page contents

日本は絞首刑の刑場を報道機関に公開する(RFI):阿修羅♪

http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/460.html







(Le Japon ouvre à la presse une salle d'exécution par pendaison : RFI)

http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20100827-le-japon-ouvre-presse-une-salle-execution-pendaison





日本

記事の公開:2010年8月27日金曜日

最終更新:2010年8月27日金曜日






日本は絞首刑の刑場を報道機関に公開する





RFI











8月27日金曜日、日本は絞首刑の刑場をメディアに初めて公開した。国民の過半数が死刑制度の存続を望む日本で、死刑の是非をめぐる論争を再燃させかねない出来事だ。東京拘置所のテレビ映像が収録されたのは、何が行われているか、現行の死刑制度が日本でどのように機能しているかを、法務大臣が国民に知らせたいと考え、指示したことによる。





RFI東京駐在記者、フレデリック・シャルルの報告





日本の法務省は、テレビ記者に、死刑囚を吊すためのロープも、その6m下にある、死刑囚の遺体が回収される場所も、遺体から出る液体を排出させる穴も見せなかった。要は、死刑囚が処刑されたことを最も強く感じさせる場所は、公開しなかったのだ。



東京・小菅の拘置所内で、日本のメディアが刑場内で見ることができたものは、金色の小さな仏像や、窓のないガラスがはめられた、立会室として使用可能な、立会人が死刑囚から見えないようにした部屋や、踏み板の場所を示す絨毯の上の赤い四角といった、重々しさに満ちたその外観だけだった。



隣接した一室で、三人の看守がボタンを同時に押すと、踏み板が開く装置が作動する。



死刑囚は、自分に刑が執行されることを20分前に知らされる。彼らは完全な孤独の中で生きている。日本では、107人の死刑囚が死の廊下で待っている。











(投稿者より)



27日に東京拘置所内の刑場がメディアに公開されたことを伝える、RFI(フランス国際ラジオ)サイトに掲載された記事です。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。



EU諸国は死刑制度を廃止しており、日本にも死刑廃止を求めています。フランス人記者の刑場を眺める目はシニカルです。