page contents

ドナルド・トランプ大統領の記者会見での冒頭発言(在日米国大使館・領事館)[内容:米朝首脳会談を終えた所感]:阿修羅♪

ドナルド・トランプ大統領の記者会見での冒頭発言(在日米国大使館・領事館)[内容:米朝首脳会談を終えた所感]:阿修羅♪

http://www.asyura2.com/18/kokusai23/msg/258.html









https://jp.usembassy.gov/ja/press-conference-by-president-trump-singapore-summit-ja/





ドナルド・トランプ大統領の記者会見での冒頭発言





Home | お知らせ・イベント | ドナルド・トランプ大統領の記者会見での冒頭発言







U.S. President Donald Trump answers questions about the summit with North Korea leader Kim Jong Un during a press conference at the Capella resort on Sentosa Island Tuesday, June 12, 2018 in Singapore. (AP Photo/Wong Maye-E)





*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。





2018年6月12日、シンガポール・カペラホテル



皆さん、ありがとうございます。感謝しています。我々は帰国する準備をしています。素晴らしい24時間でした。実際には、この問題に長い時間をかけてきており、劇的な3カ月でした。我々は、金正恩委員長、北朝鮮の国民と代表団にビデオを渡しました。それには多くのことが記録されています。何を実現できるかが記録されているのです。北朝鮮は素晴らしいところです。信じられないほど素晴らしい場所になる可能性を秘めています。考えてみてください。北朝鮮は韓国と中国の間に位置し、大きな可能性を秘めています。私は、金委員長がそのことを理解し、正しいことをしたいと考えていると思っています。



本日、北朝鮮金正恩委員長との歴史的な会談の後に、世界中の人々に向けてお話することができ光栄です。我々は非常に集中した時間を共に過ごしました。皆さんも署名した文書をお持ちだと思います。あるいは間もなく手にするでしょう。非常に包括的な内容になっており、実現するでしょう。



私は米国民の使者として、希望ある展望のメッセージ、平和のメッセージを発するため皆さんの前に立っています。



まず、ホスト役を務めていただいたシンガポールの皆さんに感謝したいと思います。特に私の友人であるリー・シェンロン首相にお礼申し上げます。シンガポールはとても優雅で美しい国です。今回の訪問のために長い時間をかけて準備し、本当に重要な、とても快適な訪問にしてくださった全てのシンガポール国民に心から感謝の気持ちを表します。



また韓国の文在寅大統領にも感謝申し上げます。大統領は大変努力してくださっています。実際、この記者会見が終わり次第、大統領とお話します。私の友人である日本の安倍首相は、先日米国を発ったばかりです。安倍首相は、日本と世界にとって正しいことを望んでいます。立派な方です。さらに、非常に特別な人物である中国の習近平国家主席は、本当に北朝鮮との国境を閉ざしてくださいました。ここ2~3カ月はいくらか緩んだようですが、それでも結構です。でも習主席は本当にやってくれました。とても素晴らしい方で、私の友人であり中国国民の偉大な指導者です。我々をこの歴史的な日に導いてくださった彼らの努力に感謝します。



そして何より、北朝鮮国民の明るい新たな将来に向け、最初の大胆な一歩を踏み出した金委員長にお礼申し上げます。我々の前例のない会談、米国大統領と北朝鮮指導者の間で行われた初めての会談は、真の変化が可能であることを証明しています。



金委員長との会談は率直で直接的、そして生産的でした。限られた時間の中、非常に緊張する環境の中で、我々はお互いをよく知ることができました。我々には新たな歴史を始め、米朝関係に新たな章を書き加える用意があります。



およそ70年前―考えてみてください、70年前です―激しい血みどろの戦いが朝鮮半島を荒廃させました。その戦争で、多くの勇敢な米国人を含む無数の人たちが命を失いました。休戦協定が結ばれたものの、戦争が決して終わることはありませんでした。今日に至るまで終結することはなかったのです。しかし今では、我々は皆、すぐにこの戦争が終わると期待しています。すぐに終わるでしょう。



過去が未来を決定づける必要はありません。昨日の紛争が明日の戦争になる必要はないのです。歴史が繰り返し証明してきたように、敵対者も友人になることができるのです。我々は、戦闘の恐怖を平和の恵みに変えた先人たちの犠牲に敬意を表します。これこそ、我々が現在取り組んでいることであり、今回成し遂げたことです。



核兵器を放棄し、他国との貿易と交流を受け入れれば、北朝鮮が成し遂げられることは無限です。世界は本当に北朝鮮と交流したいのです。金委員長は、新たな輝かしい安全と繁栄の時代に国民を導いた指導者として記憶される、またとない機会を目の前にしています。



金委員長と私は先ほど、共同声明に署名しました。その中で金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化に向けた確固とした決意」を再確認しました。我々はまた、合意内容をできるだけ早期に履行するため精力的な交渉をすることにも合意しました。金委員長はこれを望んでいます。これは過去とは違います。何も始めることなく、それゆえ何も実現できなかったこれまでの政権とは違うのです。



金委員長は、北朝鮮がミサイルエンジンの主要試験場の1つを取り壊すつもりだと私に伝えました。これは皆さんが手にしている署名文書には含まれていません。これは今回の合意が署名された後に合意した内容です。北朝鮮が実験を行ってきたミサイルにとって、試験場が近々取り壊されるというのは大変なことです。



今日は困難なプロセスが始まる日です。我々は目を大きく開き、油断しませんが、平和は常に努力するに値するものであり、特に今回の場合はそう言えます。これは何年も前になされるべきでした。この問題はずっと前に解決されるべきでしたが、我々が今解決ようとしているのです。



金委員長は、北朝鮮国民のためにとても素晴らしい将来をつかむチャンスを手にしています。誰でも戦争を起こすことができますが、最も勇気ある者だけが平和を実現できるのです。



現在の状況が永遠に続くことはありません。北か南かを問わず朝鮮半島の人々は、才能豊かで勤勉、そして天分に恵まれています。本当に才能ある人々です。彼らは同じ伝統、言語、習慣、文化、運命を共有しています。彼らの素晴らしい運命を実現するため、国という家族を再び結びつけるために、核兵器の脅威が取り除かれるのです。



それまでの間、制裁が有効な状態が続きます。我々は、朝鮮半島に暮らす全ての人々が共に仲良く生活し、家族が再会し、新たな希望が生まれ、平和の光が戦争の闇を追い払う未来を夢見ています。この明るい未来はすぐ手の届くところにあり、実現しつつあります。すぐそこにあるのです。手の届くところにあるのです。もうすぐ手にできるのです。実際に起きるのです。人々は、これが現実になるはずがないと思っていました。今、これが現実になろうとしています。とても素晴らしい日です。世界の歴史にとって非常に重要な瞬間です。



金委員長は今、北朝鮮に戻る途中です。金委員長は帰国し次第、多くの人々を大変幸福に、そして安全にするプロセスを開始すると、私は確信しています。



今日、皆さんとご一緒できることを光栄に思います。報道関係者の皆さんがたくさんお集まりになっています。とても居心地が悪いですね。でもそういうものでしょう。今回のことが、皆さんとそのご家族を含む、全ての人々にとって大変重要なことであると、誰もが理解しています。



By | 2018年6月13日 | トピックス: スピーチ・声明, ドナルド・トランプ大統領, 東アジア・太平洋 | Tags: