page contents

福島:東電の元経営陣3人が被告人席に(RFI):阿修羅♪

福島:東電の元経営陣3人が被告人席に(RFI)
:阿修羅♪
http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/361.html









(Fukushima: trois anciens dirigeants de Tepco dans le box des accusés: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20170630-fukushima-trois-anciens-dirigeants-tepco-le-box-accuses





日本日本の地震・津波・原子力大災害





福島:東電の元経営陣3人が被告人席に





記者 RFI





発表 2017年6月30日・更新 2017年6月30日11:35








福島原発近くでの東電従業員、2012年
AFP PHOTO / POOL / FILES / Yoshikazu TSUNO






福島の大事故から6年余りの日本で金曜日、大事故による刑事訴訟の初公判が東京で開かれた。告訴したのは日本の市民だ。被告人席には、2011年の巨大津波により大損害を受けた原発の事業者・東電の元経営陣3人。東電取締役会の元会長と同企業の元副社長2人が怠慢のために告訴された。





報告 RFI東京特約記者、フレデリック・シャルル





そして、東電の元経営陣3人は発電所近くの真夜中の病院から酷い状況で避難した高齢の病人44人の死について無罪を主張した。





「予測不可能?」





経営陣3人はさらに、津波が原因となった原子炉3基の損壊を回避できるよう必要な措置を取らなかったことでも告訴されている。



経営陣3人は「このような事故を予測するのは不可能だった」と主張している。しかし、福島の事故は「人災」だったとの調査報告書が3件出されている。





市民による審査会





市民による特別な審査会がなければこの公判は行われなかった。日本政府は事故について(投稿者による和訳個人の責任を明らかにすることをずっと控えてきた。司法もまた2016年に、この東電元経営陣3人を起訴するには証拠が不十分だと判断していた。