page contents

日本の最新戦車は日本を防衛することができるのか?(Sputnik日本)

日本の最新戦車は日本を防衛することができるのか?(Sputnik日本)









https://jp.sputniknews.com/japan/202105298423168/





日本の最新戦車は日本を防衛することができるのか?









© AP Photo / Shinji Hasuo





© AP Photo / Shizuo Kambayashi





© AP Photo / Koji Sasahara





日本





2021年05月29日 21:30





筆者 : ドミトリー ヴェルホトゥロフ






日本の最新戦車である10式戦車は世界でももっとも高性能の戦車の一つとされている。2010年に生産が開始され、自衛隊に配備されている。しかし多くの利点を持つものではあるものの、この戦車が有事の際に、実際に日本を守ることができるのかについては疑問もある。





限られた戦闘能力



まず、この最新戦車は数が少ない。10式戦車は106輌しか作られておらず、現在、稼働しているのは76輌のみとなっている。2021年現在、自衛隊は合わせて1,004輌の戦車を保有しているが、最新戦車はそのうちのわずか7.5%にすぎず、これは日本の防衛力に大きな影響を及ぼすのに十分な数とはとても言えないものである。







© 写真 : China Military

新型UAVは中国「海兵隊」に優位性をあたえるか?






次に、上述の通り、調達された106輌のうち、稼働しているのは76輌しかなく、残りの30輌つまり28.3%は戦闘能力を持たないことになる。これは同タイプの近代の戦車にとっては良い数値と言えるものではなく、30年前に開発された74式戦車に近いものである。一方、90式戦車は全車輌が戦闘可能な態勢にある。



これは10式戦車には技術的な問題がある可能性を示唆している。



戦車が戦闘態勢にない場合に考えられる主な原因は、エンジン、トランスミッション、サスペンションの3つのみである。火砲や自動火器など兵器の部分である可能性は排除される。これらは簡単に取り替えることができるからである。



10式戦車のエンジンとトランスミッションは、従来のモデルのものとは異なる新式のものである。しかし、エンジンやトランスミッションに技術的な問題があったとしたら、試作車輌でそのことが確認され、採用には至らなかったはずである。



そこで考えうる原因はサスペンションということになる。サスペンションは履帯を戦車本体に固定するもので(10式戦車には10ある)、路面の凸凹を車体に伝えるのを防ぐ緩衝装置の機能を果たしている。緩衝装置は油圧と空気圧の両方の方式が用いられていると言われている。サスペンションには戦車の全重力がかかり、移動や攻撃の際にすべての負荷がかかることから、非常に重要な部分となっている。



高速で移動しているときや走行中の攻撃に際しては、サスペンションにきわめて大きな負荷がかかると考えられる。負荷がかかると、サスペンションのハードポイントに損傷を引き起こし、戦車は大々的な修理を行う必要に迫られる。







© Sputnik / Valeriy Melnikov

日本の新型砕氷船は学術のためではなく、地政学的に必要なもの






戦車の強度は、戦闘能力にとって重要な要素である。最新戦車のほぼ30%が運用されていないという事実は、10式戦車が限られた戦闘能力しか持たないということを物語っている。つまり完全な戦車として戦争で使用することはできないが、限られた機動力の自走対戦車砲として使用される可能性はある。



そうなれば、有事の際には、より古い74式戦車に乗り換えなければならなくなる可能性が高い。



この戦車は現在でも自衛隊の戦車部隊における主力戦車となっており、およそ550輌が稼働している。重量は38トンと小さいが、機動性が高い。





橋は重要な要素



日本は橋の数が多い。128万キロの道路に17,920本もの橋梁がある。つまり平均して71キロごとに1本の道路橋が架かっている計算である。



戦車の重量と橋の活荷重の関係は非常に重要な戦略的要素である。90式戦車は重量50.2トンで、国内の65%の橋を通過することができる(ドイツの戦車レオパルト2は40%ほどしか通過できず、これに比べれば良好と言える)。この数字は許容範囲内のものであった。というのも、90式はソ連の戦車に対抗するために生産されたものであり、北海道での戦車戦および東京の防衛を目的に開発されたものだからである。



しかしその後、ソ連からの攻撃の脅威が消え、最新の10式戦車はより軽量に作られた。重量44トンのこの戦車は、84%の橋梁を通過することができることから、日本のほぼ全領域で行動することが可能となっている。



しかし、もし10式戦車に技術的な問題があるとしたら、自衛隊が使えるのは74式だけとなる。







© Sputnik

陸自衛隊の戦車






日本にとって敵となりうる国がここ数年で変化したことを考えれば、これは非常に重要なことである。現在、日本が敵として警戒すべき国は中国であり、それにより、戦闘が繰り広げられると予想される場所が北から南へ、あるいはさらに南の島に移動した。島では90式のような重量50トンを超える戦車は走行できない。



沿岸地域の防衛における戦車の役割は、敵の空挺兵が降下し、拠点を制圧する前に、素早く攻撃し、殲滅することである。つまり戦車の機動性は反撃を成功させるための重要な要素なのである。







© 写真 : 谷歌地球衛星圖片

日米の共同訓練は尖閣防衛だけを目的としているのか?






中国には2006年に水陸両用戦車(30ミリ砲を搭載した05式水陸両用歩兵戦闘車ZBD–05、105ミリ砲を搭載した走行突撃車ZTD-05、さらに中国は105ミリ砲を搭載した63式水陸両用戦車およそ300輌を有する)が製造されたことから、空挺兵に反撃を加えるためには戦車が絶対的に必要である。



そこで中国軍が日本の島(たとえば沖縄)に空挺兵を派遣したとすると、強大な砲撃支援を持つことになる。歩兵隊がこうした空挺兵に対抗するのは難しく、戦車が必要となるのである。戦車は水陸両用戦車から降り立つ空挺兵にどんな場所でも反撃しなければならず、戦車は高い機動性を持ち、あらゆる橋を通過できなければならない。そしてこの条件をクリアしているのは74式戦車だけである。



10式戦車には10億ドル以上が拠出されたにもかかわらず、国の防衛力を高めるものになっておらず、実際に戦闘が必要となったときには30年以上も前に開発された戦車に頼らなければならないというのは、なんとも皮肉な話である。





関連記事





タグ 自衛隊, 軍事, 武器・兵器