page contents

4月の雇用統計について皆さんに是非知って頂きたいこと (The White House):阿修羅♪

4月の雇用統計について皆さんに是非知って頂きたいこと (The White House):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/739.html









(What You Need to Know About the April Jobs Report: The White House)

https://www.whitehouse.gov/articles/need-know-april-jobs-report/





4月の雇用統計について皆さんに是非知って頂きたいこと





2018年5月4日



読了時間2分





ニュース






何を:先月、米国経済は164,000人の新たな雇用を生み、これにより失業率は3.9%に低下し、2000年以来初めて4%を割った。





金曜日、米国経済は4月に164,000人の雇用を生んだと労働統計局が発表した。製造業(24,000人の雇用が増えた)・建設業(17,000人)・鉱業および林業(8,000人)など幅広い主要分野で米国の労働者たちは新たな雇用を目にしている。このニュースにより、2018年における米国経済の月当たりの新たな雇用は平均200,000人になり、今年の月平均値は過去2年を上回る。



国の失業率は3.9%に低下した。2000年以来初めて4%を下回るとともに不況前の平均値5.3%をかなり下回る数値である。アフリカ系米国人の失業率は6.6%に低下した。トランプ大統領の下で2度目となる過去最低値を記録したことになる。成人女性の失業率は3.5%に低下し、この17年間を更に下回る水準となった。重要なこととして、職探しを諦めた人・働く意欲はあっても職探しを休んでいる人・雇用事情のためにパートタイムで働く人などを含んだ"U-6"失業率が、2001年7月以来の低い水準である7.8%に低下した。





なぜ:ドナルド・J・トランプ大統領の歴史的な減税・規制緩和・成長促進政策が雇用を生み米国経済への信頼感を取り戻している。





米国経済は8年間の景気減退を経て、直近の4半期で2.9%成長した。米国経済は3%の成長というトランプ大統領の目標を達成する途上にある。トランプ大統領の選出以降に310万人を上回る雇用が生まれた。製造業の316,000人の新たな雇用や建設業の363,000人の新たな雇用がこれに含まれる。国民は職場へと戻りつつあり、そのため週当たりの失業保険申請件数がこの45年間をさらに下回る低い水準に留まっており、トランプ政権の発足以降260万人の国民がフードスタンプ集めを止めた。大統領の就任以降15の州で失業率が過去最低となった。



大統領の減税と改革により、500万人を上回る国民が賞与・退職口座の積み立て・賃上げ・その他の新たな利益を得ている。企業は米国や米国の労働者に向けた新たな投資を表明している。公共企業は料金の引き下げを始め、その資金が消費者や家族の貯蓄に回りつつある。こうした様々な朗報により信頼感が高まりつつある。産業審議会によれば、消費者信頼感は18年ぶりの高さに近づいている。