page contents

沖縄県知事がトランプ政権と米軍基地移転についての話し合いへ(Suptnik International):阿修羅♪

沖縄県知事がトランプ政権と米軍基地移転についての話し合いへ(Suptnik International):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/598.html













(Okinawa Governor to Discuss Relocation of US Military Base With Trump's Team: Suptnik International)

https://sputniknews.com/asia/201701311050182563-okinawa-governor-us-bases-rlocation/





沖縄県知事がトランプ政権と米軍基地移転についての話し合いへ







© AP Photo/ Greg Baker





アジア・太平洋





07:50 31.01.2017






日本の翁長雄志・沖縄県知事が米軍基地移転について話し合うために米国に向けて出発した。火曜日、地元メディアが報じた。





東京(Sputnik)   共同通信によれば、翁長氏はジョージ・ワシントン大学で講演し、また、沖縄住民にかけられた米軍施設の「重荷」について説明するために記者会見を開く計画だ。



2016年12月26日、翁長氏が米軍飛行場の島内移転を阻止する決定を撤回したと同通信は報じた。中央政府が県を相手にした訴訟に勝ち、普天間飛行場を名護・辺野古湾に移転することを許可するよう県に命じる判決が出てから間もなく、同知事はこの決定をした。



基地移転についての対話は20年以上前から続いているが、最近は地元住民による断固とした反対のために著しい遅れが生じている。地元住民の多くは基地の移転よりも退去を期待している。



沖縄の面積は日本の国土の1%に満たないが、同国に駐留する米軍の全体の約74%を抱えている。







関連

沖縄からの部隊移転を前に日本の閣僚がグアムの米軍基地を視察する

[Japanese Minister Inspects US Guam Bases Ahead of Troops Relocation From Okinawa]



米国と日本は米軍基地労働者の刑事免責厳格化について合意、間もなく協定の署名へ

[US, Japan Agree on Reducing US Military Base Worker Immunity; To Sign Pact Soon]



日本がクリルに米軍基地を建設する可能性を伝える諸報道はロシアとの対話に影響を及ぼさないだろう

[Reports Japan May Set Up US Bases on Kurils Not To Affect Talks With Russia]



タグ 基地移転, 米軍基地, 米国, 沖縄, 日本