page contents

「プーチン露大統領と菅義偉首相との電話会談」(在日ロシア連邦大使館・首相官邸・Sputnik日本)[2020.9.29]

プーチン露大統領と菅義偉首相との電話会談」(在日ロシア連邦大使館首相官邸・Sputnik日本)[2020.9.29]









在日ロシア連邦大使館

https://tokyo.mid.ru/web/tokyo-ja/-/v--5





V. プーチン・ロシア大統領と日本の菅義偉首相との電話会談





2020年9月29日、ウラジーミル・プーチン大統領と菅義偉首相との電話会談が行われた。



プーチン大統領からは、すでに祝電は送られているものの、改めて管首相に首相就任への祝意が述べられた。



双方は、近年、政治・経済貿易・文化・人的交流の分野で両国間の対話と協力が進展し成果を挙げていることに言及するとともに、今後、新型コロナウィルスワクチンの開発をはじめとする医療分野で相互活動を行っていく可能性を話し合った。



また、両国の国民およびアジア太平洋地域全体の利益のために、二国間のあらゆる関係の推進に向け努力を続けていくことで、互いの意思を確認した。



感染状況の正常化に向け、さまざまなレベルでのコンタクトを続けていくことを決定した。

















首相官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202009/29bura.html





令和2年9月29日



プーチン・ロシア大統領との電話会談についての会見





令和2年9月29日、菅総理は総理大臣官邸で会見を行いました。



総理は、ロシア連邦ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領との電話会談について、次のように述べました。



「先ほど、プーチン大統領と電話会談を行いまして、大統領からは、私の総理就任への祝意を頂きました。私からは、平和条約締結を含む日露関係全体を発展させていきたい、北方領土問題を次の世代に先送りさせず終止符を打ちたい、こうした旨申し上げました。プーチン大統領としっかり取り組んでいきたい。またプーチン大統領からは、二国間のあらゆる問題について対話を継続していく、そうした発言がありました。プーチン大統領と今後、率直に意見交換ができる、そうした手応えを感じました。また我が国としては、領土問題を解決して平和条約を締結する。この基本方針の下に粘り強く交渉していきたいと思います。そして大統領、また私からも、それぞれ近いうちにお互いに対面の中でこうした日露関係について率直に話し合いたい、こうしたことで合意しました。」











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/japan/202009307813564/





菅政権、ロシアとの交渉における安倍前政権のアプローチを失敗とみなす=朝日新聞







© REUTERS / Kim Kyung-Hoon





日本





2020年09月30日 18:08(アップデート 2020年09月30日 18:31)






朝日新聞は29日、日本の菅政権はロシアとの平和条約及び領土問題交渉における安倍前政権のアプローチを失敗だったとみなしていると報じた。







© REUTERS / Issei Kato

菅義偉首相がベトナム、インドネシア訪問へ






朝日新聞は、安倍前首相はロシアのプーチン大統領と計27回の首脳会談を重ねて南クリル(北方4島)の問題解決を目指し、ロシアとの交渉では事実上の2島返還へ方向転換し、「4島返還というこれまでの原則を結果的に曲げてまで2019年の大筋合意を模索したが、実現できなかった」と指摘、菅政権は安倍前政権のアプローチを「失敗」だったとみなしていると報じた。



朝日新聞によると、菅政権幹部は「本気で島を取り返したいなら、もっと巨額の経済協力が必要だった。前政権のアプローチが失敗だったのは明らかだ」と指摘しているという。



一方、朝日新聞は、2018年に首脳間で合意した4島のうち2島の返還を明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎にした平和条約交渉は「首脳間の合意で重い意味を持つ」と報じている。



朝日新聞が日本政府を引用して報じたところによると、29日に実施された菅首相プーチン大統領の電話会談でも1956年の宣言を基礎に交渉を加速させるという合意が改めて確認されたという。



29日、露日首脳電話会談が行われた。プーチン大統領菅首相は、コロナウイルスのワクチン製造を含めた医療分野での相互協力の展望を話し合った。





タグ 日本