page contents

ツイッター社、トランプ氏の個人アカウントを永久凍結、「暴力行為をさらに扇動する恐れ」 (BBC NEWS JAPAN)/ツイッター社の株 トランプ氏のアカウント凍結後に4%値下がり(Sputnik日本)/トランプ氏のツイッター永久停止 「世界が米国を嘲笑っている」=トランプ氏長男(Sputnik日本)

ツイッター社、トランプ氏の個人アカウントを永久凍結、「暴力行為をさらに扇動する恐れ」 (BBC NEWS JAPAN)/ツイッター社の株 トランプ氏のアカウント凍結後に4%値下がり(Sputnik日本)/トランプ氏のツイッター永久停止 「世界が米国を嘲笑っている」=トランプ氏長男(Sputnik日本)









https://www.bbc.com/japanese/55583622





ツイッター社、トランプ氏の個人アカウントを永久凍結、「暴力行為をさらに扇動する恐れ」





2021年1月9日 11:14



更新 2021年1月9日 11:55








Reuters

ドナルド・トランプ米大統領は6日にツイッターアカウントを一時凍結された後に再び動画を投稿した。写真は投稿された動画の静止画






ツイッター社は8日、「暴力行為さらにを扇動する恐れがある」として、ドナルド・トランプ大統領の個人アカウントを永久凍結したと発表した。同氏は6日に、大統領選の投票結果を認定する上下両院合同会議が開かれている連邦議会に侵入した自分の支持者たちに向けて「皆さんが大好きだ」などと投稿し、アカウントが12時間にわたり一時凍結されていた。



ツイッター社はアカウントの永久凍結について、「@realDonaldTrumpアカウントの最近のツイートとその文脈を詳しく検討した」結果だと説明した。



同社は永久凍結の理由として、トランプ氏が「尋ねていた人たちへ」として、自分は1月20日の大統領就任式に欠席すると述べた最新のツイートが、支持者たちには式典攻撃を正当化するものと受け止められていると指摘。さらに、連邦議会や各州議会の議事堂を1月17日に襲撃するという次の攻撃計画が、すでにツイッターその他で拡散されていると述べている。



自分の個人アカウントが永久凍結された後、トランプ氏は米政府が持つ大統領の公式アカウント「@POTUS」からツイート。「近い将来、自分たちの独自のプラットフォームを作ることを検討している」、「我々は沈黙させられたりしない」と反発。ツイッターは民間企業だが連邦通信品位法(CDA)第230 条で守られていなければ「長く存続できない」、「近く大発表をする」などと書いた。ツイッター社は連投されたこのツイートを直ちに削除した。







Twitter





ツイッター社は、トランプ氏が使おうとしたトランプ選対のアカウント「@teamtrump」も凍結した。



トランプ氏のアカウント永久凍結を受けて、トランプ氏の側近で選対委員長だったジェイソン・ミラー氏は「ひどい話だ(中略)みんなが次に襲うのは自分だと思わないなら、それは間違いだ」とツイートした。



8日にはグーグル社も、トランプ氏の支持者が大勢活用するソーシャルメディア・プラットフォーム「Parler(パーラー)」を、オンライン・アプリ・ストアで凍結した。グーグル社は「アメリカで続く暴力行為を扇動する投稿がパーラー・アプリで続いているのは承知している」と説明した。





凍結に至ったツイート



トランプ氏は6日、議事堂を襲撃した暴徒を「大好きだ」「愛国者だ」と呼ぶなど、複数のメッセージを投稿した。これを受けツイッターはトランプ氏のアカウントを12時間にわたり一時凍結。規約違反が繰り返されれば「永久に」トランプ氏の利用を禁止すると警告していた。



一時凍結が解除されると、トランプ氏は「自分のために投票してくれた7500万人の偉大なアメリカの愛国者、『アメリカ第一』、『アメリカをまた偉大にしよう』に投票した人たちは、今後も長いこと巨大な声を持つ。決して不当な扱いを受けたり、見下されたりしない。どのような形でも!!!」とツイートした。



ツイッター社はこれについて、「アメリカの愛国者」という表現は議事堂襲撃を支持する意味だと、一部の支持者が受け止めており、「トランプ大統領は『整然とした政権移行』を円滑に進めるつもりがないことの印だと、解釈されている」と述べた。



トランプ氏はその次のツイートで、「尋ねていた人たちへ、自分は1月20日の就任式に行かない」と書いた。



ツイッター社はこれが、「選挙は正当ではなかったと、あらためて確認するものだと、複数の支持者が受け止めている」と指摘。さらにこのツイートは、自分が出席しない就任式は攻撃標的として「安全だ」と、暴力を企てる勢力への応援となるかもしれないと、ツイッター社は書いている。



同社は、2つのツイートがいずれも「暴力賛美」を禁止する規約違反だと判断したと説明した。



「今週の恐ろしい出来事の文脈から、私たちは6日の時点で、ツイッター利用規約にさらに違反すれば、こういう結果になると明示していた」とツイッターはブログで書き、ツイッターの「公共の利益の枠組み」は「公職にある人や各国首脳から一般市民が直接聞くことができるようにする」ためのものだが、「こういうアカウントは決して規約の対象外ではなく、ツイッターを使って暴力を扇動することはできない」と述べた。



ツイッター社はほかに、トランプ氏に忠実な支持者のマイケル・フリン元大統領補佐官と、不正選挙だったという主張を証拠を示さず繰り返していたシドニー・パウエル弁護士のアカウントも永久凍結した。



議会襲撃を受けてツイッター社員約350人が、ジャック・ドーシーCEOに、大統領のアカウントを禁止するよう連名の手紙で呼びかけていた。社員たちは「(ツイッターは)トランプのメガホンになり、1月6日の流血沙汰に、我々が燃料を提供する結果になってしまった」と書いていた。





他のオンライン・プラットフォームも



こうした中、米フェイスブックは7日にトランプ氏のアカウントを「無期限に」凍結したと発表した。人気ゲームプラットフォームのツイッチも、支持者集会の放送で使用されていたトランプ氏のチャンネルの使用を無期限禁止にした。スナップチャットも同様の措置をとった。



オンラインショップ・プラットフォームのShopify(ショピファイ)は、トランプ関連商品を扱うオンライン・ショップを閉鎖した。オンライン掲示板「レディット」は、トランプ氏支持者のフォーラムを閉鎖した。



トランプ氏は、ジョー・バイデン次期大統領の勝利を連邦議会が確定する6日に、支持者たちにワシントンに集まるよう呼びかけていた。



連邦議会の審議中に起きた議会襲撃の前、トランプ氏はホワイトハウス前の支持者集会で、「我々は決して諦めない、決して負けを認めない」、「この国を取り戻すには、決して弱さを見せてはならない」と主張。実際に圧勝したのは自分だと繰り返し、支持者たちに、連邦議会へ向かって進むよう呼びかけていた。



議会襲撃では、市民4人と議会警察の警官1人が死亡した。





<関連記事>










<解説>ツイッターアカウントの永久凍結、トランプ主義への影響は――ジェイムズ・クレイトン、北米テクノロジー記者



ドナルド・トランプ氏はツイッターが大好きで、メッセージ発信のため一番活用したのがツイッターだった。



トランプ氏はツイッターの短文形式を好み、メディアを経由せず、自分がクリックするだけで数百万人もの人に発信できるのが好きだった。



ツイッターは、6日にトランプ氏支持者が議事堂を襲撃してから約48時間後にアカウントの永久凍結という決断を下した。ソーシャルメディア大手にとって、容易な措置ではなかったことがうかがえる。



トランプ氏がツイッターを利用することで同社プラットフォームは大きな恩恵を受けてきた。世界で最も強い権力の持ち主が何を言うか、最新情報を確認するため大勢がツイッターに集まったからだ。



しかしツイッターは今回、いくつもの理由を挙げてトランプ氏のアカウントを永久凍結した。



トランプ氏が今後も暴力行為を扇動する可能性があることなどが理由だが、同氏の力が急速に低下していることも要因だ。同氏は今や一般人と同様の扱いを受けている。



普通の人なら、偽情報やフェイクニュースを繰り返し拡散し、暴力行為を扇動すれば、主流ソーシャルメディアから追い出されてしまう。



主流メディアの後ろ盾なしにトランプ主義は生き残れるのか。それともただインターネットの影に身を潜めてしまうのか。それが今の大きな疑問だ。





(英語記事 Twitter permanently suspends Trump's account











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/business/202101098069595/





ツイッター社の株 トランプ氏のアカウント凍結後に4%値下がり







© AFP 2020 / Olivier Douliery





経済





2021年01月09日 20:07






ツイッター 社がトランプ現大統領のアカウントを凍結したことを受け、同社の株は4%値下がりし49.54ドルとなった。米ケーブルニュースチャンネル「フォックスビジネス(FOXBusiness)」が伝えている。





同チャンネルによると、取引はアカウント凍結後およそ1時間半後に終了。



ツイッター社は前日に「暴力をあおる危険がある」としてトランプ氏の個人アカウントを凍結。その後、トランプ大統領ツイッターに「自分を沈黙させることはできない」という内容の声明を発表。この投稿はSNS側により削除された。トランプ氏の選挙陣営アカウントも同じく凍結されている。







© Sputnik / Dmitry Parshin

2020年の脅威によって深まる米国内の分裂






ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、その他SNSは、それぞれ期間は異なるものの、トランプ氏のアカウントを一時凍結した。こうした対処のきっかけとなったのは、1月6日に選挙結果を不満として連邦議会にトランプ氏の支持派が乱入、これら抗議参加者に向けたトランプ氏のメッセージだった。トランプ氏は抗議参加者を「愛国者」と呼び、選挙は不正であったと主張した。一方でトランプ氏は支持派に対し平和的に行動するよう呼びかけ、後に彼らの行動を非難している。



ツイッターはその後、トランプ氏がアカウント凍結を回避しようとする試みを阻止するつもりであると発表。また@POTUSおよび@WhiteHouseの両アカウントの停止はしないものの、今後は使用制限措置を適用するという。





タグ ツィッター, ドナルド・トランプ











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/us/202101108069941/





トランプ氏のツイッター永久停止 「世界が米国を嘲笑っている」=トランプ氏長男







© AP Photo / Carolyn Kaster





米国





2021年01月10日






ドナルド・トランプ米大統領の息子ドナルド・トランプ・ジュニア氏が、トランプ大統領ツイッターのアカウント停止をうけ、声明を発表。「世界が米国を嘲笑い、毛沢東レーニンスターリンも微笑んでいる。言論の自由はもはや存在せず、強力な左翼によって支配されている」などと述べた。





ドナルド・トランプ・ジュニア氏は、ツイッターでこのように記した。





世界が米国を嘲笑っている。毛沢東レーニンスターリンも微笑んでいる。大手ハイテク企業が大統領を検閲することなどできるだろうか?言論の自由はもはや存在せず、強力な左翼によって支配されている。












また、トランプ・ジュニア氏は、トランプ大統領に続いて自身のアカウントが凍結された場合に備え、自身のウェブサイトのリンクを掲載。支持者にウェブサイトへの登録を呼びかけた。







© AP Photo / Evan Vucci

トランプ氏、バイデン次期大統領の就任式に出席せず






ツイッター社は、トランプ氏のアカウントがさらなる暴力をあおる危険があるとして、トランプ氏の個人アカウントを永久に凍結した。さらに今週、ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、その他SNSは、それぞれ期間は異なるものの、トランプ氏のアカウントを一時凍結した



こうした措置のきっかけとなったのは、1月6日に選挙結果を不満として連邦議会トランプ氏の支持派が乱入、これら抗議参加者に向けたトランプ氏のメッセージだった。トランプ氏は抗議参加者を「愛国者」と呼び、選挙は不正であったと主張した。一方でトランプ氏は支持派に対し平和的に行動するよう呼びかけ、後に彼らの行動を非難している。





関連ニュース







タグ ツイッター, 大統領選挙, 米国, ドナルド・トランプ







※ 2011.1.10 内容を追加しました。