page contents

福島の事故以後、未成年にガンの症例が新たに現れる(RFI):阿修羅♪

福島の事故以後、未成年にガンの症例が新たに現れる(RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/866.html









(Après Fukushima, apparition de nouveaux cas de cancer chez des mineurs: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20150213-japon-cancer-fukushima-cas-detectes/





日本原子力日本の地震・津波・原子力災害健康・医療





発表 2015年2月13日・更新 2015年2月13日15:13





福島の事故以後、未成年にガンの症例が新たに現れる





記者 RFI





福島県では、子供たちは放射線被曝量に上限があるため屋内に作られた砂場で遊ぶ。2014年2月28日、郡山にて。
REUTERS/Toru Hanai






日本では、福島原発事故発生の時点では存在していなかった甲状腺ガンの明らかな証拠、あるいは、その疑いが未成年者から見つかった。福島県が金曜日に発表した報告によれば、この発電所に近い県で検査を受けた75,311人の子供のうち、1人が最近になってガンを発症し、さらに7人がガンの疑いがあるとされた。この未成年者たち−4人の少年と4人の少女−は最初の検査の時にはいかなる異常も見られなかった。





報告 RFI東京特約記者、フレデリック・シャルル



福島県には、県内に住む18歳以下の子供や若い住民から原発事故以降に現れた甲状腺ガンの症例を確実に検査する能力がある。今回の検査では、事故の数ヵ月後に実施された最初の検査の時に存在しなかった腫瘍が見つけることができた。2014年に始まった2回目の検査までの時点では、腫瘍が事故の結果である可能性の是非を判断することは不可能だった。



しかし今日、福島の医師たちは2回の検査結果の比較に専念することができる。そして、いまなお彼らの結論には変化がない。子供たちから甲状腺ガンが見つかったことについて、原発事故による直接の責任を確実に立証することは不可能だ。さらに、この新たな結果にもかかわらず、福島県の医療の委員会は今の段階で、放射線がこうしたガンの原因でないとするこれまでの見解を修正する必要はないと考えている。



原発事故以降、福島の子供たちは最先端の技術を用いた検査を定期的に受けており、国内他県よりも甲状腺ガンが速やかに発見できるが、それでも、他県より高率というわけではない。











(投稿者より)



RFIサイトに掲載された記事です。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。



記者のレポートは、福島県の医師たちの見解が主題となっていますが、その真偽は私には分かりません。7万5千例のうちの8例が有意なデータと言えるのかも私には分かりませんが、私たちにはチェルノブイリの教訓があります。



「東大話法」を外国語で表現するのは大変だっただろうと、作業をしながら考えました。



福島の事故から、もうすぐ4年になります。