page contents

「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」は「一国二制度」事業の重要な一里塚/香港地区の長期繁栄・安定のために「防波堤」を築く(人民網日本語版)

中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」は「一国二制度」事業の重要な一里塚/香港地区の長期繁栄・安定のために「防波堤」を築く(人民網日本語版)













http://j.people.com.cn/n3/2020/0701/c94474-9705847.html





中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」は「一国二制度」事業の重要な一里塚





人民網日本語版 2020年07月01日14:30











国務院新聞弁公室は7月1日に記者会見を開いた。国務院港澳(香港・マカオ)事務弁公室の張暁明副主任は、「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の意義と影響について次の4つの観点を示した。



第1に、この法律は「一国二制度」事業の重要な一里塚だ。香港特別行政区基本法に続いて、中央政府が香港地区のために特別に制定した2つ目の重要な法律だ。この法律は「一国二制度」の全面的で正確な貫徹のための全体的要求を体現し、「一国二制度」の原則とボトムラインをさらに法律として明文化し、香港特別行政区において国家の安全を脅かすリスクを予防・抑制するための制度上の防壁を固め、「一国二制度」を安定的かつ長期的に実践していくうえで深い影響をもつものだ。



第2に、この法律は中央政府の対香港地区政策十全化の新たな象徴だ。中国共産党第19期中央委員会第4回全体会議における重大計画を実施するうえでの重要な措置だ。この法律は中央政府が対香港地区政策制度のトップレベルデザインをより重視し、法治の思考をより重視し、個別対策と抜本的対策を兼ね備えることと剛と柔の協調をより重視し、憲法と香港地区基本法中央政府に与えた権利をしっかり行使することを重視するとともに、香港特別行政区のガバナンスシステムと有機的に結合させることにより、香港地区情勢発展の大きな方向性と主導権をしっかり把握することを示すものだ。



第3に、この法律は香港地区の繁栄と安定の「守護神」だ。国家の安全に重大な危害を与える極めて少数の犯罪分子を処罰するためのものであり、香港地区の事に干渉する外部勢力にとって警告となるものであり、圧倒的多数の香港地区住民の生命と財産の安全および各種の権利と自由を十分に保護するもので、これには香港地区在住の外国人投資家の合法的な権利を十分に保障することも含まれる。従ってこの法律は香港地区の繁栄と安定にとって海を鎮める「定海神針」のような役割を果たすことになる。



第4に、この法律は香港地区の発展が正常な軌道に再び戻るための転換点だ。1週間前、私が香港地区で各界関係者からこの法律の起草に対する意見を聴取した時には、工商界の大物も、専門的エリートも、大学の学長も、タクシーの運転手も、誰もが昨年6月に香港地区で起きた「逃亡犯条例改正案」騒ぎの後に出現した混乱や惨状に非常に心を痛めていた。座談会では、たくさんの香港地区の人々が「香港地区の混乱を治め、絶体絶命の状態から抜け出して再生するには、今がまさにその時だ」という見方を示していた。私はこの法律が確実に状況を転換し、局面を転換する効果を上げられると考えている。(編集KS)





人民網日本語版」2020年7月1日









http://j.people.com.cn/n3/2020/0702/c94474-9706289.html





香港地区の長期繁栄・安定のために「防波堤」を築く





人民網日本語版 2020年07月02日11:31





全国人民代表大会全人代)常務委員会は6月30日、「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」を可決するとともに、これを香港基本法付属文書三に盛り込んだ。香港特別行政区がこれを現地で公布・施行した。国家の安全の面における香港地区の長年の「無防備」状態が変えられるとともに、香港地区の長期的な繁栄と安定を保障する「防波堤」が築かれつつある。(文:人民日報論説員)



昨年6月の香港地区の「条例改正騒動」以来、「香港独立」分子、過激な分離勢力、そして反対派の活動が香港地区の法治を深刻に踏みにじり、社会的安定を破壊し、香港地区の経済に大きな痛手を与え、香港地区のビジネス環境と国際的イメージを損ない、香港地区に対する外国人投資家の信頼に影響を与えてきた。世界的に権威ある機関は続けざまに香港地区の信用格付けを引き下げ、香港地区は25年間保ってきた世界で最も自由なエコノミーとしての地位を失い、世界の金融センターとしてのランキングも6位に下落した。香港地区の経済は今年第1四半期に8.9%と大幅に縮小した。これは記録が残る中で四半期として最大の縮小幅だ。3月から5月の失業率は過去15年間で最悪の5.9%に上昇した。これはまさに香港地区が現在直面している厳しい現実だ。



国家の安全を維持することは香港地区の繁栄と安定の基礎であり前提条件だ。過去1年あまりの香港地区情勢の変化は、国家の安全が維持されなければ、繁栄と安定など語りようがないことを十分に示している。国家の安全の維持における法的空白によって、すでに香港社会は痛ましい代償を支払ったという事実を、我々は直視しなければならない。速やかにこの法的空白を埋め、有効な措置を講じて暴力と混乱を阻止し、香港地区の良好な法治環境とビジネス環境を回復することは、香港社会の各階層、各界、及び外国人投資家の共通利益にかない、国際金融・貿易・海運センターとしての香港地区の地位を保つための重要な条件でもある。



国家の安全の基盤が堅固で、社会の大局が安定していて初めて、経済や民生などの深いレベルの矛盾や問題を解決するための良好な環境を築き、より大きな空間を勝ち取ることができる。香港地区が国家の安全の維持において厳しい情勢に直面し、かつ関係する法律を自ら制定することができない中、中央政府が果断な措置を講じ、国家のレベルから香港地区における国家の安全を維持する法制度と執行メカニズムを確立し、整備する。これは国家安全上のリスクを有効に防止・抑制するための喫緊の課題であり、香港地区の長期的な繁栄と安定を確保するための根本的対策でもある。国家の安全の維持における香港地区の法的空白と制度的欠陥を補い、香港地区の長期的な繁栄と安定における主要な潜在的リスクを取り除いて初めて、香港地区は混乱に終止符を打ち、正常な軌道へ戻る転機を迎えられると言える。



中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の施行に伴い、国家の安全の譲れぬ一線が一層はっきりし、是非の基準が一層明確になり、人為的に引き起こされた対立による無駄な消耗が減少し、全社会が身軽に前進し、発展に焦点を合わせることができるだろう。香港市民にとっては、平穏な生活を送り、『黒衣の暴徒』に脅されない自由を得られる。安心して店を開け、経営できる自由を得られる。正常な通勤や通学をし、邪魔されない自由を得られる。香港社会にとっては、安定した環境を得られ、住宅など深いレベルの経済的・社会的矛盾を解決する望みが得られる。社会的動揺が終息し、市場への自信が強まり、各業界がより良く発展できる希望が得られる。香港地区は正常な軌道に戻り、社会は守るべき一線を共有し、「一国二制度」の優位性をさらに発揮できる希望が得られる。(編集NA)





人民網日本語版」2020年7月2日