page contents

バイデン氏が勝利宣言 国民に分断の克服呼び掛ける/トランプ大統領が再び勝利宣言「数百万の票が盗まれた」(Sputnik日本)

バイデン氏が勝利宣言 国民に分断の克服呼び掛ける/トランプ大統領が再び勝利宣言「数百万の票が盗まれた」(Sputnik日本)









https://jp.sputniknews.com/world/202011087917866/





バイデン氏が勝利宣言 国民に分断の克服呼び掛ける







© REUTERS / Kevin Lamarque





国際





2020年11月08日 07:49(アップデート 2020年11月08日 07:53)






接戦が続いていた米大統領選では民主党ジョー・バイデン氏が当選に必要な過半数の選挙人を手にし、同氏の勝利が確実となった。これを受けてバイデン氏は勝利を宣言する声明を発表した。





先に米国メディアはバイデン氏の勝利について報じていた







© AP Photo / Evan Vucci

「国民のため」不正投票との戦いを継続=トランプ氏






選挙結果を受けてバイデン氏は声明を発表し、国民からの信頼に謝意を表した。バイデン氏の声明には「米国民が私に大統領職を望んだことは、わたしにとって大いなる名誉である」と記されている。



また、バイデン氏は今回の大統領選で、過去に例を見ないほど高い投票率に達したことを指摘した。そのうえで、「キャンペーン終了後は怒りと辛らつなレトリックを捨て、国民として団結しよう」と呼びかけた。



バイデン氏の勝利宣言を受けて各国の首脳が祝電を送っている。



バイデン氏は現地時間で7日20時(日本時間の8日10時)から勝利演説を行う見通し。





関連ニュース







スプートニク通信はオンライン中継で投票結果を追っています。最新情報はこちらをご覧ください。





タグ 米国











https://jp.sputniknews.com/world/202011087917885/





トランプ大統領が再び勝利宣言「数百万の票が盗まれた」







© AP Photo / Evan Vucci





国際





2020年11月08日 09:09(アップデート 2020年11月08日 09:11)





トピック 2020年米国大統領選挙






大統領選の集計作業が続く米国ではトランプ大統領が再び勝利宣言を発表した。民主党ジョー・バイデン氏も勝利宣言を発表しており、裁判での敗北が決定するまでトランプ陣営は敗北を認めない見通し。





トランプ大統領ツイッターに投稿し、一部の選挙所で監視人が投票所への入室を拒否された事例について指摘した。そのうえで、「私が選挙で勝利した、7100万票もの正当な票を獲得した」と記した。



また、郵便投票の制度について言及した中で、問題を改めて強調した。





酷い事態となり、我々の監視人に確認を行わせなかった。こんなことはかつてなかった。数百万の投票用紙が違う人物に送られていたのだから!



THE OBSERVERS WERE NOT ALLOWED INTO THE COUNTING ROOMS. I WON THE ELECTION, GOT 71,000,000 LEGAL VOTES. BAD THINGS HAPPENED WHICH OUR OBSERVERS WERE NOT ALLOWED TO SEE. NEVER HAPPENED BEFORE. MILLIONS OF MAIL-IN BALLOTS WERE SENT TO PEOPLE WHO NEVER ASKED FOR THEM!

— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) November 7, 2020






この投稿を受けてツイッター側はすぐにマークを貼りつけ、「不正投票に関する発言は議論が分かれています」と読者に注意を促した。







© AFP 2020 / Brendan Smialowski

ペンシルベニア州の郵便投票は個別に集計へ 連邦最高裁の決定






トランプ陣営は一部の州で訴訟手続きを進めており、これらの裁判で敗訴が決定した場合、陣営側は敗北を認めるとしている。トランプ大統領側は一部の州で不正があったとみており、集計作業を停止し、共和党の監視人を開票所に通すよう求めている。



米国メディアはジョー・バイデン氏の勝利を報じており、各国首脳も大統領選での勝利を祝福している。





関連ニュース







スプートニク通信はオンライン中継で投票結果を追っています。最新情報はこちらをご覧ください。





トピック 2020年米国大統領選挙





タグ 米国