page contents

「イラン革命防衛隊の司令官、米軍の空爆で死亡」(BBC・米国防総省・Pars Today)

イラン革命防衛隊の司令官、米軍の空爆で死亡」(BBC・米国防総省・Pars Today)











(BBC NEWS JAPAN)

https://www.bbc.com/japanese/50980333





イラン革命防衛隊の司令官、米軍の空爆で死亡 バグダッド到着後





2020年01月3日







AFP/Getty

国防総省はソレイマニ司令官の殺害を認めた






イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のトップ、カセム・ソレイマニ司令官が3日、イラクバグダッドで米軍の空爆によって死亡した。米国防総省は、「大統領の指示」によって司令官を殺害したと認めた。ソレイマニ司令官は、イラン国内できわめて重要で人気の高い、英雄視される存在だった。



米メディアによると、ソレイマニ将軍はイランが指示するイラク民兵組織と共に車両でバグダッド国際空港を出ようとしたところ、貨物置場の近くで、アメリカ軍のドローン空爆を受けた。



司令官はレバノンもしくはシリアから、バグダッドに到着したところだったという。複数のミサイルが車両2台の車列を直撃し、少なくとも5人が死亡したとみられる。



イラン革命防衛隊は、親イランのイスラムシーア派武装組織のアブ・マフディ・アル・ムハンディス副司令官も死亡したと明らかにした。







Reuters

バグダッド国際空港の外で燃える残骸






国防総省は声明で、「大統領の指示のもと、米軍はカセム・ソレイマニを殺害することで、在外アメリカ人を守るための断固たる防衛措置をとった」と発表した。



国防総省はさらに、「この攻撃はイランによる将来的な攻撃計画を抑止するのが目的だった。合衆国は今後も、世界のどこだろうと自国の国民と国益を守るために必要なあらゆる行動をとり続ける」と付け加えた。



イラクの首都バグダッドでは昨年12月31日、米大使館の敷地内に群衆が乱入し、米軍と衝突する事態が発生。抗議行動は1月1日も続いた。国防総省は、大使館襲撃はソレイマニ将軍の承認を得てのものだったとしている。



ソレイマニ司令官はイラン政府において重要な存在だった。指揮するコッズ部隊はイランの最高指導者アリ・ハメネイ師の直属だとされ、その司令官のソレイマニ将軍は国民的英雄として扱われていた。



イランのジャヴァド・ザリフ外相は、司令官殺害を「きわめて危険で愚かなエスカレーション(情勢悪化)」だと呼んだ。



ソレイマニ司令官殺害の一報を受けて、ドナルド・トランプ米大統領星条旗の画像をツイートした。



司令官殺害が報道されると、ロンドンやニューヨークの市場で原油価格が約4%、急上昇した。





イランの反応は





イランのザリフ外相は、「ソレイマニ将軍を標的にして暗殺したアメリカの行為は国際テロだ。将軍はダエシュ(イスラム国)やアル・ヌスラやアルカイダとの戦いでもっとも成果を挙げている存在だったのに。アメリカの行為はきわめて危険で愚かなエスカレーションだ。このならず者的な無謀な冒険主義による今後の展開について、全責任を負うのはアメリカだ」とツイートした。







@JZarif





革命防衛隊のモフセン・レザーイ元司令官は、イランは「アメリカに精力的に復讐する」と述べた。



イラン政府の報道官は、政府の治安担当者は「犯罪的な攻撃」を協議するため緊急会合を開くと明らかにした。





セム・ソレイマニ司令官とは





ソレイマニ少将は1998年以来、コッズ部隊を率いてきた。コッズ部隊は、イラン革命防衛隊の中でも国外での秘密作戦を扱う精鋭部隊だ。



イラン政府はコッズ部隊が、シリア内戦においてバシャル・アル・アサド大統領の忠誠を誓う部隊の軍事顧問を務めるほか、シリア政府軍と共に戦うシーア派武装勢力に武器を提供したことを認めている。さらにコッズ部隊はイラクでは、過激派勢力「イスラム国(IS)」との戦いに参加したシーア派武装組織を後押しした。



こうした一連の戦闘でコッズ部隊が大きな役割を果たしたことから、かつてはほとんど世間の目に触れることのなかったソレイマニ将軍は、イランである種の有名人になった。



マイク・ポンペオ米国務長官は昨年4月、イラン革命防衛隊とコッズ部隊も、外国テロ組織と認定している。










<解説> リーズ・ドゥセットBBC国際報道チーフ特派員





イランの強力な精鋭集団「コッズ部隊」の指揮者として、カセム・ソレイマニは中東におけるイランの巨大な野心を画策する首謀者とみられていた。そして、戦争と平和に関しては、イランの真の外務大臣だと。



ソレイマニ司令官こそ、シリア内戦におけるアサド大統領の戦法の立役者だと、広く見られていた。同様に、イラク国内の戦闘やISとの戦いなど、中東における数々の戦闘を組み立てているのは、ソレイマニ司令官だと考えられていた。



銀髪の司令官の権力は絶大で、一部からは崇拝され、他方では憎悪された。彼にまつわる様々な伝説やソーシャルメディアミームが、次々と作られていった。



イランと、アメリカおよびその同盟国との間にはすでに、深刻な危機が進行している。それがソレイマニ司令官の死によって、決定的な転換点を迎えることになった。



事態は悪化するだろうし、報復も確実だろう。ただでさえ不安定な地域が、ますます危険な道を進むことになる。





(英語記事 Qasem Soleimani: US kills Iran Quds Force leader, Pentagon confirms











(Statement by the Department of Defense: U.S. Department of Defense)

https://www.defense.gov/Newsroom/Releases/Release/Article/2049534/statement-by-the-department-of-defense/





即時公表





国防総省声明





2020年1月2日





米軍は大統領の指示により、米国が指定する外国テロ組織であるイスラム革命防衛隊ゴドス部隊のカセム・ソレイマニ指導者を殺害することにより、海外の米軍軍人を保護するための断固とした防御行動を取った。



ソレイマニ将軍はイラクや地域各地において米国の外交官・軍人を攻撃する計画を活発に展開していた。ソレイマニ将軍と彼のゴドス部隊には、数百人の米国ならびに有志連合国の軍人が死亡し、更に数千人が負傷したことに対する責任がある。彼はこの数ヵ月間に―12月27日に攻撃を含め―イラク国内の有志連合国諸基地に対する複数回の攻撃を企て、最終的に米国やイラクの軍人に更なる死亡者と負傷者をもたらした。また、ソレイマニ将軍は今週行われたバグダッド米国大使館への攻撃を承認した。



今回の空襲は、イランによる将来の攻撃計画を抑止することを目的としたものだ。米国はこれからも国民と国益を保護するために、それが世界のどこに在ろうとも必要な全ての行動を取る。







*2020.1.10 訳文を一部見直しました。









(Pars Today)

https://parstoday.com/ja/news/iran-i57934





イラン最高指導者、「ソレイマーニー司令官暗殺の実行犯には厳しい報復が待ち受けている」





1月 03, 2020 16:59 Asia/Tokyo







ハーメネイー師とソレイマーニー司令官





イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、同国の革命防衛隊ゴッツ部隊のソレイマーニー司令官の殉教に弔意を表明するとともに、「3日金曜未明の事件でのソレイマーニー司令官とそのほかの関係者の暗殺に手を染めた犯罪者らには、厳しい報復が待ち受けている」と語りました。





ハーメネイー師は3日金曜朝、メッセージにおいて、「世界の悪漢や悪魔との戦いの場での、長年にわたる勇敢で誠実な聖戦、そしてかねてからの神の道における殉教という希求が、ついにソレイマーニー司令官をこの高位にのし上げ、彼の清らかな血が世界で最も惨めな部類の人間の手により大地に流れた」と述べています。



また、「殉教こそは、これまでの長年にわたるソレイマーニー司令官がたゆまぬ尽力の報酬であるが、このたびの殉教により彼の道や行動が終わる事はない」としました。



さらに、「ソレイマーニー司令官は、国際的な抵抗の顔に等しい存在であり、抵抗に執着するすべての人々が彼のあだを討つ」とし、「われ等の友人さらには敵の全てが、抵抗という聖戦戦線が今後何倍もの強い意志により継続されるであろうこと、そしてこの聖なる道における聖戦士が必ずや勝利の栄冠にいたるということを認識しておくべきだ」と語っています。



そして、「我らの愛しき自己献身者ソレイマーニー司令官を失ったことは、我々にとって辛い事実であるが、戦いの更なる継続そして、最終的な勝利の達成により、暗殺犯や犯罪者の願望はさらに暗澹たるものとなるだろう」と述べました。



ハーメネイー師はまた、「イラン国民は、高位なる殉教者ソレイマーニー司令官および彼とともに殉教した人々、特にイスラム聖戦市たるアブー・マハディ・アルムハンディス副司令官の追憶と名声を記念し、またここに自分は本日から3日間の服喪を宣言する」としています。



イスラム革命防衛隊ゴッツ部隊のガーセム・ソレイマーニー司令官(最終階級は少将)が3日未明、イラクバグダッド空港付近でアメリカのテロ・侵略軍の空爆により殉教しました。







ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。



https://www.youtube.com/



https://twitter.com/parstodayj



https://www.instagram.com/parstodayjapanese/



https://soundcloud.com/user-614960283





タグ イラン イラン アメリカ イラク 軍の駐留 ISISの支援国 イスラム革命防衛隊 バクダッド イスラム革命防衛隊ゴッツ部隊のソレイマーニー司令官