page contents

蔡総統が国慶節で演説、「四つの堅持」と台湾海峡両岸の平等な対話訴える(TAIWAN TODAY)

蔡総統が国慶節で演説、「四つの堅持」と台湾海峡両岸の平等な対話訴える(TAIWAN TODAY)









https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=148&post=209026&unitname=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%94%BF%E6%B2%BB&postname=%E8%94%A1%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E3%81%8C%E5%9B%BD%E6%85%B6%E7%AF%80%E3%81%A7%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%80%81%E3%80%8C%E5%9B%9B%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A0%85%E6%8C%81%E3%80%8D%E3%81%A8%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E4%B8%A1%E5%B2%B8%E3%81%AE%E5%B9%B3%E7%AD%89%E3%81%AA%E5%AF%BE%E8%A9%B1%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%82%8B





蔡総統が国慶節で演説、「四つの堅持」と台湾海峡両岸の平等な対話訴える





発信日: 2021/10/12 |







蔡英文総統が10日、国慶節祝賀大会で演説し、「自由民主の憲政体制」、「両岸は互いに隷属しない」、「台湾の前途は台湾人民の意志に従う」などの堅持を約束しようと国民に訴えた。写真は演説する蔡総統。(総統府サイトより)





蔡英文総統は10日午前、総統府前広場で行われた「中華民国中枢及各界慶祝110年国慶大会」(2021年中華民国双十国慶節祝賀大会)に出席し、「共識化分岐 団結守台湾」(共通認識で意見の対立を解消し、団結して台湾を守ろう)と題して演説を行った。内容は、「団結して強靭性を発揮し、世界と協力して感染症対策に取り組む」、「地域の情勢は複雑、空前の厳しい課題」、「団結して共通認識を形成、四つの堅持を約束」、「社会の力を結集し、重大な意見の対立を解消する」、「誇りと自信をもって手を取り合い、台湾は世界に歩み出す」の5つの部分に分かれる。



蔡総統はまず、新型コロナウイルスの感染が広がり始めて以来、台湾は今年5月から最も厳しい状況に陥り、その結果800人以上が亡くなったとし、「彼らはみな私たちの家族であり、友人であり、生命共同体の一員だった」と述べ、亡くなった人たちの家族に対して「最も真摯なお見舞いを申し上げる」とした。



注目の集まる台湾海峡両岸問題について蔡総統は、「(我々の)善意は変わらず、約束も変わらない。現状維持こそが我々の主張であり、我々は現状が一方的に変えられることを全力で阻止する」と述べた。また蔡総統は、両岸が隔たりを解決するには平等な対話が不可欠だとし、「我々は両岸関係の緊張が緩和されることに期待している。我々が軽率に動くことはないが、台湾人民が圧力に屈すると考えては絶対にいけない」と語った。



蔡総統はそして、今後も国防の充実を図り、自己防衛の決意を示していくとした上で、「誰も我々を中国の設定したルートに追いやることが出来ないようにしていく」と強調。これについて蔡総統は、「なぜなら中国の設定したルートに台湾の民主的で自由なライフスタイルはなく、ましてや2,300万人の主権などありえないからだ」と説明した。



蔡総統は、1949年に中華民国が台湾に足場を定めて以来72年が経過したと指摘。この72年の間に台湾の経済は貧困から豊かに、政治は権威主義から民主主義に、社会は一元的から多元的へと一歩一歩発展を遂げ、こんにちの中華民国台湾の新たな姿を実現したと評価。一方で蔡総統は、この発展過程において国の姿は大きく転換したが同時に不変の「堅持」もあったとし、それは主権の確保と国土の防衛だとする見方を示した。蔡総統は、この信念こそが、台湾を屹然として揺らがないようにし、その民主主義に実を結ばせたカギであり、また国軍が国を守り、戦う理由の基礎でもあり、そしてさらには台湾人民にとって代々続く「堅持」なのだと訴えた。



蔡総統は、「こうした『堅持』はこれまでずっと、一つの政党もしくは派閥の『堅持』ではなかった」と述べ、政党政治の中での競争は認めながら、この日祝賀大会に列席した国民党の朱立倫主席、民衆党の柯文哲主席、時代力量の陳椒華主席に対して、議題が国家の尊厳と人民の未来にかかわるのならばただちに団結すべきだと訴えた。



蔡総統は、「我々は互いに約束せねばならない」と呼びかけ、「永遠の堅持」を約束する事柄として、「自由民主の憲政体制」、「中華民国中華人民共和国は互いに隷属しないこと」、「主権への侵犯と併呑を許さないこと」、「中華民国台湾の前途は台湾の全ての人民の意志に従わなければならないこと」を挙げた。