page contents

「エルサルバドルが台湾との国交を絶ち中国との国交を結んだ件」(人民網・台湾国際放送・Sputnik・米大統領府):阿修羅♪

エルサルバドルが台湾との国交を絶ち中国との国交を結んだ件」(人民網・台湾国際放送・Sputnik・米大統領府):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/kokusai23/msg/730.html







人民網日本語版)

http://j.people.com.cn/n3/2018/0822/c94474-9493123.html





大勢に順応し、人心に合致する正しい選択





人民網日本語版 2018年08月22日11:08





中華人民共和国エルサルバドル共和国は21日に国交を樹立した。これは大勢の赴くところ、人心の向かうところの公明正大な一歩だ。これにより、中国と国交のある国は世界178カ国となった。(人民日報「鐘声」国際論評)



世界には一つの中国しかなく、台湾地区は中国領土の不可分の一部だ。「一つの中国」原則の堅持は、一致して認められた国際関係の準則、国際社会の一致した共通認識であり、どの国とも中国が関係を構築し、発展させるうえでの根本であり基礎だ。エルサルバドルは歴史的選択をし、世界の圧倒的多数の国々と同じ側に立ち、「一つの中国」原則を承認し、その順守を約束し、いかなる前提条件も付けずに中国と国交を樹立した。エルサルバドルはこれによって対外関係の歴史に新たな1ページを開いた。中国側はラテンアメリカカリブ海地域でまた新たな友人を得て、「一帯一路」建設の推進と人類運命共同体の構築という事業においてまた新たなパートナーを得た。



エルサルバドル政府は台湾と即日「断交」するとともに、今後は台湾といかなる政府間関係ももたず、いかなる公的交流も行わないことを約束した。中国エルサルバドル両政府は主権と領土的一体性の相互尊重、相互不可侵、相互の内政不干渉、平等・互恵、平和共存の原則を基礎に両国の友好関係を発展させることで合意した。エルサルバドルのサンチェス・セレン大統領は全国向けテレビ演説で「中国との国交樹立は正しい一歩であり、国際法と国際関係の原則に合致し、現代の不可逆の趨勢に順応するものだと確信する。この一歩はエルサルバドルに利益をもたらし、エルサルバドル国民にさらに多くのチャンスをもたらすと確信する」と表明した。エルサルバドル各界は一層奮い立ち「中国との国交樹立は良いスタートであり、中国のような『成功した世界の大国』と経済・衛生・教育・科学・芸術など各分野で協力する機会を得ることを意味する」と次々に表明した。



国際関係の正しい処理は、国家及び国民の根本的利益と長期的利益に関わる。大勢への順応は、さらに広大な国際空間を得て、さらに広大な発展の将来性を切り開くことを意味する。



過去1年余りでパナマ、ドミニカ、エルサルバドルなどの中南米諸国が次々に中国との国交樹立の一歩を踏み出した。これは中国とラテンアメリカカリブ海地域との友好関係の深い発展を様々な面から物語っている。特に中国―CELACフォーラム発足後の4年で、中国は中南米地域で国交のある国が増え、包括的・戦略的パートナーや戦略的パートナーも増えた。中国・中南米双方は「一帯一路」共同建設という追い風に乗り、陸海一体の大連結、開放・相互利益の大市場、独自で先進的な大産業、革新的成長の大きなチャンスという協力の新局面を手を携えて築き、各国の発展を促進し、各国の人々に幸福をもたらしている。(編集NA)





人民網日本語版」2018年8月22日











台湾国際放送

http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=89362





度重なる断交、総統「共通の限界ライン守れ」





2018-08-21







蔡・総統が記者会見

エルサルバドルとの断交を受けて蔡英文・総統(中央)は21日、陳建仁・副総統、頼清徳・行政院長ら閣僚を率いて臨時記者会見を開き、政府の立場を表明した。(写真:RTI 王照坤)




中華民国政府が21日午前、エルサルバドルによる資金援助の要請には応えられないとして、国交断絶を宣言した。外交部によれば、同国の求める資金は港湾建設に関するものだったが、専門の技師団を派遣して調査した結果、経済的な支援は中華民国エルサルバドルのいずれもを債務危機に陥れる可能性が高いと判断した。



また、エルサルバドルで来年2月に行われる大統領選挙で不利が伝えられる同国与党の選挙資金の提供も求められていたが、外交部は、民主主義の原則に反するとしてこの要請も拒否した。エルサルバドル中華民国との断交に傾いたことを受けて中華民国政府は関係維持を図ったものの、21日、大勢は決したと判断して断交を宣言した。



蔡英文・総統は午後になって臨時記者会見を開き、談話を発表した。



蔡・総統は、関連の情報は以前からつかんでいたとした上で、エルサルバドルが中国大陸との外交戦争の場となるのを回避するため努力してきたが、中国政府は圧力をかけ続け、エルサルバドルとの断交で台湾の人々が国際社会に歩みだそうとする意志をくじこうとしたと説明。蔡・総統は、中国大陸側の軍用機による台湾本島周回、世界の航空会社に対する台湾の呼称変更要求、台中市でのユースゲームズ開催取り消しなどを挙げて、中国の台湾に対する圧迫はなんら変わらず、いたるところで行われていると警戒した。



蔡・総統は、現在の中国は台湾海峡両岸の平和に対する脅威であるばかりでなく、各国内部への干渉や国際秩序の破壊を通じて世界の情勢不安を引き起こしていると批判、国際社会に対し、事態は切迫しており中国の行いをこれ以上容認すべきではないと呼びかけた。



蔡・総統はさらに、現在の両岸関係はもはや両岸だけの問題ではなく、地域の問題だと指摘、中国のアジア地域に対する野望は従来の秩序への挑戦、さらには新たな国際秩序をリードすることにあり、貿易摩擦が激しくなる中、中国は台湾への圧力を強めて、この地域における影響力と実力を際立たせる事を狙っているのだと分析した。



蔡・総統は、中国が台湾の主権を脅かそうとする力は過去と比べ物にならないほど強いとした上で、中国の要求と行いはすでに台湾の各主要政党の我慢の限界を超えていると主張、今は互いの両岸政策を比べている場合ではなく、団結し、台湾の主権として譲れない共通のラインを力を合わせて守るべきなのだと呼びかけた。



蔡・総統は、「中華民国(台湾)」の名義による外交関係が崩されることは我々共通の限界ラインを超えると主張、中国が我々の友好国に圧力をかけ、中華民国との断交を中国との外交関係樹立の前提とすることは我々の主権に対する侵犯行為だと批判した。蔡・総統はさらに、「中華民国(台湾)」は現状かつ現時点での最大公約数で、台湾の人々が団結する基礎であるとの見方を示し、団結しなければ中国に向けて明確なメッセージを示すことが出来ず、それは中国側が台湾の人々の限界ラインを誤って判断することにつながる他、台湾の政党と政党の間、政治家と政治家の間を分裂させることは可能だと誤解することにもつながると危惧した。



そして蔡・総統は、過去2年、台湾の人々は威嚇を受けようが自由民主や国際社会に貢献する決意を放棄しないことを世界に証明してきたとし、今後も理念を同じくする国々と連携し、制御を失いつつある中国の国際的な行為に対抗していく考えを強調、同時に、友好国が中華民国台湾との長期的な友情、並びにそれぞれの国の実質的な発展のため台湾が果たしてきた貢献を大切にしてくれるよう求めた。



蔡・総統は最後に、圧迫されればされるほど団結が必要で、国際社会に歩み出さねばならないのだとして、一致団結して数々の難関を乗り越えていくことを呼びかけた。











(Sputnik日本)

https://jp.sputniknews.com/politics/201808245260048/





米国がエルサルバドルとの関係見直しへ 対台湾関係破棄が理由







© AP Photo / Andy Wong





政治





2018年08月24日 15:03(アップデート 2018年08月24日 15:26)






ホワイトハウス報道部は23日、米国は、エルサルバドルが中国との国交樹立のために台湾との外交関係を破棄したことを痛烈に批判し、エルサルバドルとの相互関係を見直す構えを明らかにした。





スプートニク日本







© AP Photo / Andy Wong

「米はWTOの規則などどうでも良い」中国、米製品に報復関税を発動






21日、エルサルバドルのセレン大統領は台湾との外交関係の破棄を宣言した。セレン大統領は「国家の目的を考慮し、国の様々なセクターと協議して外交、国内の政治状況」を入念に分析した結果、こうした決定を行ったと語っている。



エルサルバドルが国交を破棄した後、台湾の主権を認める国の数は17か国にまで減っている。





タグ 台湾, 中国, 米国











(Statement from the Press Secretary on El Salvador: The White House)

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/statement-press-secretary-el-salvador/





エルサルバドルについて報道官からの声明





外交政策





公表日:2018年8月23日






エルサルバドル政府は火曜日、台北との数十年間来の国交を断絶し北京との国交樹立を取ると表明した。エルサルバドルの与党指導者たちは退任のわずか数ヶ月前に不透明な方法でこの決定を下したが、これは今後数十年間にわたり影響を及ぼすだろう。これはエルサルバドルだけでなく、米州地域全体の健全な経済と安全保障にも影響する決定だ。エルサルバドル政府は西半球の一国における政治への中国のあからさまな干渉を受け入れたが、これは米国にとって重大な懸念であり、結果としてわが国はエルサルバドルとの関係を見直すだろう。



国家主導の投資を誘致するために中国との関係を樹立もしくは拡大しようとする国々は、短期的にはそれが経済成長とインフラ開発を促しても長期的には失望するかも知れない。中国の経済誘致はパートナーシップでなく経済依存と支配を促進するという事実に、世界中の政府が気づきつつある。



米国は今後も中国による両岸関係の不安定化や西半球での政治的干渉に反対していく。