page contents

日本に有利で中国に不利な、映像上の証拠(RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/617.html







(Des preuves en images pour le Japon contre la Chine: RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20101027-preuves-images-le-japon-contre-chine





日本/中国

記事発表:2010年10月27日水曜日

最終更新:2010年10月27日水曜日






日本に有利で中国に不利な、映像上の証拠





RFI











10月27日水曜日、菅直人首相の中道左派政権は国会の圧力を受け、9月7日に中国が日本の主権に異議を唱える島の近くで中国漁船と2隻の日本の巡視船との間で発生した衝突事件のビデオ映像の提出を余儀なくされた。この出来事から日中関係の悪化はまだまだ続く。





RFI東京駐在記者フレデリック・シャルルの報告





仙石由人官房長官は、日本の海上保安庁が9月7日に沖縄の南で中国漁船を立入検査した映像を最大限慎重に扱うよう国会に求めた。



日本のテレビ局がいまなお放映できないその7分間の映像では、中国漁船が稀な激しさで2隻の日本の巡視船に故意にぶつかったことや、立入検査の前に、中国漁船が30分の間、2隻の日本の巡視船との対決しようとしていたことを証明していると、映像を見た国会議員は語った。



中国海軍は係争中の天然ガスや石油が豊かな小諸島の周辺で、大型トロール船などの漁船をトラブルを起こすための民兵として使っている。このような小競り合いは日本の巡視船だけでなくベトナムやフィリピン、更には太平洋でも繰り広げられ、日本の領海の主権を守る任務を負うアメリカ第7艦隊との間でも発生している。中国は現在、日本の施政下にあるその島々や島々の周辺にまで独自の海上トロールを強化するまでになっている。











(投稿者より)



尖閣の問題の発端となったビデオ映像が国会に提出されたことを伝える、フランス・RFIのサイトに掲載された記事です。誤訳があるかもしれません。ご容赦下さい。



ビデオ画像提出のニュースは、この掲示板に投稿があります。





(《尖閣衝突ビデオ》衆院予算委員長に提出 横路議長「見る方の範囲は慎重に」と注文(MSN産経):阿修羅♪)

http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/285.html





このビデオの内容は、産経新聞が内容を伝えています。マスコミに非公開なはずの内容を、どのようにして知ったかは書かれていません。しかし、参考にはなると思いますので、下に付しておきます。











msn産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101028/crm1010280721001-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101028/crm1010280721001-n2.htm





尖閣ビデオ内容判明 中国漁船、加速して衝突 「故意」裏付け 船長は飲酒か





2010.10.28 07:18





沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が撮影したビデオには、中国漁船(166トン)が航行速度を12〜13ノット(時速約22〜24キロ)ぐらいに上げて海保の巡視船に衝突した様子が映っていることが27日、分かった。ビデオ映像を見た複数の関係者が明らかにした。漁船が衝突時に速度を上げたことなどから、関係者は「衝突を避ける気はなく、故意にぶつけるつもりだったことは明白だ」と指摘している。



漁船の航行速度をめぐっては、政府は「事件の捜査に関する事柄であり、答弁を差し控えたい」とする答弁書を26日に決定するなど公表を控えてきた。しかし、ビデオ映像からこうした具体的状況の一部が明らかになったことで、与野党からビデオの全面公開を求める声が強まりそうだ。



海保が撮影したビデオ映像は、漁船に衝突された巡視船「よなくに」(1349トン)と「みずき」(197トン)の船首付近から撮影されたもの。



映像を見た関係者によると、漁船はよなくにの左後方に衝突した後、漁船の左前方を並走していたみずきに幅寄せするように接近した末、左にかじを切って衝突している。



漁船がみずきと並走していた際の航行速度は約10ノットだったとみられ、漁船はその後、約12〜13ノットに速度を上げてみずきに近づき、「体当たり」しているという。



漁船の最高速度は通常20ノット程度といい、逃走を図ったにしてはやや低速だった。衝突を避ける場合は減速したり離れたりするはずだが、逆に速度を上げて接近しており、「故意の衝突」を裏付けている。



一方、映像には映っていないが、海保に公務執行妨害容疑で逮捕された漁船の中国人船長は衝突前、酒を飲んでいたとみられる。捜査関係者は「海保職員が船長を連行する際、酒臭かった」と証言している。



那覇地検日中関係を考慮し、勾留(こうりゅう)期限の4日前に船長を処分保留のまま釈放した。すでに釈放から1カ月が経過しているが、まだ処分を出していない。







※ 2017.6.23 訳文を見直しました。