page contents

勢力を増す中国のミサイル攻撃能力はアジアにおける米軍の脅威となるか(Sputnik日本):阿修羅♪

勢力を増す中国のミサイル攻撃能力はアジアにおける米軍の脅威となるか(Sputnik日本):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/837.html









https://jp.sputniknews.com/opinion/201909236695988/





勢力を増す中国のミサイル攻撃能力はアジアにおける米軍の脅威となるか







© AFP 2019 / Stringer





オピニオン





2019年09月23日 16:15(アップデート 2019年09月23日 16:16)






筆者 : ドミトリー ヴェルホトゥロフ





2019年8月、オーストラリアのシドニー大学付属アメリカ研究所は「懸念すべき危機:インド・太平洋地域における米国の戦略、軍事費、そして集団防衛」と題された報告書を発表した。メディアの関心を呼んだこの報告書によると、米国はもはや太平洋地域における揺るぎない軍事的優位を失っている。





報告書作成に関わった研究者らは、中国のように高度な技術力を持った相手と米軍が戦争したと想定した際、米軍がいかに脆弱であるかを示している。その例として、海軍と海兵隊が持つ戦闘機のうち、53%が出撃できない状況にあると記されている。また、研究によると、軍事作戦上の兵力として見込まれている人員は米軍基地全体のわずか3分の1に過ぎない。







© 写真: Public domain/ Robert Sullivan

日本が新たなステルス戦闘機を開発する F-35と役割がダブらないか?






中国はミサイル攻撃能力を大幅に向上させた。米国防総省の評価によれば、中国人民解放軍が持つ中距離弾道ミサイルは450基(DF-21)、短距離弾道ミサイル(DF-11A、DF-158)は1500基に達する。特に懸念となっているのが対艦弾道ミサイル(DF-21D)の存在だ。このミサイルには遠隔操作機能が備わっていることから、航空母艦を破壊する能力を持つ。このロケットを中国は50基近く所有している。



こうしたタイプのミサイルで中国は韓国や日本(沖縄の基地は短距離弾道ミサイルの射程圏内)、フィリピンの米軍基地を破壊できる。報告書作成に関わった研究者らは、ミサイルの奇襲攻撃で中国はこの地域における米軍を撃破できると結論付けている。この結論はすでに以前から提示されているものだ。同様の結論を「新アメリカ安全保障センター」(拠点は米国)も2017年7月に提示している。しかし、オーストラリアの研究者らはさらに踏み込んだ結論を提示した。まず、オーストラリアは独自に長距離ミサイル防衛システムを構築する。次に、有事の際に備えて弾薬、および燃料の備蓄を増やす。そして最後に、安全保障分野におけるパートナーシップを見直す必要があるとした。



この研究者らが集団防衛における日本の役割について関心を割いている点は重要だ。航空自衛隊海上自衛隊の戦力はオーストラリア軍のおよそ3倍に達する。対潜戦など、一連の戦略において日本の役割が期待されている。研究者らは事実上、日本を地域レベルの重要な同盟国としてみなすことを提案している。仮に米軍のプレゼンスが今後も低下する場合、オーストラリアにとって頼みの綱はもはや日本だけだ。



軍事的状況は大幅に変化しており、米軍はもはやこの地域における優位性を失っていることは受け入れるしかない。しかし、中国人民解放軍が果たして奇襲で米軍を撃破できるという仮説が本当に正しいかは疑ってみる必要がある。核を搭載しない弾道ミサイル巡航ミサイルの戦力は極めて限定的だからだ。







© AFP 2019 / JUNG YEON-JE

米国が新戦術打ち出す 太平洋での空中戦を想定






その典型的な例として、2017年4月7日に発生したシリアの「シャイラト空軍基地攻撃」が示唆に富む。米軍の駆逐艦はこの基地に対して59発の巡航ミサイルを発射した。攻撃結果についての情報は極めて錯そうしている。米国防総省は20機の戦闘機を破壊したと発表したのに対し、ロシア側は6機のミグ23が破壊されたと伝えた。また、シリア側は破壊されたのは10機で、加えて5機が損傷したと公表した(攻撃された戦闘機の種類は一つに限らない)。しかし、この攻撃で滑走路や誘導路は破壊されていなかった。米軍は奇襲に近い形で攻撃し、さらにシリア側の対ミサイル防衛システムが脆弱であったにもかかわらず、結果はこの程度だったのだ。



核を搭載していないミサイル(フガス砲弾や榴弾)で撃破するには、空軍基地と海軍基地はあまりに標的として大きい。重量500キロの巡航ミサイル弾道ミサイルで破壊できる目標物は80メートル程度に限られる。こうしたミサイルで破壊できるものといえば、機体の格納庫や武器庫、レーダーなどだ。戦闘機を基地に分散させて配備するだけで、攻撃の標的となるリスクは大幅に減る。さらには、こうしたミサイルで滑走路を使用不可の状態まで破壊するのは難しい。海軍基地に関していえば、空母や石油貯蔵庫、武器庫などに命中させることができれば重大な被害を与えることは可能だ。しかし、波止場を破壊して艦隊の停泊を不可能にするのは難しい。したがって、中国人民解放軍が「シャイラト空軍基地攻撃」以上の結果を達成できるかは大いに疑問だ。一定の被害を与えることはできても、基地の壊滅とまではいかない。



作戦計画上、ミサイルによる空軍基地の攻撃は軍事行動の一部にすぎず、戦術上の優位を限定的な範囲で確保することしか目的としていない。ミサイル攻撃部隊の成功は、他の部隊の行動によって左右される。ミサイルだけで戦争に勝てるものではない。





関連記事



日本と韓国の軍事協力の展望は?



護衛艦「いずも」は専守防衛の枠を出ない



米国が制空権を失う日





タグ 中国, アメリカ軍, 武器・兵器, 軍事