page contents

カルロス・ゴーン氏が報道陣を前に、自身に対する「組織的キャンペーン」を非難する (RFI)

カルロス・ゴーン氏が報道陣を前に、自身に対する「組織的キャンペーン」を非難する (RFI)











(Devant la presse, Carlos Ghosn dénonce une «campagne orchestrée» contre lui: RFI)

http://www.rfi.fr/moyen-orient/20200108-direct-carlos-ghosn-je-ai-pas-fui-justice-mais-injustice



カルロス・ゴーンレバノン日本司法フランス自動車企業





カルロス・ゴーン氏が報道陣を前に、自身に対する「組織的キャンペーン」を非難する







記者 RFI





発表 2020年1月8日・更新 2020年1月8日17:32








カルロス・ゴーン氏、2020年1月8日ベイルートにて。

REUTERS/Mohamed Azakir






日本を脱出しレバノンに到着して10日経った1月8日水曜日、このルノー日産の元経営者はベイルートで世界の報道関係者を前にして初めて公式に発言した。記者会見は2時間を超え、意気盛んなカルロス・ゴーン氏はそこで自身に及んだ事件について業界・個人・政治の観点から大いに語った





記事は声明の流れに沿って更新されますので、クリックして更新して下さい





「2018年11月19日以来、私には自由な時間が一時もなかった。」カルロス・ゴーン氏は来訪した世界の報道関係者に御礼を言うと、拘置所で過ごした数ヶ月間について語り始めた。実際、日本で逮捕されて以来、彼が公の場で発言するのは今回が初めてだ。



このルノー日産の元経営者は、「私がここにいるのは日本を離れた方法を説明するためではない」と直ぐに述べた。「自分と家族を守るためには逃げるしか選択がなかった。」



また、彼は自分は近親者や家族から「引き離された」と言った。保釈後も、彼は妻などとの接触を禁じられていた。





日産と日本の司法に照準を合わせる





「私は逮捕されるようなことは何もしていない」と、彼は続けた。「[…]私に対する告発は虚偽のものだ。」この失脚した自動車業界の大物は日本で財務上の不正により告訴されているが、彼は今日これらの容疑について「根拠がない」と表現した。



その後、カルロス・ゴーン氏の非難は熱を帯びた。彼は特に「日産の経営陣・検察当局」を攻撃した。彼によれば、それらが「[自分の]苦難の元」だ。「2017年の始め、[日産の]業績悪化が始まったのに時を合わせてこの事件は始まった。」



この元会長・彼の近親者・彼の弁護人は実際に、彼はルノーと日産の合併を準備したために日産と日本当局が共謀して企んだ「陰謀」の犠牲になったと主張している。「ルノーが日産に及ぼす影響を排除するには私を排除するしかないと考える人たちが、私の日本の友人の中にいた」と彼は水曜日に語った。



「日本政府の内部で何が起きているのかを、私が皆さんに話すことは出来る。私は自分が知っている名前を出したい。しかし、私はレバノンにいる。レバノンを尊敬している。だから、[レバノンの人たちの]仕事を複雑にするようなことは絶対にやりたくないし言いたくない。」この実業家は自分の告発を裏付ける文書を持っていると主張した。





「私は日本が大好きだ」





記者会見の終わりに、カルロス・ゴーン氏は日本と日本国民にもメッセージを送った。「私は汚くて冷たい独裁者と呼ばれた。それは間違いだ、私は日本が大好きだ」と彼は言った。



しかし、彼は「国の人質にされていると感じた」とも主張した。「日本で正義を得ることが出来なくても他所では得られる。」



記者たちからの質問の前に、このルノー・日産の元経営者の―英語の―声明は合計で1時間続いた。



日本メディアが記者会見の場に殆ど出席していないことについて質問されると、カルロス・ゴーン氏は日本の記者たちが日本の検察側の発言を分析しなかったことや、この事件のことで検察側と十分な距離を取らなかったことを非難した。





レバノン





このルノー・日産の元会長は、支援体制のことを考えてレバノンを選んだと語った。記者たちに質問されて、レバノン当局が彼を引き渡さない保証は全くないが、そういった前例がないことや法律上の理由から安心していると述べ、また、レバノン大統領を信じていると改めて述べた。





フランスについては沈黙した





カルロス・ゴーン氏は、日産とルノーに対する自分の権利を法廷で主張していくと述べた。フランスに支えられていると感じていたかどうかを尋ねられると、カルロス・ゴーン氏は困惑を見せてこの話題を避けた。「皆さんが私ならどう感じますか?」彼は自分がフランス市民であることに触れ、「他の市民より下でなく他の市民と同様に」扱われるよう望むと語った。脱出の状況について、彼は記者会見の最初に表明したように詳細を述べなかったが、脱出に成功した後で「生きている」と感じたと説明した。



もしフランスの予審判事に呼び出された場合の彼の対応についてのフランス日刊紙・リベラシオンの記者からの質問に、ゴーン氏は出席すると答えるだろうと述べた。2012年以降は彼がフランス税法上の居住者でなかったことについて、彼は法律がフランス人の経営者に対して変更されたことを強調した。新法を経営者に適用してフランスに税法上の居住地を置かせることは当然のことだ。彼はその当時は税務担当者たちを信頼していたとも述べた。「現実から切り離された生活」についてフランス24から質問を受けたカルロス・ゴーン氏は、ゼネラルモーターズからの寛大な申し出に対して返答しなかったことに言及し、何度か行った選択について後悔していることを認めた。





4件の容疑





2018年11月19日、カルロス・ゴーン氏は東京到着時に自分のプライベートジェット機内で逮捕され、合計130日間勾留された。



彼は日本で4件の容疑の対象だ。2件は特別背任の容疑、そして、2件は日産から証券取引当局への繰延収入の申告漏れ(これについても起訴されている)、特に彼が退職後に受け取ることになっている2010年から2018年の収入で司法当局による推定総額92億3,000万円(7400万ユーロ)についてだ。





►明日RFIでは、フレデリック・リヴィエールがカルロス・ゴーン氏のフランス人弁護士ジャン=イヴ・ル・ボルニュ氏にインタビューを行う







-参考-





('I was scared to stay in Japan,' Carlos Ghosn tells FRANCE 24: France 24 English)

https://www.france24.com/en/middle-east/20200109-live-carlos-ghosn-speaks-to-france-24-in-beirut





「私は日本に留まることが怖かった」と、カルロス・ゴーン氏がフランス24に語る







[動画は英語です。]





カルロス・ゴーン元日産会長は日本を脱出して世界に衝撃を与えた。彼は日本で財務上の不正を告発され裁判を待っていた。そして、彼は新年の直前にレバノンに現れた。水曜日、彼はその武勇談に最新の展開があってから初めて公の場で話し、このかつての自動車業界の大物は検察官によって「残酷に」扱われたと語りつつ、日本の法制度を激しく非難した。木曜日、ゴーン氏はフランス24のマルク・ペレルマンとのインタビューのために着座した。





「私は日本で公正な裁判を受けられないという結論に達したため、そこを離れた」とゴーン氏は語り、彼が日本の「人質」司法制度と表現したものを批判した。









*2020.1.15 訳文を見直しました。