page contents

北朝鮮、「太平洋での軍事作戦を開始」/北朝鮮に対する利己的な対応への中国の反対 (Pars Today):阿修羅♪

北朝鮮、「太平洋での軍事作戦を開始」/北朝鮮に対する利己的な対応への中国の反対 (Pars Today):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/863.html











http://parstoday.com/ja/news/world-i34570





北朝鮮、「太平洋での軍事作戦を開始」







北朝鮮のミサイル実験





北朝鮮外務省が、最近のミサイル実験について、「太平洋での北朝鮮による軍事作戦の開始だった」としました。





北朝鮮朝鮮中央通信が、1日金曜、伝えたところによりますと、北朝鮮外務省は、日本の上空を通過した、最近の北朝鮮による弾道ミサイル実験は、太平洋での軍事作戦の開始だったとしました。



北朝鮮政府は、同国のミサイル実験を国連の法や決議への違反だとする国連の批判を否定し、「さらに多くのミサイルを発射する」と発表しました。



こうした中、31日木曜、韓国と日本の戦闘機数機と共に、アメリカの戦闘機4機が、朝鮮半島の上空を飛行しました。







アメリカの戦闘機





これは、アメリカと日本、韓国との合同軍事演習の一部と見なされ、北朝鮮への警告を目的に行われました。



これについて、アメリカ、韓国、日本の防衛関係者は、1日、動画による共同声明の中で、「北朝鮮に対抗する上での協力を強化する」としました。



北朝鮮は先月29日未明、ミサイルを発射しました。



このミサイルは日本の上空を通過し、北海道近くの太平洋上に落下し、周辺地域の住民に恐怖を抱かせました。





2017年09月01日18時12分













http://parstoday.com/ja/news/world-i34572





北朝鮮に対する利己的な対応への中国の反対







北朝鮮





中国外務省が、先月29日の北朝鮮によるミサイル実験後の最新の立場表明の中で、北朝鮮に対して利己的な対応を取ることに反対しました。





中国外務省の声明は、北朝鮮に対する一方的な措置は受け入れられないとし、「北朝鮮に対するあらゆる行動は、国連安保理の活動の枠内で行われるべきだ」としています。このような立場表明は、北朝鮮のミサイル問題に関する安保理の緊急会合を受けて行われました。







王毅外務大臣





中国の王毅外務大臣は、31日木曜、「中国政府は、国連安保理の許可なく、北朝鮮に対する制裁に動くことはない」と語りました。また、アメリカを批判し、「中国は、各国が、一方的に、自分たちの法に基づいて北朝鮮に制裁を加えることには反対する」と語りました。



日本とアメリカは、この数週間、中国と北朝鮮の企業数社に対して安保理の枠外で制裁を行使しました。



アメリカと北朝鮮の緊張は、最高のレベルに達しています。そのため、中国が北朝鮮に対する、あらゆる利己的で一方的な行動を否定したことは、アメリカの反発を招き、アメリカが、朝鮮半島で同盟国と共に、さらなる行動に出る可能性もあります。アメリカのトランプ大統領と日本の安倍首相による40分の会談や、アメリカと韓国との合同軍事演習が、そのことを証明しています。このことから、中国政府は、安保理を通した問題の解決や政治的な解決の必要性を強調し、アメリカに圧力をかけ、新たな行動を阻止したいと考えています。



アメリカの雑誌ザ・アトランティックのアナリスト、フリードマン氏によれば、北朝鮮に対してあらゆる選択肢を使用すると表明しているアメリカとは異なり、中国は、安保理を通じた対応を認めています。なぜなら中国は、北朝鮮とアメリカの関係は、どちらも立場を譲ろうとしないため、それがエスカレートすれば、双方にとってよくない結果につながる、多くの危険をはらんだ関係と見なしているからです。このことから、問題の解決を委ねる機関が存在しなければ、解決は不可能になるでしょう。



明らかに、アメリカは、同盟国の協力を得て、北朝鮮の核・ミサイル活動を停止させるために全力を尽くすでしょう。このため、今後、朝鮮半島に新たな緊張と危機がもたらされることになるのです。





2017年09月01日19時40分