page contents

「放射能汚染水:風刺作品『神奈トリチウム沖浪裏』をめぐり」(Sputnik日本・チャイナネット)

放射能汚染水:風刺作品『神奈トリチウム沖浪裏』をめぐり」(Sputnik日本・チャイナネット)















(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/japan/202104288351293/





外相、中国の処理水皮肉に抗議 北斎模倣「心ない書き込み」





日本





2021年04月28日 10:36






茂木敏充外相は28日の衆院外務委員会で、葛飾北斎の浮世絵を模倣した絵で東京電力福島第1原発の処理水放出問題を皮肉った中国外務省の趙立堅副報道局長のツイッター投稿について「中国に対して厳重に抗議する」と述べた。「心ない書き込みは、あってはならない」とも指摘した。





趙氏は、中国のイラストレーターが作ったという北斎の代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のパロディー画を投稿。防護服を着た人物が船からバケツで液体を流す様子などが描かれ「北斎が生きていれば非常に心配していただろう」と書き込んだ。



(c)KYODONEWS





タグ 日本











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/politics/202104288353203/





中国外務省報道官「謝るのは日本政府のほうだ」 北斎浮世絵を使った原発処理水放出の批判について







© REUTERS / Toru Hanai





政治





2021年04月28日 20:10短縮 URL





トピック 福島第一原発の処理水海洋放出






中国外務省の趙立堅報道官は、福島第一原発処理水の海洋放出をめぐり、ツイッター葛飾北斎の浮世絵を模倣して揶揄したことに続き、28日の記者会見で「原発処理水について日本は謝罪し、間違った決定を取り消さなければならない」と発言した。浮世絵を使った批判については、日本政府が「汚染水」処理問題を海洋放出という形で一方的に決めたことに対する中国民の懸念と不満を表していると語った。







© AFP 2021 / Philip Fong

韓国原子力学会 処理水海洋放出による影響は「微々たるもの」=マスコミ






趙立堅・中国外務省報道官は26日、自身のツイッター葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」の模倣版を投稿した。原画の富士山が原発に置き換えられ、化学防護服に身を包んだ人々が舟から放射能汚染水と見られる緑色の液体を海に流す様子が描かれている。報道官は「もし北斎が生きていたら、彼も非常に心配しているだろう」と書き込んだ。このツイッターに対し日本の茂木外相は外交ルートを通して中国側に厳重に抗議するとコメントした。



趙報道官は記者団の質問に対し「私がツイートを削除して謝罪するかって?お気づきの通り、このツイートはページのヘッドに固定してある。イラストは国民の声を代弁している。間違った決定を取り消し、謝罪するのは日本政府のほうだ」と答えた。



趙報道官によると、ここ数日にわたり、世界中が日本政府の決定に抗議を示しているが、日本政府は気づかぬフリをしているという。「どういう場合に日本政府がこのイラストに憤慨できるのか。彼らこそ世界中の反対派の意見に耳を傾け、自らの責任に真正面から向き合い、義務を完全に果たし、間違った決定を取り消さなければならない」と結んだ。





関連ニュース





トピック 福島第一原発の処理水海洋放出





タグ 日本, 中国












(チャイナネット)

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2021-04/29/content_77451709.htm





japanese.china.org.cn |29. 04. 2021





悪事を働く日本、他人の指摘も拒否=外交部の趙立堅報道官





タグ: 葛飾北斎 神奈川沖浪裏 汚染水 イラスト











日本の核汚染水の問題について、外交部の趙立堅報道官はSNSで2枚の絵を投稿した。1枚は日本の画家、葛飾北斎による「神奈川沖浪裏」で、もう1枚は中国のイラストレーターによる風刺作品「神奈トリチウム沖浪裏」。さらに「原作者の葛飾北斎が生きていれば、日本の汚染水問題を非常に心配していただろう」という文字も投稿した。



日本側はその後、本件について趙報道官に削除と謝罪を求めた。



趙報道官はこれを受け28日、「この新作品は日本政府による一方的な福島核汚染水の海洋放出の決定に対する中国人の懸念と不満を反映している。日本側の間違いが先にあり、我々の抗議が後にある。日本側は悪事を働きながら他人に指摘させないのか。日本側の一部の当局者は知らぬふりを続けている、なぜ1枚のイラストに血相を変えているのか」と述べた。



趙報道官は「投稿をトップに固定した。イラストが反映するのは正当な民意、正義の呼び声だ。間違った決定を撤回し謝罪すべきは日本政府の方だ」と述べた。





 「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年4月29日