事にして長期的に堅持し、新時代の実践の中で絶えず豊かにし、発展させなければならない。



全会は、次のように指摘した。初心を忘れないことこそが、たゆまぬ奮闘を可能にする。中国共産党中華民族の千秋の偉業の志を立ててからちょうど百年、まさに最盛期を迎えている。過去百年の「試験」に関しては、党は人民と歴史に優れた答案を出した。現在、党は中国人民を団結させ率いて二つ目の百周年の奮闘目標の達成という新たな「試験」の道を歩み出したところである。全党は、中国共産党とは何であるか、何をすべきかという根本的な問題を銘記し、歴史発展の大勢を把握し、理想・信念を固め、初心・使命を胸に刻み、謙虚慎重で驕らず焦らず刻苦奮闘の気風を保ち続け、いかなるリスクも恐れず、いかなる妨害にも惑わされず、決して根本的な問題に関して致命的な誤りを犯してはならないと同時に、「青山に咬定して放松せず(しっかりと根を張った竹のように決してぶれたり手を抜いたりせず)」の執念で既定目標の実現のために奮闘し、「百里を行く者は、九十を半ばとす」の覚悟で中華民族の偉大な復興をたゆまず推し進めていかなければならない。



全会は、次のように強調した。全党はマルクス・レーニン主義毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」重要思想、科学的発展観を堅持し、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想を全面的に貫徹し、マルクス主義の立場・観点・方法で時代を観察し、時代を把握し、時代をリードし、共産党の執政法則、社会主義の建設法則、人類社会の発展法則に対する認識を不断に深化させなければならない。党の基本理論・基本路線・基本方針を堅持し、「四つの意識」を強め、「四つの自信」を固め、「二つの擁護」を徹底し、系統的なものの見方を堅持し、「五位一体」の総体的配置を統一的に推進し、「四つの全面」の戦略的配置を調和的に推進し、新たな発展段階に立脚し、新たな発展理念を貫徹し、新たな発展の形を構築し、質の高い発展を推し進め、改革開放を全面的に深化させ、共同富裕を促進し、科学技術の自立自強を推進し、全過程の人民民主を発展させ、人民主体を保証し、全面的な法に基づく国家統治を堅持し、社会主義の核心的価値体系を堅持し、発展の中での民生の保障・改善を堅持し、人と自然の調和的共生を堅持し、発展と安全とを総合的に勘案し、国防・軍隊の現代化を加速させ、バランスをとりながら人民を豊かに、国家を強く、中国を美しくしなければならない。



全会は、次のように強調した。全党は永遠に人民大衆との血肉のつながりを保ち、人民を中心とする発展思想を貫き、絶えず最も広範な人民の根本的利益をしっかりと実現し、擁護し、発展させ、全国各民族人民を団結させ率いてよりよい生活のために奮闘しなければならない。全党は「憂患に生き、安楽に死す」ことを銘記し、常に憂患意識をもち平穏な時でも油断せず、新時代の党建設の新たな偉大なプロジェクトを引き続き推し進め、全面的な厳しい党内統治を堅持し、党風・廉潔政治建設と反腐敗闘争を揺るぐことなく推し進め、いかなる困難や試練にもくじけず負けず、中国の特色ある社会主義事業という船が波を蹴立てて果敢に突き進むように後押ししなければならない。



全会は、中国共産党第20回全国代表大会(第20回党大会)を2022年の下半期に北京で開催することを決定した。全会は次のように認識した。第20回党大会は、わが党が社会主義現代化国家を全面的に建設し、二つ目の百周年の奮闘目標を目指して突き進むという新たな征途に乗り出した重要な時期に開催する極めて重要な大会であり、党と国家の政治活動における大きな出来事である。全党は全国各民族人民を団結させ率いて難関を攻略し開拓邁進し、社会主義現代化国家の全面的建設、中国の特色ある社会主義の偉大な勝利の奪取、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現のために、新たな、より大きな貢献をし、優れた成績をあげて、第20回党大会の開催を迎えなければならない。



党中央は、次のように呼びかけた。全党・全軍・全国各民族人民は習近平同志を核心とする党中央を中心にいっそう緊密に団結し、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想を全面的に貫徹し、偉大な建党精神を大いに発揚し、過去の苦しみと輝きを忘れずに、現在の使命と責任を果敢に担い、未来の偉大な夢に応え、歴史を鑑とし、未来を切り開き、刻苦奮闘し、勇往邁進し、二つ目の百周年の奮闘目標の実現、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に向けてたゆまず奮闘しなければならない。過去100年に偉大な勝利と栄光をかち取った中国共産党と中国人民は、必ずや新時代の新たな征途においてより偉大な勝利と栄光をかち取ることができると、われわれは確信している。







―参考―









※ 2021.11.18 リンクを追加しました。