page contents

日本:反原発知事の選出が東電の希望を打ち砕く (RFI):阿修羅♪

日本:反原発知事の選出が東電の希望を打ち砕く (RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/640.html











(Japon: l'élection d'un gouverneur opposé au nucléaire ruine les espoirs de Tepco: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20161017-japon-election-gouverneur-oppose-nucleaire-ruine-espoirs-tepco





日本原子力日本の地震・津波・原子力大災害





日本:反原発知事の選出が東電の希望を打ち砕く





記者 RFI





発表 2016年10月17日・更新 2016年10月17日15:08








新しい新潟県知事は東電が柏崎刈羽発電所の原子炉を再起動するのを拒否している。
REUTERS/Issei Kato/Files






日本で反原発の知事が選出されたために世界最大の原発の再起動がややこしくなり、東京株式市場で電力会社・東電の株式が下落した。これはまた、原子炉の再起動を推し進めて国内の原子力優先を続ける安倍晋三・日本首相にとって悪いニュースだ。





報告 RFI日本特約記者、フレデリック・シャルル





日本の北西部にある柏崎刈羽発電所の原子炉7基を福島の事故以来世界で最も厳しくなった原子力安全規準に合わせるために、東電は大金を支払った。



しかし、新潟県では原発に反対する49歳の共産主義者の医師が新たに知事に選出されたために、この原子炉7基のいくつかに火を灯したいという東電の希望は打ち砕かれた。





東電は倒産の瀬戸際に





福島原発の事故から5年、東京に電力を供給する東電はいまなお原子炉を1基も営業運転できずにいる。米山隆一新潟県知事は東電に、この世界最大の原発が事故を起こした場合の避難計画を改善するよう求めている。



原子力による電力生産を再開できず、東電は倒産に脅かされている。同社は火力発電所を回すために石炭とガスの大量輸入を強いられている。



新しい新潟県知事の選出により安倍晋三首相(投稿者による和訳のエネルギー政策はややこしくなった。彼は2030年までに原子力が日本の電力生産の22%を占めるようにしたいと望んでいる。