page contents

フクシマの水を太平洋に放流したい日本、それに怒る韓国 (RFI):阿修羅♪

フクシマの水を太平洋に放流したい日本、それに怒る韓国 (RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/807.html









(Le Japon veut déverser l'eau de Fukushima dans le Pacifique, Séoul en colère: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20190813-japon-rejet-eau-radioactive-fukushima





原子力環境日本韓国福島





フクシマの水を太平洋に放流したい日本、それに怒る韓国





記者 RFI





発表 2019年8月13日・更新 2019年8月13日15:44








2017年2月の時点で、福島原発の汚染水を貯蔵するタンクは数百基ある。

REUTERS / Tomohiro Ohsumi






韓国は不安だ。損壊した福島原発を出所とする10億リットルを上回る放射性の水を海洋に放出することを、日本が真剣に検討しているからだ。





報告 RFIソウル特約記者、フレデリック・オジャルディアス





この高濃度汚染水は発電所の下に位置する自由地下水を出所としており、現在のところ数百基の貯水タンクに保管されている。原子力の専門家たちによると、これを片付けるための唯一の「現実的な選択肢」は太平洋への「制御された放出」だ。 この「選択肢」に隣国・韓国が憤慨している…



福島原発の地下では毎週1,400トンの放射性水が回収されている。この水を除染する技術は確立されておらず、そのため、日本政府は来年までにこの太平洋への放水を承認するかも知れないと、韓国におけるNGO団体グリーンピースの代表者チャン・マリ氏は危惧している。



「この水を海に放出することは最も安価で手早い選択肢であり、[日本は]これを行うものと私たちは確信している。この汚染水とトリチウムが一度海洋に流れ込むと、それらは海流に乗り至る所で検出されるだろう。韓国の東海でもだ。」



グリーンピースはこのような放射能汚染の予想を正面から受け止め世界にアピールを発した。「この放射能汚染が安全な水準まで十分に薄まるには17年待つ必要がある。韓国人はとても心配している。私たちには日本政府を止めるために国際社会の支援が必要だ。これは全世界に関わる問題だ。」



グリーンピースは、フクシマの放射能が引き起こすリスクについて日本政府が語るのを拒否していると非難している。韓国政府に関しては、海岸を脅かすこの膨大な量の放射性の水に関する情報公開の欠如について日本政府を批判している。











(投稿者より)



誤訳があるかも知れません。御容赦ください。



「放出」"rejet"、これには「投棄」という意味もあります。"un rejet contrôlé"「制御された放出」、日本政府がこれを「制御された投棄」と言うはずがないので、訳語は「放出」に統一しました。



しかし、日本政府は放射能汚染水を太平洋に捨てることを目論んでいるがグリーンピースがこれに反対している、というのが記事の要旨です。