page contents

吉川プリアンカさん、インド人の血を引く日本のミス (RFI):阿修羅♪

吉川プリアンカさん、インド人の血を引く日本のミス (RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/12/social9/msg/713.html











(Priyanka Yoshikawa, une Miss Japon d'origine indienne: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20160906-priyanka-yoshikawa-miss-japon-origine-indienne-inde-metisse





日本インド人種差別





吉川プリアンカさん、インド人の血を引く日本のミス





記者 RFI





発表 2016年9月6日・更新 2016年9月6日15:27








インド人の父親と日本人の母親を持つ東京生まれのプリアンカ吉川さんが、2016年ミス・ワールド・コンクールで日本を代表する。
AFP/Toru Yamanaka






黒人との混血女性が冠を射止めて論争となり1年が経つが、9月5日月曜日、インド人の血を引く日本女性が日本のミスの冠を射止め、今年12月にワシントンで開催されるミス・ユニバース2016のタイトルを賭けて日本を代表する。彼女が選ばれたことは、多様性についてまだほとんど開かれていない日本において、人種的な偏見に対するちょっとした勝利と考えられている。





報告 RFI東京特約記者、フレデリック・シャルル





新しい日本のミス・吉川プリアンカさんにはインド人の血が半分混じっている。彼女は大きな黒い目を持ちマネキンのような体格をしているが、勿論、彼女はそうでない−彼女は象使いだ−また、キックボクシングも練習している。



去年、アフリカ系米国人を父親として生まれた宮本エリアナさんが既に(投稿者による和訳日本の歴史を通じて初めてミスの王冠を得た混血女性となった。その後、彼女が選ばれたことに対して人種差別的なコメントが続いた。彼女には「ハーフ」のレッテルが貼られた。この言葉は純血でない日本人を呼ぶ時に使う、英語の"half"(「半分」の意)に由来する軽蔑語だ。





かなり少ない国際結婚





今回は半分インド人の女性が日本のミスに選ばれたが、人種的純粋さの神話に取り憑かれた側からの嘲笑は今のところ起きておらず、これは日本が更に寛容になった証だ。国際結婚による子供はまだ国内で毎年生まれる子供の2%でしかない。



「肌の黒い日本のミス・宮本エリアナさん私たちに、つまり、私や他の若い混血女性たちに勇気を与えてくれた」と、22歳の吉川プリアンカさんはAFPに打ち明けた。「私は10歳の時にバイ菌のような扱いを受けた。」今日、この象使いの免状を持つ女性はミス・ユニバース・タイトルを獲得したがっている。







「象使い」の資格を持つ22歳、ミス・ワールド日本代表に Half-Indian 'elephant whisperer' crowned Miss Japan (AFPBB News - Youtube)







Backlash as half-Indian lass crowned Miss World Japan (The Star Online - Youtube)[英語]















(投稿者より)



"Miss Japon"、国内には「ミス日本」というタイトルが別にあるので「日本のミス」としています。プリアンカ吉川さんはミス・ワールド日本代表ですが、仏文和訳は書かれた通りにしてあります。